« 自動車いじりの小技 2 | トップページ | 寄(やどりぎ)から鍋割山 »

2013年11月30日 (土)

カルガモさん、いらっしゃい

Karu1地道な繰り返しは

時として良い結果を生みます
  

  

  
神奈川県の可猟地域ではなかなか鴨をゲットする機会も少ないです。獲っちゃいけないところにはいっぱいいるんですけどもね。そんなわけで可猟地と禁猟地の端境に狙いを付けて、空振りしてもせっせと通うという地道な努力も必要となってきます。猟期に入って半月、やっと努力も実りました。

Karu2

二羽のうち一羽でも獲れればいいやと大きい方に狙いを付けると、いいところにタマが入ってあまりばたつかなかった。おかげでもう一羽が飛ばなかったのでこれ幸いと矢を掛けました。一発7円の空気銃弾2発で鴨二羽とは経済的ですね。今回は冷凍前にちゃんと熟成してみようと思います。

やっとここのところ冬らしくなってきました。明日はもう12月です。公私にやり残しのないよう気を付けなきゃです。

« 自動車いじりの小技 2 | トップページ | 寄(やどりぎ)から鍋割山 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

すごい・・・。ホントに羨ましい限りです!

もうどうやって鴨やら雉やらを獲れるのか全く分かりません、、、(笑)

キジバト、ヒヨドリは何となく待猟で獲れるんですが、

鴨は発見と同時に飛ばれるし、雉は見かけたこともありません、、、(爆)

まるまる太ったカルガモ。美味そうですね♪

ども、Hunter Jayさん、

> もうどうやって鴨やら雉やらを獲れるのか全く分かりません

こちらでもそんなに滅多に獲れないですよぉ。一昨年は1羽、昨年は2羽、今年はもう2羽なのでもう獲れないでしょう (^。^)

今回は両方とも50mほどの射程でした。ボクのサイクロンは50mでゼロインしてありますので、あとは委託出来るところをどこでもいいから見つけてブレを押さえるだけでタマは思った所へ飛んで行ってくれます。サイクロンの弾道精度はほんとに高いと思います。

鴨の場合は居ないところで待っていてもまずダメなので、ここぞと言うポイントをいくつかキープしておいて、グルグル回るみたいなことをボクはやります。
銃禁地区にいる鴨も動きを見るために参考にします。アオクビなら朝、カルガモだったら朝から10時くらいまでが狙い目かな。そんなことがうっすらと分かってきたのも10年やっていてここ数年です。それでもワンシーズン1羽2羽ってレベルなんですけどもね。

> まるまる太ったカルガモ。美味そうですね♪

今は冷蔵庫で熟成中です。ここのところ冷え込んできていたので棒毛が開いていたので羽むしりはそんなに大変ではありませんでした。でもいっぺんに3羽以上は剥きたくないですね。


うまそうですね~
空気銃はやっぱりいいですよね~

ども、花の五六八さん、

先ほど冷蔵庫での3日間の熟成期間を終えて冷凍庫へと旅立っていきました。吸い取り紙を使って血の気を吸い取っておいたのでクサミが消えて良い感じです。
ガラも鴨出汁用に取っておきました。

以前に送っていただいたカルガモが、とっても素直な風味だったのでボクも真似しましたです。

> 空気銃はやっぱりいいですよね~

激しく同意します。上手く当てると痛みが最小限で済むのでいいお肉が手に入りますよね。鴨は腹に当てないよう最大限注意しています。
腸だけはタマで破きたくはないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/58672861

この記事へのトラックバック一覧です: カルガモさん、いらっしゃい:

« 自動車いじりの小技 2 | トップページ | 寄(やどりぎ)から鍋割山 »