« お手をするネズミ | トップページ | 第55回3000人の吹奏楽 »

2015年6月21日 (日)

6月の富士登山 2015

Gogoume_2今回は二人で登ります

好天にに期待
   

 

  
6月20日、シーズン前の富士山へ登ってきました。今回は職場の若い衆に頼まれての山登り。まぁ頼まれたものは応えるのが私の信条。先輩として面倒を見て進ぜましょう。
山開きはもう近い。五合目に自家用車でアクセスできないとやっぱり辛いので梅雨時であることは覚悟の上でこの時期となりました。富士宮口五合目にあった厳重なフェンスは撤去されています。すでに六合目までは登山道が開通しているのですね。

6gougoya

3000m_2_2

9goubull


今日は天気が不安定でネコの目のようにころころ変わります。六合目小屋まで登るとからりと晴れてきました。小屋はまだやっていないようですね。先月は荒天のために九合五勺直下で断念 しましたが、今回は連れがいるのでなんとか天気も持って欲しいところ。雲海がきれいです。
さすが若いってことはうらやましい。山経験はほとんどない彼ですががんがんと登ります。3000m看板を越えて九合目小屋へ。沢を渡るブル道にままだ雪がたんまりと残っています。でも昨年に比べるとかなり少ない。ちなみに同じ場所のちょうど1年前の画像がこれ。でも登山道の99%には雪は無く、近年では珍しい事ですが7月の山開きは問題なくできることでしょう。

95gou_2

Sancho

Guiderope
九合五勺小屋まで来ると雲の上に出たようで晴れ間が出てきました。山頂直下に小さな雪渓の横断箇所がありますが、もう問題となるレベルではありません。振り向けば登山道の整備は着々と進んでいるようで、ガイドロープも全て新しく張り直されていますね。

Bigomusubi

Oshigoto

Kakouteiさくっと山頂へ。やはり若いパワーには恐れ入ってしまう。さらに恐れ入ったのは彼が持ってきた弁当のおにぎり。二合炊きのご飯を2個のおにぎりにして持ってきていますよ。お茶碗4杯分・・・うぅ、完敗 m(_ _)m
山頂神社の前では新しい案内看板の設置工事の最中でした。ご苦労様です。今年も沢山の登山者を受け入れるので、その辺の準備はしっかりとしておくのでしょうね。
火口底の残雪もきれいです。昨年にあそこへ降りて いい経験をさせてもらったのも思い出です。

Umanose

Kyuumanose

Sokkoujyo

腹ごしらえが済んだら日本一の高所、剣ヶ峯へと案内します。馬の背まで行くとなんだか様子が違う。土留めを行って通路を拡幅したようだ。だいぶ様子が変わりましたね。昨年9月末に登った時の画像と並べてみます。霧で見にくいですが違いがおわかりかと思います。世界遺産として世界中から観光客を集める富士山ですから形状変更もやむなきことなのでしょうね。
今は無人の旧富士山測候所ですが自動観測機器が24時間データを送り続けています。データによるとこの画像を撮ったとき の気温は摂氏1.3度。風が無かったのでもっと暖かく感じましたね。レーダードームが無くってなんだか間の抜けた感じがするところが残念。

3776

彼には富士山の日本最高地点の碑には抱きついて写真を撮るのが習わしになっているのだと事前に説明しておきました。しっかりやってくれましたよ。しかし手つきがいやらしいぞ (^^;)

Gpslog

目的を達したので下山します。さすがの若い衆も下山は膝に来ていて辛そうだったので、ブル道を使ったり駐車場へのショートカットを使ったりしてスローペースで帰りました。最初からあまりイレギュラーな道を教えてはいけないのですが、それでもペースをぐっと落としたので五合目に帰ったのが午後5時。踏み出しから11時間。行動時間としてはちょっと長かったけれど、彼にもいい思い出になったことでしょう。

今年の富士山お山開きは吉田口が7月1日、静岡県の3登山道が7月10日と決まったようです。世界中の多くの方々に富士山を感じていただきたいですな。わたくしの富士山は9月までの冬眠(夏眠)期間に入ります。

« お手をするネズミ | トップページ | 第55回3000人の吹奏楽 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

あらら~ こちら今日は一日中降ったりやんだりの悪天候だったのに、ずいぶんと違うものですね。
それにしてもお天気が良くて本当に良かったですね。同僚の方も素晴らしい富士山が堪能できた事でしょう。

富士山登山はシーズン前がよさそうですね。シーズン中の蟻の行列のような映像を見ただけで、戦意喪失でしたが・・・でも、初心者はやはり山小屋利用しないと無理かもね。( ̄Д ̄;;

ども、ミーさん、

高い山を登って雲の上に出ると天気も違うようですね。標高の高い方が天気が悪い事もあるのでなんとも言い難いところもありますが、今回は良い方に転びました。

今回のサプライズは連れが持ってきた二合分のおにぎりと、だだっ広く変貌を遂げた馬の背の様子でした。特に馬の背の変わりようにはびっくりしましたね。

富士山が初めてという人をエスコートすると、気持ちが高揚しているせいか皆最初はガンガンと飛ばして行きますのでバテるのも速いです。ペースを落とさせるよう気を遣いますね。

> 富士山登山はシーズン前がよさそうですね。

ボクにとってはそうなんですが、普通の人は7月、8月が正しい選択なのでしょうね。やはり山小屋がひとつも開いていないという現実は特に女性の登山者には辛いところかもしれません。

山経験が豊富なミーさんですから小屋泊まりさえからめれば何の心配も無いでしょうね。ご主人様と一緒にぜひどうぞ。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/61774429

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の富士登山 2015:

« お手をするネズミ | トップページ | 第55回3000人の吹奏楽 »