« 銃検完了 | トップページ | 富士山転じて丹沢主稜縦走 »

2013年4月28日 (日)

富士山滑落事故 2013年4月

Katuraku11私も可能性があったかと思うと

思い複雑です
  

  

  
世間様は黄金週間とかいう連休のまっただ中。そんなものにはここのところ縁が無いわたくし、せめて週末だけは好きなことをやるぜと決意。年間の富士山未登頂月(12月~4月)のうちの4月をなんとか潰したくて、取付道路が冬季閉鎖解除したばかりの富士宮口五合目へフル装備で出掛けました。

Gogoume1

Gotenba1

Ice

結論から先に言いますと、今回富士登山は断念しました。踏み出そうとした富士宮口五合目は車がぐらぐら揺らされるような突風が時折吹くような状況。気温はマイナス6度。五合目がこれでは上は推して知るべしです。上空5000mにはマイナス30度の真冬並みの寒気が流れ込んでいるので大気の状態が不安定なんでしょうね。3776mではいったい何度になるのでしょうかね。

私は午前4時半には断念して五合目から撤退することを決意しました。こんな日は命のスペアが必要になります。この時五合目駐車場には荒天にも係わらず私の他に登山者とおぼしき3台の車がありました。皆荒天の様子見というような感じでしたね。

私は富士宮口を降り御殿場口へ回ってみました。風はほとんどありません。朝日に富士の稜線がきれいでした。でも長田尾根の上、山頂付近をよく見ると氷の肌がよく見えます。アイゼンも歯が立たない氷の斜面。ここで滑ったら麓まで一直線となります。

私はさっさと諦めて西丹沢へ回り、檜洞丸から犬越路へ抜ける縦走に切り換えました。天気も良く西丹沢からも富士はきれいに見えておりましたね。その富士山で27日午前10時過ぎに滑落事故があったとの報道を帰宅後に知りました。

スキーを担いで山頂を目指していた登山者が富士宮口九合五勺で滑落したことを別の登山者が目撃したそうです。幸いにも九合目あたりで一時は停止して、問い掛けに対して腕を上げて応えたらしいのですが、その後行方不明に。九合五勺は私も昨年五月に滑落を目撃している難所です。
滑落跡を追った富士山の常連氏はスキーの片割れとバンドのちぎれた簡易アイゼン両足分を見つけたとのこと。その先はぽっかりと口を開ける深さ400mの宝永火口。安否が心配されます。

富士とは違いますが滑落の映像をネットで見つけました。この人は上部から落ちてきた小さな氷塊を避けようとして体勢をを崩し滑落したようです。なんとか停止し四肢が動く状態で済みましたから良かったケースでしょう。いったん滑ってしまうと滑落停止がいかに難しいかが分かると思います。

発見されたバンドの切れた10本爪アイゼンはこれです。ゴムバンドタイプのワンタッチアイゼン。私もこのタイプの6本爪は春山縦走用に持っていますが、この時期の富士山にはまったくの役不足です。昨年5月に同じ箇所から滑落した方は、アイゼンのバンドの結び方が分からず、片方のアイゼンが外れてしまって滑落に至ったということもありました。
私も無理をして登っていたらどうなっていたかはわかりません。山では蛮勇は不要。命を落としてしまったらそれまでですが、生きていればまた来ることができます。私は山では今後も臆病者でいたいと思いますです。
行方不明者の早期の発見を願っています。

追記: ヘリや救助隊の捜索の結果、発見に至らず。さらに捜索願も出されていないとのことで、どうもそのまま自力下山して、スキーやアイゼンをほっぽり投げたまま帰ってしまった可能性もあるとの見方もあります。生きているならばそれ自体は幸いな事ですが、ちょっと人騒がせなことだなぁと思いますね。

« 銃検完了 | トップページ | 富士山転じて丹沢主稜縦走 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/57267180

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山滑落事故 2013年4月:

« 銃検完了 | トップページ | 富士山転じて丹沢主稜縦走 »