« Xperia Z用modファイル公開 第3弾 | トップページ | 三浦アルプスで道しるべを考える »

2013年6月 1日 (土)

POBox 6.1

Shot2_3POBos6.1入れてみました

なかなかお利口さんのようです
  
  

  

  
Xperia Zには日本語入力システムとしてPOBox5.4が乗っていました。このPOBox、SONYオリジナルなんですがなかなか良く出来ていて、有料版のATOKなどに匹敵するお利口さんだと思います。

先日新しくXperia Aが発売されて新しく乗ったのが6.1っていうバージョン。とある掲示板で流出していたので入れてみました。

手書き漢字入力がなかなか進化していて、カナでも漢字でもアルファベットでも指でさくさくっとなぞってやると、かなりの精度で認識してくれます。連続入力手書き入力もできてなかなか面白い。いままでのおまけ的な手書き認識から実用の域に達している感じもしますね。

スマートフォンもなかなか進化しております。

« Xperia Z用modファイル公開 第3弾 | トップページ | 三浦アルプスで道しるべを考える »

GPS・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

あいや〜懐かしいアプリです。
世の中PDA全盛期の頃ソニーのクリエを使っていましたが、手書き入力はOS標準のグラフティ(一文字書きアルファベット)とこのPOBoxでした。
認識力と言い、変換候補といいゴッツウ使い勝手が良かったです。
PDAの頃のOSの方が今時の各社スマートフォンのOSより軽くて早くてずっと良かったですね。
いえ、今時のスマートフォンはあんだけ出来ても使うのに困らない程快適に成り進化したと言うべきでしょうね。
英知、でしょうか。10年、20年後は「 Fiby流星号応答せよ!」ですか?

ども、ノブさん、

へぇ、スマホだタブレットだとかの前にPDAをすでにお使いだったのですね。さすがIT先取りのノブさんです。ボクはPOBoxってスマホからしか知りませんが、そんあ前からあったのですね。

機能的に集約されたPDAの方が今のてんこ盛りのスマホなどから比べると軽かったということはあるでしょうね。でもそのてんこ盛りの機能をさくさくと動かしてしまう進歩も見逃すことはできないようです。いやぁ進歩が早くておっさんには追いつくのが難しいですわ。

流星号は30世紀の未来からやってきたんですよね。その頃には空を飛べる自動車が出来ているかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/57504832

この記事へのトラックバック一覧です: POBox 6.1:

« Xperia Z用modファイル公開 第3弾 | トップページ | 三浦アルプスで道しるべを考える »