« 田貫湖の富士山と山登り | トップページ | ターキーグリル 使えるかも »

2014年8月26日 (火)

夏のキノコ狩り

Dokuturutakejr登山がてらのキノコ狩り
  
雨上りには色々と生えてきます
   

  
  
  

Dokutsurutake1

先日の静岡県は富士宮市にある長者ヶ岳、天子ヶ岳の山歩きでは、雨上りだったせいか多彩なキノコを目にすることができました。

白いのはドクツルタケ。だいたい真っ白いキノコは毒キノコと相場は決まっています。このキノコは海外では死の天使と呼ばれるくらいの猛毒を持っています。見た目清楚な感じですがデンジャラスなキノコ。ここはさらりとパスします。  

Tamago1

Tamago2

Tamagos1

本命はこれです。タマゴタケ。なんたってスーパーマリオに出てきそうな鮮烈なカラーと玉子の殻みたいな袋がセットになった分かりやすい食用キノコです。私が識別できる数少ない食用キノコのひとつ。なかなか群生しているケースは少なく、人も通わぬ登山道近辺にちらほらと目についたので速攻で1食分をゲット。

Mizuarai

Konsome

Kinokoudon

山歩きから田貫湖のキャンプ場に戻り、ささっと調理していただきます。石突をカットしてお湯に通した後に手持ちのコンソメスープに入れてキノコスープ。淡白なキノコの風味がナイス。さらにカップうどんに入れてキノコうどん。インスタントうどんがこれまた風味を感じる逸品となりました。
 
いやぁ期せずしてキノコ狩りまで楽めるとは嬉しい誤算。秋にはその気になって来てみたいかなと思わずにはいられない余禄でありました。

« 田貫湖の富士山と山登り | トップページ | ターキーグリル 使えるかも »

アウトドア」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/60214385

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のキノコ狩り:

« 田貫湖の富士山と山登り | トップページ | ターキーグリル 使えるかも »