« 燃える空 | トップページ | Android 5.1.1 にUP »

2015年7月22日 (水)

TV番組の続編を望むということ

Tvkamo2それがいかなることなのか
 

考えてみました

  

 

  
民放のTV番組の場合、制作費の原資はスポンサー収入になると思う。番組スポンサーは社会福祉や公益が目的であるという場合を除き、スポンサーになることで自社もしくは自社製品のPR効果をその番組に求め、結果として企業収益に結び付くことを期待する。

先日1クール13話が終了したアニメ・響け!ユーフォニアム ですが、この番組スポンサーには以下の3社が付いていました。

PONY CANYON
Sponsers_2本編のブルーレイ・DVDの販売元)

京都アニメーション 
(アニメ制作会社・関連グッズ販売元)

Lantis 
(主題歌やサントラの音楽CD販売元)

いずれも番組関連商品の直接的な販売元ですな。制作会社の京アニを除くと2社のみ。楽器のヤマハや全日本吹奏楽連盟などがスポンサーに付いてもおかしくはないと思うのですが、エンドスクロールを見る限り「協力」のみ。世の中そんなに甘くはない。視聴率1%を切る深夜枠のアニメ番組に出資するほど余裕はないというところなのでしょうね。

Money2

つまり、これらのスポンサー企業の関連商品がどんどん売れて収益が上がってくれないことには、続編へまた投資しましょうという気にもならない訳です。まじめに作られたとても高品質な番組ではありましたが、吹奏楽を題材にするというマイナージャンル感はやはり否めない。視聴者が続編を望むならば、スポンサー企業が販売する関連メディアやグッズをせっせと購入して彼らを潤うようにしてあげなければいけないのです。

という長い前振りの後に私が選んだのがこれ 。このサントラCDはとってもお得な2枚組。劇中で使われた57曲に及ぶ楽曲の全てがフルバージョンで入っている。30分枠の番組ワンクールのためにこれだけの数のオリジナル曲(一部編曲)を用意するという姿勢だけでも制作側の気合の入れ方がわかりますね。試聴動画 も上がっていますが、ストーリーを知らなくてもその良さが分かるほどのクオリティだと感じます。主題歌以外は全部インストルメンタルなのでBGMにもいい。

続編のためにもスポンサーさんには商業的に成功してもらいたいですなぁ。CD1枚注文したくらいじゃぁだめっすかね。

« 燃える空 | トップページ | Android 5.1.1 にUP »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/61937173

この記事へのトラックバック一覧です: TV番組の続編を望むということ:

« 燃える空 | トップページ | Android 5.1.1 にUP »