« 交通鹿に注意 | トップページ | フォグランプのHID化 »

2015年2月14日 (土)

狩猟の終了の終猟 2015

Kjibatos私の今猟期は終わりました

鳥ばかりですが十分です
   
  

 

  
本県の鹿を除く猟期は2月15日でおしまいですが、私は一足早く14日終猟とあいなりました。最後はキジバト(回収6、窃盗被害1)で締めました。
今期キジバトは良く獲れました。記録を数えると20羽ってところ。この日は落としたキジバトをトンビとおぼしき猛禽類の鳥に見つかってしまい、回収前に横取りされてしまったので厳密には21羽かな。そう何度も出猟する機会があった訳でも無いので上等だと思います。

その他はカルガモ2羽、ハシボソガラス3羽ってところ。番外でムクドリにも当たってしまった のですが、これはかわいそうなことをしました。今年は2種登録でしたので鳥ばかりですが猟期中分相応に楽しめましたですねぇ。

自然と対峙する狩猟は太古の昔から行われてきた行為です。他の生き物のお命を頂戴するという鳥獣との真剣勝負。相手に気付かれないようストーキングして射程へ接近してスコープの十文字に獲物を捕らえた瞬間、心拍は高鳴りアドレナリンは分泌します。この一瞬がなによりも代えがたいものです。当たって獲物が得られればなお嬉しい。

のんびり構えているとネコやトンビに横取りされてしまうという非情の世界。獲物を狙っているのはなにも人間だけではないのですね。こんなことをしていると、人間も自然の営みに関わる一員なのだという実感を得られます。

自然の恵みに感謝しつつ、冷凍庫のストックをちびちびと消費して次の猟期まで幸せを感じます。またハトカツなんぞ作ってみたいですねぇ。

« 交通鹿に注意 | トップページ | フォグランプのHID化 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝読させていただいてます。

猟期の終了は寂しいですね。お疲れさまでした。
キジバトの大量ストック。うらやましいです(笑)。
我が家では『なんちゃってコンフィ』と称し、低温の油(100度くらい)で40分程煮込んで食しております。
クセのある(脂肪の少ない)固い肉も目先が変わって楽しめますよ。

話し変わって(故)稲見一良氏の小説はお読みになったことがありますでしょうか?
【ダブルオーバック】
【ソー・ザップ】
【ダック・コール】

はシーズンオフの読書に最適か?と(笑)。


多彩なジャンルに精通されたブログの更新をいつも楽しみにしております。
では、また。

猟期終了お疲れ様でした。

今年も無事故・無違反+獲物に出会えたことが一番ですね♪♪

最後は猛禽類にお裾分けもされたみたいだし・・・(笑)

私も来シーズンはしっかりハンティングしたいと思います。

それでは、お疲れ様でした!!

アルタイアルガリさん、初めまして。

こんな辺境のブログにお立ち寄り下さりありがとうございます。
見ての通り焦点の定まらない雑多なブログですがお気に召したらたまに覗いて見て下さいね。

なるほどコンフィですか。低温油で時間を掛けて煮る手法ですね。以前に鴨でやったことがあって、そのときはちょっと失敗しました。
油の温度管理をしっかりやって最後に少し焼いてやった方が良いかなとそのときに学習しました。
キジバトにもよさげですね。今度試してみます。情報ありがとうございました。

稲見一良の小説は読んだことがありません。ノーマークでした。Wikipediaでちょっと見てみましたが、狩猟の知識を生かした推理・ハードボイルド系の小説をいくつかリリースされているようですね。面白そうです。今度本屋さんで当たってみます。

古本屋で見つけて面白かったのはスティーブン・ハンターのPoint of Impact (邦題・極大射程)という孤独なスナイパーのハードボイルド小説です。
主人公はM82で2000mの狙撃をこなします。ゴルゴ13はヘンメリーワルサー改で最大1000mだったと記憶していますのでその上を行っていますね。

稲見氏もすでに没していらっしゃるようで、最近はこの手の新作はなかなか世に出てきませんね。残念なところでです。

追伸、
本日は職場の旗日でお休みだったのでちょっとなじみの古本屋を覗いてみました。文庫本のコーナーで稲見、稲見と探すも結局無く、近くに池上司の本を見つけて買ってきてしまいました。

山本周五郎賞受賞作のダックコールなんて面白そうですね。引き続き探してみたいと思います。

ども、Hunter Jayさん、

終わってしまいました。まぁ月にそう何度も猟野に出ていたわけでもないし、厳しい神奈川県の狩猟環境でやっているっていうこともあるし、まぁこんなもので満足しなければならないのかなと思います。

最後にトンビにさらわれたのは失敗でした。50mを超える射程だったので回収に行こうと踏み出したとたんにバサバサと降りてきて、足でふんずかまえて持って行ってしまいました。人間が近づいているのが分かれば猛禽類も警戒して降りてはこないんじゃないかと思いますが、どうも私の動きが鈍かったようです。

来期はHunter Jayさんにも今期出猟出来なかった分を含めて、自然の恵みが沢山ありますよう願っておりますです。

ボブ・リー・スワガーのシリーズは私も大好きです。
マーク・ウォールバーグ主演で映画化もされてますし・・・ボブのライフルがシャイタックM200にアップデートされてましたね(笑)。

スワガー三部作ではスポッターのダニーの仇をとるべくロシアンスナイパーと対決する作品が好きです←タイトル忘れました(笑)。

・・・稲見氏の小説は絶版のようです・・・そんなに遠くない昔に近所の図書館でも見かけた気がするのですが。

ども、アルタイアルガリさん、

嗜好が似ているようで嬉しいです。映画は私もDVDですが見ました。物語のテンポも速く、正義は勝つ的なエンディングも裏切らず良い映画だったと思います。

映画で昔の戦友(スポッター)の奥さんが自衛に持っていたのがボクのと同じレミの870でした。アメリカでは若いおなごもポンプのショットガンくらい撃てるんだと関心するのと、そんな物が無いと平穏に生活できないのかなどと複雑に考えてしまいました。まぁ日本は平和な国です。

稲見氏の小説はすでに絶版になっているのですね。まめに古本屋で探してみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/61130184

この記事へのトラックバック一覧です: 狩猟の終了の終猟 2015:

« 交通鹿に注意 | トップページ | フォグランプのHID化 »