« オリンピックと豪雪 | トップページ | カワイイをシェアする写真術 »

2014年3月 1日 (土)

おすすめ立寄り湯 (関東近郊編) その1

Onsen

たまにはためになる情報を

温泉情報です
  

 

 

  
オリンピックも終わってしまいやや気が抜けた感もありますが、天気も悪くて週末お出かけしないのをいいことに、たまには情報っぽく書いてみます。

日本全国には温泉施設と銘打ったお風呂屋さんが数多くあります。スーパー銭湯だなんていうのもあって、風呂屋になにを求めるのかちょっとイメージが湧きにくいお風呂屋さんもあったりしますね。
そこで情報ブログの鴨のきもちといたしましては、ふらっと立ち寄れる温泉施設でここはというところを厳選して紹介してみようと思いたったわけであります。

Duck_furoさてなんでも紹介すればいいってものでもない。この情報社会、パソコンやスマホがあればまぁあらかた調べ物がついてしまう時代。少々フォーカスを絞ってみましょう。以下が私が価値観としている立寄り湯の評価基準です。

リーズナブルであること。公衆浴場料金(本県は大人450円)とまでは言わないがそれより少し増しくらいが基本。入浴料1000円以上なんてもってのほか。

目的を果たした後の立寄りであるため、風呂上がりにごろ寝できる座敷があることが望ましい。その場合もちろん持込み飲食可であること。

露天風呂はやっぱり欲しいよね。疲れが取れるのでサウナは有ったらなお嬉しい。

あまり条件を付けるのもわがままなのでこんなところかな。私は登山やスキーの帰りには可能な限り立寄り湯に浸かって帰ってきます。そんな中で見つけたお勧めを以下にご紹介ぃ~

奥平温泉「遊神館」

群馬県みなかみ町にある温泉施設。苗場界隈のスキーや山登りの帰り道にグー。国道17号猿ヶ京温泉から小道に折れて、かなり中之条方向へ走るけどそれだけの価値はあります。
まだ出来てからそう経っていないようでとってもきれい。一般財団法人みなかみ農村公園公社の経営で、町の資本が入っているためお値段の割安感が高いです。スーパー銭湯並みの施設で3時間550円。午後五時を過ぎると450円、一回入ると次回に使える400円になるサービス券をくれます。それだけではありません。ホームページにある割引券を提示すると550円が450円になってさらにソフトドリンク1品サービスだそうで、もうみなかみ町に足を向けて寝られません。

冬場に雪見の出来る露天風呂にサウナ。空いているので座敷で昼寝もできる。地場産品の売店もあります。Fibyお勧め度ナンバーワン。

山中湖温泉「紅富士の湯」

山梨県、富士五湖のひとつ山中湖の近くにあるここは有名ですね。吉田口側の富士登山の帰りにはちょうど良いロケーションです。なんといっても露天風呂から夕暮れの富士山が一望できるのがすばらしい。夏場は夜になると登山道の灯りがちらついてそれもまたきれいです。施設は大きく洗い場の数もあるため混んでもそんなに気になりません。料金は大人700円とちと張りますがホームページの割引券の画像を見せると一割引き。座敷は持込み不可ですがそれでもここの温泉は価値があります。

悩みの種は有名なために団体さんも多く、混むときは半端じゃないこと。週末は時間差攻撃が有効です。

白馬塩の道温泉「倉下の湯」

長野県白馬村界隈には良質の源泉かけ流し温泉が多数あります。みみずくの湯おびなたの湯なども味があって捨てがたいですが、やはりここは倉下の湯を推したい。八方尾根や岩岳でのスキーや猿倉からの白馬岳登山の後に寄るにはいい場所にあります。シンプルな半露天風呂がひとつだけ。休憩できる座敷もないですが (二階にお座敷がありました) 500円という銭湯並みの料金なので許します。
特筆はかけ流しのその泉質。塩の道温泉の名のとおり非常に塩気の強い濁ったお湯で、近所の白馬八方温泉とは源泉がまったく異なります。このお湯がまたスキーや登山で疲れた体に効くんですよね。厳冬期は保温のため露天部分にシートを回して目隠ししてしまいますが、北アルプスの景色も堪能できます。

スキーシーズンの週末夜はかなり混みますが泉質で選ぶならばここはお勧めです。

越後湯沢温泉「山の湯」

新潟県は上越線越後湯沢駅の近くにある湯治場です。湯沢には外湯と呼ばれる温泉がいくつかありますがその中でもお勧めがここ。ガーラでのスキー帰りにもいいです。急な坂を上っていった先にあってまさに山の湯の名の通り。ここは条件なんか付けていられません。サウナや露天風呂も無いし洗い場は4つのみ。シャワーすらありません。その水栓もカランと呼ばれる湯水独立した昔ながらの自閉水栓です。湯船も銭湯並みの大きさ。きれいに透き通った源泉かけ流しのお湯は熱め。でもいいんです。なんだか体に染み渡る感じがするんですよね。

国境の長いトンネルを抜けると・・・は有名な川端康成の「雪国」の冒頭ですが、この湯は川端康成も愛したという歴史のある共同浴場。タイル張りのお風呂で風情を感じてください。以前はシャンプーすら置いてありませんでしたが今は石鹸と共にあるのはありがたい。それもそのはず、料金は400円と銭湯より安いんです。全てはそれで許します。

Kuma_furo

もっともっといい温泉があるので紹介したいのですが止まらなくなりそうなのでこの辺で。また折を見て書くとしましょう。
登山やスキーで疲れた後の温泉は言葉に表せない安堵感ってのがありますね。決してそれが目的ではないのですが、それが無いと楽しさ半減っていうのが立寄り湯の不思議な魅力なのかもしれませんね。

« オリンピックと豪雪 | トップページ | カワイイをシェアする写真術 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

さすがに足で得た。いや疲れた身体で得た生情報、ツボを得てますね。
残念ながらどのお湯も頂いては無いので、逆に楽しみでもあります。
レジャー温泉とかスーパー銭湯とか、風情は置いといても「入りたい」時があります。
スキーや登山と言った「肉労」の後は身体が求めます。そんな時1500円とかだと、懐迄疲れちゃいますものね。私の場合はキャンプ場工事の本当の「肉労」でしたが^^;
我が家の近所東丹沢の老舗温泉旅館に行った時。まあお値段も1000円と高めでは有りますが、風情も値段のうちと言う事で。さあ休憩、と上がってロビーらしき所を利用としたら、「ここは宿泊でご利用頂けます。お待ち合わせなら結構ですが。」と来たもんだ!むちゃ腹立ちました!風呂終わったらとっとと出て行け、と言った体制ですからねえ。もう、行ってやらない。ちなみに、あの「のらくろ」作者も愛したと言う宿です。

そうそう、今度富士山降りたら、「御殿場温泉会館」に。この前の大雪で営業時間がチト短い様ですが、一番の売りは「富士山全景を高台から眺める」の景色です。お値段も許容値内、ってことで。

私も年間を通じてキャンプに行っていて、必ず温泉に入ってきます。

やっぱり疲れた身体には温泉ですよね♪ 日本人の憩いの場です♪♪(笑)

紅富士の湯も大好きです!それと石割の湯もヨカッタですよ~

そして結構好きなのが地元の方に愛されている「公衆温泉浴場」。

100円とか200円とかで入れる小さな温泉です。

あっつ熱のお湯にじっと耐えて入って、地元のおじいちゃんとの粋な会話が好きです・・・。
(訛りが強く、ほとんど何言ってるのかわからない時、多々ありですが・・・。)

ども、ノブさん、

仕事ではない汗かきをした後は、お家に帰る前に汗を流して帰りたいのが人情ですよね。無性に風呂に入りたいっていうのはそんな時なのでしょうね。
立寄り湯とはちょっと風情の違った温泉旅館が日帰り入浴客を受け入れているところも多いですよね。高級旅館のお風呂を堪能できる反面、所詮日帰り客はおまけ的な扱いをされるのは致し方ないのかもしれませんね。

御殿場温泉会館は富士山の帰りに何度も利用しておりますよぉ。その2で紹介しようと思っておりました。予算に余裕があるときには御胎内温泉、無いときには御殿場温泉会館というのが静岡県側からの富士登山での私の定番です。天気がいいと窓いっぱいに広がる富士のすそ野がきれいな温泉ですよね。

ノブさんに教えてもらった片倉館はカミサン共々ファンになっています。それぞれの温泉にある歴史的背景まで知ると、ほんとに温泉も深いなぁと感じますね。

ども、Hunter Jayさん、

キャンプにはやっぱり温泉ですよね。激しく同意します。そんな時はできれば露天風呂のある温泉がいいですよね。石割の湯は紅富士の湯よりぐっと落ち着いた感じが気に入っています。道志でキャンプして車を飛ばして入りに行きましたが、道志の湯より空いていて良かったです。

おっしゃるとおり共同浴場ってのも風情があります。草津や蔵王にある無料の共同浴場も好きです。草津などは19も共同浴場があるのですが、観光客が入ってもいいのは3つだけに限定されてしまいさみしい限りです。たぶんマナーの問題なのでしょうね。ボクは挨拶しながら入らさせていただいていますが・・・(^^;

石鹸も使えない共同浴場ですが、地元の方々とのコミュニケーションは楽しいですよね。

登山やスキーのあとの立ち寄り湯は最高の癒しの時間ですね。
今回紹介して下さった温泉にはどこも行ったことありません。どこも魅力的な所のようで、フムフムと興味深く読ませていただきました。
この春から関東です。白馬も新潟も行ってみたいところばかり、とても参考になりました。そうそう、富士山も見に行かなくちゃ~(^▽^)

ども、ミーさん、

温泉クイーンのミーさんにこんな記事はお恥ずかしいのですが、思い立って書いてみました。立寄り湯は好みもありますし万人にお勧めというところは少ないでしょうが、ミーさんの新しいお家のご近所ではやはり遊神館が一押しです。機会がありましたら是非。

今月はご引越しの月でしょうか。引っ越しの準備も大変でしょうね。落ち着いたらまたアクティブにお出かけになられてください。富士山に向かわれる際にはぜひご一報ください。とっておきの富士山情報をお分けしますよぉ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/59218980

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめ立寄り湯 (関東近郊編) その1:

« オリンピックと豪雪 | トップページ | カワイイをシェアする写真術 »