« 金時山の金太郎 | トップページ | 新Fiby号登場 »

2013年10月22日 (火)

10月の富士登山 2013

Tukoudome_6gou怒濤の山登り更新シリーズ

〆は富士山です
  

  

  
ブログ更新をさぼっていた間に撮り溜めていたネタを放出するシリーズ。最後は富士山で締めるとしましょう。
10月6日、早朝に富士宮口五合目を踏み出します。8月の御殿場口以来久しぶりの富士山です。六合目のおなじみ通行止めバリケードが、世界遺産効果で今年は気合いが入っていました。今までは横をすり抜けることが楽勝でできましたが今年はネットフェンスで厳重に囲っています。まぁ無理によじ登らなくても迂回路があったりなんかして苦もなく入山完了。バリケードは観光客らに良からぬ気を起こさせないようにする配慮なのでしょうね。

Unkai1

Goraikou1

Goraikou2

10月の雲は厚く、実はこの雲海の下は雨が降っていたんですよ。ただ雲海の上は抜けるような上天気。これぞ富士山っていうような風情です。
シーズン中の富士宮口は山頂までの間では地平線から昇る御来光は拝めません。どうしても稜線から昇る感じになってしまいますが、10月ともなるとだいぶ太陽もシフトしてきてご覧の通りの日の出になります。朝日に輝く雲海はすばらしい。

Unkai2

Sancho_torii

Sancho_tukodome

日の出の後も抜けるような青空はそのまま。風もなくこんなコンディションのいい富士山はそうそうありません。
広がる雲海を時々振り返りながらさくっと山頂へ。山頂にも通行止看板が・・・戻っちゃぁいけないんでしょうかね (^_^;

New_postoffice

Constructing

Gotenba_tukodome

8月には建設中だった山頂郵便局がきれいな石室となって完成していました。これなら風雪に耐えられそうですね。
今回は反時計回りにお鉢を回ってみます。2ヶ月前にお世話になった御殿場口も通行止。でも吉田口は通せんぼされていなかったので通行ができそうでしたよ。

Kitasha_2

Yatsugatake

3776m

北斜面に回ると南アルプス、その向こうには北アルプス、東には八ヶ岳連峰が雲海からぽっかりと顔を出しています。これもそうそう見られるものではありません。すばらしい山なみを堪能して3,776mの剣ヶ峰へ。シーズン中は記念写真渋滞ができるほどの碑の前も閑散としたもの。近くにいた方に一枚撮ってもらいました。ほんとに空が蒼いです。

Yamabanana

Gps

日本一高いところで山バナナ。やっぱバナナっすね。

下山はブル道を使ってのんびりと帰ってきました。正規登山道に比べると楽なんですよね。シーズン中にこれをやると反則ですが、この時期は好きなように歩けます。

富士山で元気を貰って帰ってきました。今年はいつまで登れるかな。

« 金時山の金太郎 | トップページ | 新Fiby号登場 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/58435394

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の富士登山 2013:

« 金時山の金太郎 | トップページ | 新Fiby号登場 »