« ビームライフルは楽し | トップページ | 春の大楠山 »

2015年3月20日 (金)

神奈川県立生命の星・地球博物館

Ishi石と骨と毛皮好きには

とっても良い博物館です
   

 

 
国道1号線、箱根駅伝の小田原中継所近くにある県立の博物館施設 です。まぁ箱もの施設としてはかなり大型できれい。県民税や狩猟税など県税をせっせと納めている身としてはぜひ見てやろうではないかという気にさせてくれる程立派な施設であります。
Ishi2HoneKegawa

最初に書いたとおり、石、骨、毛皮に興味がある人には飛び上がって喜ぶくらいのインパクトのある展示が所狭しと並んでおります。私の普段のお仕事分野とは対極にある自然科学の内容ですが、これだけのボリュームで迫られるとチラ見だけでは済ますことはできませんねぇ。カミサンとじっくり見て回りました。

Toris

Risu

Magamo1

毛モノのはく製展示も量的にすごいものがありますが、羽モノの展示の中には毎度おなじみの鳥たちもいましたよ。マガモのはく製が飛行ポーズで吊ってある。このマガモを含めて鳥のはく製はどうも作りが悪いようで羽色は退色していて口ばしや水かきも見栄えが悪い。我が家のマガモくん は立派にその姿を現在まで留めているところからして、どうも作り方に難があったのかもしれませんね。私のマガモくんを作ってくれたはく製業者さんはすでに店をたたんでしまったようです。良い仕事をする職人さんでしたが残念なことであります。

で博物館です。500円なにがしの代金でこれだけの展示を見られるのも公営ならではのメリット。2時間以上の時間が取れるならばぜひご覧になって損はないかと思いますよぉ。

« ビームライフルは楽し | トップページ | 春の大楠山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

1国を走っていると「そういえば」と言う信号表示が有りました。アレがコレだったんですね。
HPを見るとなかなか「そそられる」施設です。丹沢や伊豆半島の変遷も興味があります。
中学時代に父に連れられて上野の「国立」の博物館に訪れた時の興奮が思い起こされます。近いうちに温泉とセットで訪問しよう^^ 
ナイス情報ありがとうございました。

ども、ノブさん、

西湘バイパスを国道一号線に向けて降りて1分も走ると大きな看板が出てきますから分かりやすいですよね。
名前のとおりスケール的には地球規模のよしなし事を対象にしているので、星の誕生から生命の進化までをジオラマ形式で説明してくれていてなかなか面白いです。

展示物もかなりコストが掛かっているなというのがありありとわかります。壁いっぱいのアンモナイトの張り付いた石板や大型動物の剥製などはけっこう迫ってくるものがあります。
キリンや灰色熊など海外種の動物をよくぞここまで集めたなっていうボリューム感はありますね。

上野の国立博物館は美術館っていうイメージが強くてちょっとまだ行った事が無いです。美術館に女性をエスコートすることができる紳士が私の理想です。

小田原の博物館はハニーとご一緒に箱根湯本温泉とセットでどうぞ。2時間程度はしっかりと時間を取っておく事をお勧めします。

20周年記念をしてるんですね・・・
見に行きたい!
石とか大好きなんですが、遠いし~
残念・・・

ども、花の五六八さん、

本県の県民を仰せつかってから20年じゃぁ効かないんですが、この博物館はまったくのノーマークでした。こんなところにこれだけの施設があったというのはある意味驚きでした。

石関係はかなり充実していましたよ。地球創生期からの岩石から水晶、琥珀や化石など自然のおりなす結果を時系列的に展示してあるので、見ていて分かりやすくていいです。

なかなかそちらからここまでは遠いかもしれませんが、天下の名湯箱根へいらした折りには是非立ち寄って見て下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/61311668

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県立生命の星・地球博物館:

« ビームライフルは楽し | トップページ | 春の大楠山 »