« スペシャルツール2点 | トップページ | 桔梗信玄餅 »

2014年1月26日 (日)

苗場スキー場と苗場山

Naeba1新潟県の苗場スキー場

久しぶりに行ってきました
  

  

  
スキーがメジャーな冬の遊びであった頃、上越国境にある苗場スキー場は有名どころでありました。西武グループの総帥堤義明の肝いりで開かれバブルと共に成長し、プリンスホテルを中心としたスキーリゾートは小金を持った青年・中年たちにもてはやされましたね。単一のスキー場としては全国一の集客数を誇っていました。

時は流れ・・・スキー人口は衰退の一途。バブルの後にのしてきたスノーボード人口を加えても一頃のにぎやかさには程遠いです。大きなスキー場でもリフトの間引きはもはやあたりまえ。廃業するスキー場も年にいくつもあります。

この苗場スキー場もぱっとしないものでした。私が前回ここへ訪れたのはバブル以前のこと。そのころとのギャップにかなりとまどいました。ゴンドラは1基に減り、リフトは三分の一程が止まっていました。あこがれの苗場プリンスホテルは冬季のみの営業となり、不味いくせにやたらとお高いという評判のゲレ食アリエスカも、スナックコーナーには390円のラーメンすらあります。
もう高級スキーリゾートっていう雰囲気には程遠い感じもします。反面わたくしあたりには高値の花から身近な存在になってきた感もありますが、これも時代ですかね。

Naeba2_2

スキーは例によって空いていて絶好調。苗場でリフト・ゴンドラが待っていてくれるなんて夢のようです。筍山の山頂からは昨年9月に登った苗場山が見えていました。あの台地みたいなところが池塘(ちとう)が点在するところですね。苗場スキー場は苗場山麓にあるわけでもなく苗場山とは距離にして6Km~7Kmも離れています。開発元の西武が勝手に付けた名前なのでしょうね。

スキー場の凋落は大手の西武系とて同様でした。こりゃスキー場がみな無くなってしまう前にせっせと行っておかねばと理由を考えるわたくしではありました。

« スペシャルツール2点 | トップページ | 桔梗信玄餅 »

コメント

苗場に行ってらしたんですか~
お天気も良かったようで、おまけに空いていて最高でしたね。私は相変わらず嬬恋滞在中で、スキー場はすぐ近くにあるのにスキーを持ってこなかったので指をくわえて見ているようなわけでして・・・・
でもそろそろ花巻に帰る予定にしています。

筍山の山頂から苗場山が見えるのですね。たぶん私も見たことあると思いますが、そのような認識が無かったので気にも留めないで見渡していました。いつか私も苗場山に・・・・(^O^)/

数年前に家族旅行で苗場プリンスに泊まったこと、思いだしていました。スキー人口、増えて欲しいdすね(*゚▽゚)ノ

ども、ミーさん、
ん十年ぶりの苗場でしたが雪も思ったほど重くなかったのでラッキーでした。大斜面も空いていたので気持ちよく飛ばせましたです。
また監督業に戻っていらっしゃるのですね。だいぶお家も出来上がってきているのでしょうね。

筍山に登る最後のリフトの降り場からかぐら方向を見ると苗場山がわかります。でも山らしくなくて台地みたいに見えるんですよね。
無雪期に苗場山どうかトライしてみてください。もうあの池塘には感動してしまうこと請け合いです。

数年前とどう変わったかはちとわからないのですが、ボクの知る苗場プリンスのイメージとはかなり変わっていました。集客のためにはなりふり構わずみたいな感じもあります。来場者数はピークの三分の一。近所にあった三国スキー場はすでに無く、神立高原スキー場は今シーズンから営業を止めました。浅貝も週末のみの営業と苗場を取り巻く環境は厳しいものがありますね。

まだまだ行きますよぉ。嬉しいことに職場で八方のタダ券を一枚貰ったのでいつ使おうか考えているところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/59016150

この記事へのトラックバック一覧です: 苗場スキー場と苗場山:

« スペシャルツール2点 | トップページ | 桔梗信玄餅 »