« GoggleMaki | トップページ | 豪雪の八方尾根 »

2014年12月29日 (月)

新キジバトのなる木 2014

Naruki今猟期版キジバトのなる木です

今年もたわわに実らせております
   

 

  
キジバトのなる木です。身を隠せるところからレンジファインダー読みで63mもあるのでかなり気合いを入れないと当たりません。前回はこの木でハシボソガラスを三羽 落としているので同じオフセットで狙ったところ、なんとかすりもしませんでした。
今回はタマを変えているので当然ながらタマの走り方がまるで違うようです。

Kijibatos

ゼロインは50mなので射程50m未満では思ったところにしっかりと着弾します。この時期のキジバトはもう近くまで寄らせてくれませんが、あちこち回って4羽ゲット。距離別の狙点オフセットさえ掴めばこのタマ はいい精度で答えてくれます。同じメーカー・同じブランドでも製造ロットが違うとこれだけ違うのだから空気銃弾の選択って深いですね。これがまたおもしろくもあるところです。

Sonou

落としたキジバトを剝いてみます。素囊には小さな実みたいのが沢山入っていてパンパンの状況。まだ食べ物は豊富のようですね。年が明けて山の食べ物が薄くなって来る頃がまた狙い目です。

年内の鳥猟はこれにて終了。年越し蕎麦用の鴨も在庫があるし安泰です。猟期もちょうど半分となります。残り1ヶ月半の豊猟を祈念します。

« GoggleMaki | トップページ | 豪雪の八方尾根 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/60882071

この記事へのトラックバック一覧です: 新キジバトのなる木 2014:

« GoggleMaki | トップページ | 豪雪の八方尾根 »