« 三浦海岸の河津桜 2014 | トップページ | いいな富士山 »

2014年3月11日 (火)

LEDバルブは深い

Led

自動車のスモールランプ

色々換えてみましたが・・・
  

ウエッジ玉と言われるスモールランプ。自動車のヘッドライトの横に必ず付いていますね。まぁたいがいの車両はT10という規格の白熱球が付いています。最近の自動車はHIDヘッドライトが付いていて白く光っているのに、スモールライトが白熱ではこれがなんともバランスが悪い。そこでまずはここをいじくるのが車いじりの基本中の基本となります。

上の画像はいままで使ってみたT10に合うLEDバルブの数々。どれもYahooオークションで数百円にて手に入れたものです。砲弾型、Flux、SMD等いろいろLEDも種類がありますが、どれも色温度は白熱球に比べれば白いものの暗かったり耐久性に難があったりで、これといった決定打に欠けておりました。

Newled

そこで真打の登場。なんたって高い、1セットで2500円もするんですよ。CREE社のXP-E型というLEDチップを5個も使った贅沢な構成。このチップは単体で買っても1個500円以上するしろもの。やはりこの手の商品はヤフオクあたりで手に入れる方がちまちまと自分で作るより圧倒的にお得なんですよね。

しかも安定化回路を内蔵しているという。安物のLEDバルブは電流制御に抵抗を直列に入れてあるだけという商品も多い。これだとバッテリー電圧の変動の際に許容入力範囲を外れてLEDが良く切れる。ちょっと気の利いたモデルだと電流制御にCRDを使っているものもあるけど、1個のCRDで沢山のLEDをぶら下げているのものが大多数で、これもなんとも心もとない。やはり専用の制御チップで電流制御をしているものを選ぶべき。このLEDバルブはばらしてはいないけど、看板通りならば嬉しい仕様になる。

Builtin

取り付けてみました。おぉ、なかなかいい感じ。明るさはさすがに値段比例で今までに試したバルブの中でも断トツです。色温度もHIDや純正のグリルイルミネーションとさほど差が無いので違和感がありません。これで1年くらいちゃんと動いてくれればいい買い物になるかも。

自動車でもLEDいじりはけっこうおもしろいです ヽ(^o^)丿

« 三浦海岸の河津桜 2014 | トップページ | いいな富士山 »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

同じ軽なのに.....かっけーなあ。
グリル迄光っていいるじゃあないですか!
そうか、LEDは制御が決め手なのね。

ども、ノブさん、

愛車の修理は終わりましたでしょうか。ワゴンRも狭くはないですが、スペース効率というアウトドアユースにもっとも重要な観点的には、やはりワンボックスに大きなアドバンテージがありますよね。

この車はオリジナルの状態でもフロント周りのあちらこちらに光物がが仕込んであって、けっこう夜中はにぎやかです。これがオリジナルのままだと白熱・HID・LEDと三種類のバルブで色合いが違うのでなんだかみっともない。今回は色温度6000Kを基軸に統一しました。


> そうか、LEDは制御が決め手なのね。

そうです、少し強引でもご主人様に従えと男らしさを示すことが肝要です・・・って違う? (^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/59276472

この記事へのトラックバック一覧です: LEDバルブは深い:

« 三浦海岸の河津桜 2014 | トップページ | いいな富士山 »