« 八方尾根はスキー検定も本場 | トップページ | キジバトを追いかけて »

2015年1月25日 (日)

なさけなかったホーンを交換

Frontview裸になったFiby号

いえ、ぶつけたんじゃないですよ
   

 

  
軽自動車ってなんであんなにさえない音のホーンが付いているのでしょうか。小型車以上はダブルホーンが主流ですが軽自動車はどれもシングルホーン。しかも音が情けない。鳴らすとぺ~って感じ。まぁクラクションなんて普段はそうそう使うものでもないので気にしなければいいのですが、やっぱりなんだか悲しいもの。遊びすぎて小遣いも尽きた週末、ちょいといじくってみることにしました。

我がMH34S ワゴンRはホーンを交換するのにバンパー、グリルをそっくり取り外さないといけません。これがけっこうめんどっちい。前に乗っていたWISHはラジエター上部のカバーひとつ取ればすんなりできたのに・・・
冬場は特にクリップや爪が硬くなっているので余計にめんどい。壊さないように慎重に取り外します。

Exhorn

これが情けない元凶。かれこれ1年半を過ぎてもう錆びてきているのでちょうどいいタイミングです。ホーンの周波数はわかりませんが、あえて軽自動車と分かるように情けない音質にチューニングしたのでしょうかね。別にベンツと同じにしろとは言いませんがやっぱり気にするとやなものです。

Newhorn

で、付けたのが定番ミツバのアルファーホーン。配線はアマチュアですがプロっぽくまとめてみました。バンパー組み直して試験鳴らし。おぉ、軽自動車らしからぬ音質になった。近所迷惑になるのでテストは一回。これだけで満足度UP!。

ついでなので気になっていたセンターコンソールのオーディオパネル周りの異音対策もやっつけます。ワゴンRは重量のあるナビでもセンターコンソールのパネル1枚にその重量を全て保持する構造になっています。まぁしっかり保持できるように固定用の爪は入念に配置してあるようですが寒くて樹脂部品が硬いときにはショックを拾ってミシミシと鳴くんですよね。

Sushokushi_2

ここはパネルのサポート部分に0.3mmの不織紙テープを張って緩衝します。読めますか?不織紙。「ふしょくし」とは最初は読めませんでしたわ (^^;)
こいつは本来の配線束ねみたいな用途より異音対策にとっても有効です。内装の樹脂パーツの合わせから出てくる異音はだいたいこれで対処できます。この車も納車当初はミシミシコトコトと騒がしかったですが、あれこれ対策を行ってだいぶおとなしくなってきました。

本来はユーザーレベルでそんなところまでしなくてもいいのがもちろん理想ですが、毎度大衆車ばかりを乗り継いでいると、やっぱりこんな状況が常なんですよね。ウン百万円の高級セダンに乗れるようになるまでの辛抱ですかな。そんな時が来るのか・・・

嬉しいことにガソリンがじわじわと安くなってきていますね。Fiby号もさらに活躍してもらおうと思いますです。

« 八方尾根はスキー検定も本場 | トップページ | キジバトを追いかけて »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

ホーンを変える為に凄い事になってますね・・・
私も高級セダンが欲しいよ~

ぺッ!とかピッ!とかプッとか....クラクションまでもが軽じゃあなくてもいいじゃない!って思いますよ、確かに。
あれって音色は法的基準は無いのに、何であんなに情けなくするんだかなあ。いくら見た目と装備を威張ってもあれじゃあトレンドのドレスに身を包んで、三ツ星レストランで「豚汁くれや。ホッピーと焼酎もな!」って感じでしょう。
私の軽ワンも中古とはいえ低走行車。異音が出ますねえ。「軽なんてこんなもの」的作りは悔しい。いっそ分解も出来ないぐらいに接着剤を流し込んでやろうか。
でもまあ、流石ですねえ。グズグズ言ってないでバンバン自分で対策する。こういうマニュアルにない作業って整備工場では絶対しないでしょうね。
おみごと!
ちなみにネットで買われたのですか?アルファホーン。音色は事前調査済み?

ども、花の五六八さん、

なんだかばらばらにしているように見えますが、実際はバンパーとフロントグリルのふたつを外しただけなんですよ。まぁ外すのにも順を追ってやらないとできないので手間ではありました。

> 私も高級セダンが欲しいよ~

なにをおっしゃる兎さん。高級セダンに乗りたいのなら奥様の車を借りればOKですね。
だいいち高級セダンでは熊が乗りませんよぉ(^^;)

ども、ノブさん、

あの軽のホーンってほんとに悲しい音質ですよね。シングルホーンでももう少し周波数を落として考えてくれればまだ良いのですがね。

ホーンは何メーター離れて音圧何デジベルってな基準はあるみたいですが、音色はの決まりは確かになさそうですね。軽なんだから・・・的な発想は乗用車の新車販売の40%以上にもならんとする軽自動車に対して失礼でもあります。

ノブさんのワンボックスもけっこうカタカタいいますか。この手の問題はだいたい車屋さんへ持って行っても適当にあしらわれて終わりみたいなケースが多いので、ボクは自分でやるようにしています。だいたい一発で済むことは無く、音源の特定で苦労します。まぁこんなのも趣味の内です。

アルファホーンは本文にあるリンク先のアマゾンから買いました。送料税込みで2500円ですから上等です。音色はオートバックスなど試しに鳴らせるようにディスプレイした販売店も多いのでそこで音色は確認できます。まぁしごく普通の音色ですよ。オリジナルのホーンより10倍くらいましになります。

ノブさん、

ミツワのサイトでホーンの音色の視聴ができるようです。
以下はボクの選んだアルファ2コンパクトですが「音を視聴する」のラジオボタンで景気よく鳴ります。音量注意。

http://www.mskw.co.jp/car/car-horn/hos-04g

他のモデルも聴いてみましたが、スペック上は同じ400Hzと480Hzの2連装でも、音色が違うんですよね。その点は面白いところです。
ご参考まで。

ホーンの視聴は確かにカー用品店で出来ますね。でもかなり音量がデカくて、気兼ねしながらになります。
紹介頂いたサイトでの視聴はかなりいいですねえ。ヤンキーホーンっぽいのも有って、懐かしかったです。
ありがとうございました。

ども、ノブさん、
むかしはやりましたねぇ、ヤンキーホーン。
残響音のあるホーンで霊柩車の出棺を連想してしまうわたし・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/61030314

この記事へのトラックバック一覧です: なさけなかったホーンを交換:

« 八方尾根はスキー検定も本場 | トップページ | キジバトを追いかけて »