« 新キジバトのなる木 2014 | トップページ | 年越し鴨そば »

2014年12月31日 (水)

豪雪の八方尾根

Daiichik上越のような豪雪でした

第一ケルンも埋まっています
  

 

  
年末大掃除の便所掃除、風呂掃除、窓ふき、玄関クロスのペンキ塗り等遅滞なく終わらせて、年末恒例の日帰りスキーへ行かせていただきました。
アルペンスキーの聖地、長野県は八方尾根スキー場へと職場の同僚と出かけます。

スキーに雪は付きものですが、この日のそれはあまりにも多かった。
朝の7時から切り上げた午後3時までずっと雪。その量も半端でない。リフトに乗っていると降り場へ着くまでに雪だるまになってしまう感じ。視界は常時10m程度。雪面がよく見えないのでスピードも出せない。こんな雪の時にはゲレンデ整備のピステンも入らないのでどこもかしこもふかふかの新雪。黒菱の壁なんて膝くらいの新雪でした。

第一ケルンへ向かうグラートリフトが動いていたので行ってみます。ケルンの様子を見るとここで積雪2mくらいって感じです。周囲にまったく視界が無く、白い世界にぽつねんとケルンが浮き上がっている感じに見えました。

Yukidaruma

いつも最終リフトまで乗る連れのモーグラーも珍しく早く上がるという。それでも午後3時なんですけれどもね (^^;)
彼の車に戻るとこんな感じ。これで8時間分の積雪ですよ。私ひとりだったらこんな天気の日は温泉の日にしちゃうだろうな。せっせと車周囲の雪かきをした後に帰って参りました。

これで2014年のお遊びもめでたく完了。来年もほんの少しばかりの楽しみが得られますように祈念したいと思います、

« 新キジバトのなる木 2014 | トップページ | 年越し鴨そば »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/60897764

この記事へのトラックバック一覧です: 豪雪の八方尾根:

« 新キジバトのなる木 2014 | トップページ | 年越し鴨そば »