« 寄(やどりぎ)から鍋割山 | トップページ | イツワ製麺所食堂 »

2013年12月 5日 (木)

鴨ソバ

Kamosoba鴨のお蕎麦です

もう痺れる美味さです
  

  

  
先日獲ったカルガモくんセオリー通りに処理をして解体、冷凍と相成りました。解体して残ったガラをネギとショウガでお出汁を作って鴨ソバをカミサンに作ってもらいました。胸肉はもったいないので来るべき時にと取っておいてモモ肉と手羽で雰囲気を作ります。
ただモモはともかく手羽はちょっとかじりきれない・・・(^_^;

鴨ガラのダシが効いていていてお汁がまたうまいんです。モモと手羽の脂もよく出てます。

いやぁやっぱ鴨ですねぃ。

« 寄(やどりぎ)から鍋割山 | トップページ | イツワ製麺所食堂 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

かなり以前に美味しい鴨蕎麦を御馳走して頂いた事が有りましたが、その時の事が脳裏に浮かび思わず生唾ゴックンです^^。
夫婦でお昼は新蕎麦を食べに行ったのですが、一件目では?な感じ。店が悪いのかと二軒目に行ったのですか、ここも?な感じでした。
山形県人のシーちゃんは蕎麦にはうるさく、私も最近は調教されたのでここいらの蕎麦では満足出来ない身体に...
Fibyさんの鴨蕎麦なら間違いは無いでしょう!ハンター仕込みの鴨蕎麦、いやはや羨ますぅい〜^^

ども、ノブさん、

グルメなノブさんご夫婦の舌に見合うかは別として、何度も猟場に通って苦労して手に入れ、自分で羽を剥いて内蔵処理して切り分けるまで行ったものは、やっぱりそれだけで美味いというバイアスが働いてしまうんですよね。この辺は魚釣りをやる方々と通じるものがあります。

でも最近はどうやったら美味しく食べられるかの経験則も蓄積されてきたので、それなりに作れる(作ってもらえる)ようになってきました。

蕎麦はスーパーマーケットで買ってきたものですからまぁそれなりとして、今回はやはり鴨ガラで取ったおダシがポイントでした。アイガモのお肉は売っていますが鴨ガラは売っていませんものね。

確かに言われるとおりお蕎麦も当たり外れがあるのは事実でしょうね。会津若松の野口英世通りのそば屋で食べた十割蕎麦の外れ加減は、今でもカミサンとの語りぐさとなっています。

ボクは蕎麦を評価できるほどの舌を持っていないので高いお蕎麦を食べてももったいないかなと思うときがあります。その意味でノブさんご夫婦が羨ましい。
でもうまいモノはやっぱり美味しい。マズイものは不味い。是々非々は食べものにも通じると堅く信じております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/58703813

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨ソバ:

« 寄(やどりぎ)から鍋割山 | トップページ | イツワ製麺所食堂 »