« 野鴨の照り焼き | トップページ | 大楠山とDVD-ROM »

2014年10月29日 (水)

たぬきにきつねに瑞牆山

Mizugakiyama1なんだか動物に縁のある

お山登りでした
   

 

  
季節外れの2つの大型台風が関東地方にやってきたあと、急速に秋の風情が感じられてきました。高いお山が早々に雪化粧してしまう前と言えば今しかないと、奥秩父の瑞牆山(みずがきやま)へ登ってきました。

標高2230mというお手頃なお山ですが、岩ゴロゴロなのは奥秩父山系の特徴ですね。前夜に至近まで移動して仮眠、翌朝登山道へアプローチという作戦で考えました。

その前日移動のさなか、ちょっとしたアクシデントがありました。

     

動画はドライブレコーダーの記録映像です。動画中05秒くらいのところで、ボコンという鈍い音と共に何かと衝突。思わず声を上げてしまいましたぜ。
ボコン音の直前に画面右から自動車の足元目掛けてセンターラインを突進横断しようとする黒茶色い物体が分かったら、貴殿は相当に目の良いお方。色からしてタヌキではないかと想像しています。

急いで車を止めて見に行きましたがそれらしい影も見当たらずどうやら立ち去ったようです。でも自動車にけっこうな衝撃があったくらいなのでタダでは済んでいないかも。タヌキさんには申し訳ないことです m(_ _)m

翌朝には・・・

     

夜明け前の瑞牆山への登山道へと向かう林道で、今度はキツネに会いました。まだ子供みたいですね。あまり速度は出していなかったので難なくかわせましたが、夜間の林道は色々な動物が居ますので気をつけなければいけません。

さて、山登りです。瑞牆山は初めてですが、日本百名山と山梨百名山に名前を連ねるお山。瑞牆山荘前に自動車を置いて踏み出します。

Tenba

Kyoseki1

Kyoseki2踏み出しから標高差で400m程登ると富士見小屋があり隣接してテント場もあります。紅葉もほどほどで気持ちよさそうです。
先日の北アルプス行での唐沢のテン場で手持ちのテントが寿命を迎えてしまったので新しい山テントを物色中。よく見ればプロモンテ、アライ、モンベルあたりがやはり定番のようです。後は財布と相談だな。
大きな石があちらこちらに転がっています。こんなのも飛んできたのでしょうかね。御嶽山のあの災害を目の当たりにして考えることが多くなりました。

Sancho2

Kyoseki3

Yatsugatake

踏み出しから2時間半でさくっと山頂へ到着。まだ朝方なので雲も少なくいい眺望です。実は今回カメラを忘れてスマホのおまけカメラでの撮影ですが、やっぱりそれなりですね。コンデジとはいえ普段持って歩いているカメラの偉大さを感じましたよ。八ヶ岳もきれいに見えています。

Fujisan

Ontakesan

Kouyou
富士山も見えていましたよ。八合目から上はすでに雪帽子を被っていますね。
南アルプスの向こうには噴煙を上げる御嶽山も確認できました。57人もの登山者が亡くなり未だ6人の行方不明者も。遠くからですがしばし黙祷。

紅葉を眺めながら下山し、お昼前には踏み出しへ戻りました。
火山噴火災害に出会う確率は低いでしょうが、山では常に危険と隣り合わせ。リスクマネージメントはしっかりせねばいけないなと、遠くに見える御嶽山の噴煙を眺めながら思いを強く持ちましたです。

« 野鴨の照り焼き | トップページ | 大楠山とDVD-ROM »

登山」カテゴリの記事

コメント

o(*^▽^*)oご無沙汰さんです
ドライブレコーダーって重宝しますね、タヌキくらいで良かったですね。当方ではカモシカや猪の一団とぶつかったの、熊と当たったのという話は珍しくないので、できるだけ山道は避けるようにしています。が、生活道路でも出てくるので運を天に任せるしかないようです(≧∇≦)/

ここのところほぼ毎週末山歩きに忙しく、ブログは休眠状態になってしまいました( ̄Д ̄;;
先月25日に登った烏帽子(http://hirasan.canada2194.com/yunoebo14.html)から富士山や噴煙あげる御岳山がよく見えて、Fibyさんの登った瑞牆山の景色に似ているなと思いました。山頂までの標高差は全然違いますが烏帽子はお手軽に登れる景色のよい山でした。
瑞牆山、なかなか景色のよいお山のようで、いつか挑戦してみたいです。

ども、ミーさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

こういう時にドライブレコーダって面白いですね。ボクのモデルは24時間は連続して記録を撮り続けることができるので、回しっぱなしにしておいて、お家に帰ってから編集ってのも苦になりません。

ほんとは事故の記録用なんですが、本来の用途に使うことが無いように願いたいです。

鹿や猪、熊ですか。さすがにそちらは出てくるものも大型の様子(^_^;)
動物も強いライトに照らされると固まってしまうやつもいますが、道路の真ん中でフリーズされてはたまりませんね。

鳥帽子山は2000mちょっとあるのですね。お山も2000mを超えると俄然景色が良くなる印象があります。もうだいぶ涼しくなっていたのではないですか?
御嶽山も見えましたか。中央アルプスでは木曽駒ヶ岳の次に登ろうと思っていたお山なのですが、当分無理そうです。

瑞牆山は標高も鳥帽子山と似たようなものですのでミーさんにもお手頃かもです。そういえば苗場山も似たような感じですね。どれもいいお山でした。

ブログもなかなかアップデートされていないのでお忙しいのかなと案じておりました。お元気そうでなによりです。
また草津近辺へ出向く際に情報をよろしくお願い致しますです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/60564196

この記事へのトラックバック一覧です: たぬきにきつねに瑞牆山:

« 野鴨の照り焼き | トップページ | 大楠山とDVD-ROM »