« くるまいじりの基本 (異音対策編) | トップページ | 交通鹿に注意 »

2015年2月 8日 (日)

ハトカレー

Hatocurryキジバトのカレーです

まぁこんなもんかな
  

 

  
雨でお出かけできなかった日曜日、チキンカレーのルウを使ってキジバトカレーを奥方様に作っていただきました。キジバトは解凍後に2時間ほどヨーグルトに漬け込んで下ごしらえ。上の画像のフライパンにキジバト胸肉と砂肝4羽分が入っています。

Kijibato1_2

キジバトはクサミも感じられなくて良い感じなのですが、いかんせんルウが失敗。ターメリックが強いようで肉に負けています。これだったら普通のカレールウで作った方が良かったかも。

砂肝はカレーに入れてもコリコリしていましたよ (^^;) この肉はヨーグルトに漬けるといいということが分かったのでこれは収穫でした。
キジバトだけはたんまりと在庫があるのでまた試してみたいですねぇ。

今期の狩猟期間はあと1週間でおしまいです。

« くるまいじりの基本 (異音対策編) | トップページ | 交通鹿に注意 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

興味の有る組み合わせですね。
鶏肉と言うより「レバー肉カレー」ぽいのかな?

ども、花の五六八さん、

キジバトはまず焼き物。これでカレーってなかなか発想しないですよね。でもカレーも鯖カレーを筆頭にけっこう巷にはバリエーションがあるので、まぁキジバトがあってもいいかなって感じです。

でもこのカレールウは失敗でした。ご機嫌を損ねると後々やりにくくなるので、あまりカミサンの料理にはケチを付けないことにしているのですが、今回は彼女と意見が一致しました。

キジバト肉はカレーの素材として決して悪くないです。ルウの選び方次第ですね。

> 鶏肉と言うより「レバー肉カレー」ぽいのかな?

と思うでしょ。レバーテイストは全然感じませんでしたよ。キジバトのクサミを抜くのはコツがありますが、慣れてしまえば簡単です。今回はヨーグルト漬けまでしましたのでいい線行っていました。

キジバトだけはまだまだ在庫が豊富なので、色々調理も試してみたいかなと思います。

キジバトカレー!!もう完全に予想外のメニューでした。

でも確かに合いそうかも!

猟期も残り数日ですね・・・。

今年スルーした私。次の猟シーズンが今から待ちきれません・・・。

ども、Hunter Jayさん。

まぁチキンカレーがあるのですからハトカレーがあってもいいかなって感じはありますよね。
ルウを選べばハトカレーはありだと思います。普通のこくのあるカレーで作るといいかもですね。

なんだかんだで猟期も今週末で終わりですね。ボクは週末用事があるので今期はもう終わりの可能性が高いです。大物は無かったけれど楽しめたのでよしとします。

Hunter Jayさんも来期は期待大ですね。スコープをゼロインして備えたいですねぇ。

ハトカレーですか。ハトサブレの様なノリでいたら、大間違いですね。
ハト様美味しく頂くのにあの手この手で大事に。鹿カレーを頂いたことが有りますが、野生動物の肉のカレーって、一味どころか二味位違ったような記憶が有ります。
肉に合わせたルー作りも大変でしょうね。Fiby家の特別レシピが増えますねえ。孫が出来たら得意満面で作ってあげてくださいね。あ〜いいなあ、ジビエ料理の有る家庭って。

ども、ノブさん、

ハトもカレーになったりハトカツになったりフライドハトになったりと変幻自在です。まぁ数少ない猟果ですから美味しくたべなければいけませんです。

鹿はカレーやシチューなどの煮込み物に合いますよね。煮込んでいる内にクサミも飛んでいきますので一石二鳥です。

孫ができたらですかぁ・・・
まずそのためには娘かセガレに所帯を持ってもらわにゃなりませんが、そこまでの道のりが遠そうです (^^;)

ボクはノブさん家のように、食べたいときに食べたいところへふらっとご夫婦で行くことができるフットワークが猛烈にうらやましいですぅ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/61105801

この記事へのトラックバック一覧です: ハトカレー:

« くるまいじりの基本 (異音対策編) | トップページ | 交通鹿に注意 »