« 車内でスマホとお化粧と | トップページ | ブートアニメーション移植 »

2015年5月30日 (土)

5月の富士登山 2015

Load_2五月最後のチャンス

天候を見ながら登ってみます

 

 

  
ここのところ恒例にしていた5月の富士山登頂は今年は無理かなとあきらめていたところ、お休みがうまいこと取れたので喜び勇んで向かいました。富士山スカイラインの富士宮口五合目へ向かう取り付け道路からは雪もまばらとなった富士山がきれいでした。

5gou

6gou2015

6gou2014_2五合目の登山道入り口は例によって厳重なガードがしていあります・・・が、横からすっと入れちゃうんです。ブル道から廻ることを覚悟していたのでちょっと意外でした。

雪無いですねぇ。昨年5月25日に登った時の画像と比較するとよく分かる。六合目小屋から上は全部雪でしたが今回は登山道周りはほとんどドライでした。昨年6月21日にも登って いますが、その時よりもさらに現時点の方が雪が無いです。確実に昨年と比べて1ヶ月半くらい富士山の季節が進んでいるように感じます。今年の7月1日の富士山お山開きは久しぶりに残雪の問題が無くスタートできそうですね。

Sekihi

新七合小屋へ向かう登山道をトレースしていたら、意とせずしてミスコースをしてしまい見慣れない石碑の前へ出ました。登山用ヘルメットが供えてあるところを見ると遭難者の方の慰霊碑のようです。そういえば昨年冬の富士山で滑落・行方不明になった登山者が雪解けの頃六合目で発見されたという記事を見た記憶があります。両手を合わせて自分も無理しちゃいけないんだと自戒の念を新たにしました。

Oowakudani振り向けば箱根外輪山の内側に大涌谷の噴煙が見えました。煙が真横にたなびいているところを見ると箱根も風が強そうです。噴火警戒レベルが2になって名物黒たまごも食べられなくなってしまって残念ですね。

八合目を越えるあたりから天候が急速に悪化。強風と共に雪が吹き付けてきました。これが九合目ともなると猛吹雪に。

9gou2015_2

9gou2014_2

95

上左の九合目小屋の画像に写り込んでいる流れている白い筋は全て雪の塊です。ヒョウみたいなものかな。これが風速20m/s近くの速度で顔にぶち当たってくるんです。まるで九号散弾を遠射で撃たれた気分。上中の昨年の画像と比べると小屋前には雪は全く残っていませんが、巷で真夏日がなんたらと言ってはいても富士山では時として真冬になるんですな。

がんばってはみたものの体の浮くような風に何度かやられ、先程見た慰霊碑が頭をよぎる。九合五勺小屋手前GPS読み標高3523mで撤退を決意しました。なぁに山頂は無くなりはしません。また来ればいいんです。

下山も苦労しました。雪渓やザレた急斜面を下降するときにはヒールキックで降りていくので重心がどうしても後ろ寄になります。そんな時に背中から突風で押されるといとも簡単にお尻からこけてしまいます。3回尻もちをついて五合目へ下山。行程の3分の2は吹雪と暴風雨という登山でした。まぁ富士山の様子も知れたのでよしとします。久しぶりの出番となったゴアテの合羽がなかなか快適でありました。

次は6月だな・・・

« 車内でスマホとお化粧と | トップページ | ブートアニメーション移植 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

それにしても雪の量ってずいぶんと違うものですね。登山するのには残雪がないほうが楽で良いですけどね。
今年はどこでも季節が昨年よりも早く進んでいるようで、気をつけないと予定していたお山のお花が終わっちゃうなんてこともありそうです。

さすが三千メートル級の山は別世界ですね。私も土曜日は赤城の山を歩いていましたが、爽やかな風に吹かれてのんびりの山歩きを楽しんでいました。o(*^▽^*)o
赤城山からはお天気次第では富士山も見えるらしいのですが、この日は残念なことに見えなかったのはそんな事情だったんですね。そこでfibyさんが風雪と格闘していたとは・・・・
無事のお帰りで何よりでした。

ども、ミーさん、

上の記事の画像は今回とちょうど1年前を比較してみましたが、違いがお分かりいただけたかと思います。ほんとに今年は雪が無いです。でも巷で気温25度を越えているようなときでも標高3500mでは吹雪だったりして、ほんとに山の天気は違うなぁとも感じますね。

ミーさんのご近所のお山でも季節の進みが早く感じられますか。山のお花に詳しいミーさんですから時期的なものもしっかり押さえてあるのでしょうね。季節の進みが早いと旬を逃さないようなチェックにも気を遣いそうですね。

踏み出し時点から雨だとさすがに避けますが、歩き出してから降ってくるぶんにはけっこう楽しくやっています。ゴアテの合羽はなかなか快適なんですよ。でも晴れているのが一番ですよね。
さわやかな風に吹かれて2000m峰の楽しまれたご様子。ボクはボクで風雪と対峙して楽しんできました。どちらも山の楽しみのひとつだと思います。

昨年の雨の四阿山登山後に体調を崩してしまった経験から、下山後には温泉に浸かってケアしました。ミーさんの登山→温泉のパターンは私もマネをさせていただいています。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/61667936

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の富士登山 2015:

« 車内でスマホとお化粧と | トップページ | ブートアニメーション移植 »