« ブートアニメーション移植 | トップページ | アスピリン »

2015年6月 1日 (月)

ブルーメンパレード2015の思い出

Flag

京都橘高校のパレードでした

元気あふれる姿に感動しました
   

 

 
4月26日に滋賀県のブルーメの丘にて行われたブルーメンパレードで京都橘高校吹奏楽部の演奏を生で見てきました。その後いくつかの記事に分けて撮影してきた画像と共に当ブログにアップしましたが、思うところあって全て削除いたしました。

理由は一点、「パレードをする本人たちや保護者の方々がその記事を見て好意をもって受け取れるか」ということについて一抹の疑問を感じたからであります。

Parade

このパレードでは多くの動画 がYouTubeあたりにアップされ、また個人のHPやブログなどでも取り上げられていました。一般公開されたパレードを撮影した静止画や動画をwebで公開する場合の肖像権やプライバシー等の法律的解釈は専門の方に譲るとして、インターネット上にあるそれらを、未成年である彼らとその保護者である御父兄の方々も当然目にする可能性はあるわけです。その際に個人を容易に特定することができるフォーカスばっちりの大写しポートレート風画像をどのように受け取ってくれるかなと考えたのです。この時は気合いを入れて1000枚ほど画像を撮ってきましたが、そのようなものが沢山ありました。

削除記事は今ではGoogleのキャッシュからも消えているようですので、苦労をして滋賀県まで出掛けた思い出として改めて少しだけ綴っておこうと思います。

/// 一年生部員の成長 ///

Freshman

ブルーメンパレード2015では40人弱の新1年生がパレードの手拍子担当として先輩たちの後ろを制服姿で従っておりました。その姿は先輩たちの華麗な演技と共にとてもフレッシュな印象を感じさせてくれました。4月はまだ入部したての月ですからこれが例年のスタイルのようですね。

月が明けた5月4日、近隣中学校吹奏楽部とのジョイントコンサートが開かれ、新一年生だけでのステージ演奏が披露されました。YouTubeに動画が上がっていたのがこれ
ちょっと上手でないですか?しかも座奏ですが譜面も無しですよ。入部して1ヶ月でこれほどまでの錬度まで高めるとは今年の新一年生はなかなか大したものではないでしょうか。曲はダウンバイザリバーサイド、京都橘のパレードでは最初によく使う曲ですね。ブルーメンパレードでもこの曲からスタートでした。

名門京都橘高校吹奏楽部に入部するのは過去に然るべき吹奏楽のキャリアを持ち、さらに入部のためのオーディションをパスしてあこがれを手にした優秀な子たちなのでしょうね。こりゃ今年のマーチングコンテストでどこまで行くのか楽しみになってきました。動画をアップしてくれた方に感謝。

後日談:その後に行われたコンサートにおいて、ステージの舞台挨拶に立った吹奏楽部顧問の田中先生が、新一年生達がこの曲を春休みから練習していたのだという事実を説明されました。春休み?
なんとこの子達は高校に入学する前から京都橘高校吹奏楽部の一員となり練習を重ねていたのですな。そういえばこの学校は中高一貫教育校だった。
しかし・・・京都橘、恐るべし・・・

/// 顧問の田中先生の存在 ///

Sensei1

パパイヤ鈴木張りのこわおもてを持つ顧問の田中先生ですが、ステージの座奏での演奏指揮だけでなくパレードでは常に先頭に立って周囲に目を光らせています。大変指導の厳しい先生であると伝え聞きますが、この先生が先頭にいるからこそ生徒さんたちが安心してパレードの演奏に専念できるのでしょうね。

Sensei2_2

この画像は同じパレードでの一幕です。ローアングルから写真を撮ろうとするふとどき千万な親父たちを睨みつけています。田中先生がとても頼もしく感じられた一瞬でした。毎年100名からの多感な年頃の乙女たちを親御さんから預かる気苦労は大変なものがあることでしょう。この先生や多くの方々の力添えがあって歴代の京都橘高校吹奏楽部が支えられてきたのだなと、その強さの一端を知ることができましたね。

Sayonara

素人が生意気に申し上げれば、2011年に大きく話題になり、2012年、2013年と走りながらもエネルギーを蓄えてきた彼らがそれに火を付けて、昨年今年とまさにブレイクしているように見えます。今年もはじけるパワーを分けてもらえるよう注目させていただきたいと思いますです。

« ブートアニメーション移植 | トップページ | アスピリン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

動画拝見致しました。
ホンといいですね~

>ローアングルから写真を撮ろうとするふとどき千万な親父たちを睨みつけています。

違うと思います。
私もこのアングルからの撮影もします。
立ったままのアングルより、背の低い子供目線やハイアングル目線など印象がかなり違います。
下から見上げる構図は対象人物が立派に見えます。

ども、花の五六八さん、

1年生の演奏がまた上手ですよね。これからどんどんと演奏力を付けていってダンスも学び、2、3年生と共にステキなマーチングで魅了してくれることと思います。

> 私もこのアングルからの撮影もします。

ローアングルからの撮影技法があるのは承知をしています。ただ大先輩に反論するようで申し訳ないのですが、あの田中先生の視線の先にいる親父には写真技法がどうのという雰囲気は微塵も感じられません。百歩譲って悪意が無かったとしても、あの場所ではあの撮影方法は取るべきでは無いと私は思います。

プロの演奏者相手の撮影であったらどう撮ろうが何でも有りだと思います。彼らは観客にとってアグレッシブでセクシーな存在ではありますが高校生バンドであり、親御さんが大切に育ててきたお子さん達でもあります。私たちは元気を分けて貰うために、彼らがのびのびと演奏演技ができるように気遣ってあげるのは見る側の最低限の義務なのではないかとも考えています。

生意気申し上げてすいません。

ぜひまた京都へ行きたいです。花の五六八さんのように身近でお気に入りを見られないのが残念ですが、こつこつとお小遣いを貯めていこうと思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/61680490

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーメンパレード2015の思い出:

« ブートアニメーション移植 | トップページ | アスピリン »