« キジバトを追いかけて | トップページ | くるまいじりの基本 (異音対策編) »

2015年2月 1日 (日)

バックランプのLED化 (失敗の巻)

Led1定番のLED化

今回は失敗しました
   

 

  
くるまいじりの基本は白熱球のLED化。最近は高輝度LEDがかなり安くなってきているので、自分でちまちまと作る よりは市販の安売り品を買ってしまった方が全然お得という良い時代になってきていますね。

そんな理由でオークションにて1980円の50WというLEDバルブを購入してみました。なんたって50ワットですぜ旦那。ハロゲンヘッドランプと同じワッテージは話半分としても明るそうです。

Led2

到着したバルブを念のためにデスク上で安定化電源を繋いで12ボルトにて点灯試験をしてみます。

う~む、暗い (・_・)?

どこが50ワットなの?テスターを挟んで電流値を読んでみると170ミリアンペアしか出ていない。計算すると2ワットちょっとっていうところ。50ワットというふれこみは見た目50ワット位に明るいですよということなのでしょうかね。でも手持ちの1ワットLEDを使った懐中電灯並みの光量しか感じないんですよね。

Hakunetsu

Led3実際に車両に付けたらこんな感じ。ちょっとカメラのホワイトバランスがおかしいようで、見た目はオリジナルの白熱球T16の16ワットはもっと暖かい色だし、LEDはこんなに青くは無いです。でもそれを割り引いてもこの50ワットは眉唾ものですね。

単純に考えても12ボルトで50ワットの出力を得るためには4アンペア以上の電流を流さないといけない。なんでもこのLEDバルブには安定化回路が内蔵だそうで、そこに4アンペアも流そうものならヒートシンクも持たないこやつは1分も持たずに焼損とあいなるでしょうな。製品のうたい文句からして電気物理的におかしいことに事前に気がつかなければいけなかったです。これは私のミス。

2000円足らずとは言え高い授業料でした。皆様も甘い話にはご注意を・・・

« キジバトを追いかけて | トップページ | くるまいじりの基本 (異音対策編) »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/61067174

この記事へのトラックバック一覧です: バックランプのLED化 (失敗の巻):

« キジバトを追いかけて | トップページ | くるまいじりの基本 (異音対策編) »