« 有名になるということ(京都橘高校編) | トップページ | プラチナチケットげっとぉ »

2015年8月16日 (日)

あしたのために その3

Mp2_3

クロスカウンター

パンチの代わりにマウスピースを・・・
   

 

  
伝説のボクシング漫画あしたのジョー の名シーン、あしたのためにでは、その3からおっちゃんこと丹下段平が矢吹丈に対して直に技術指導をします。ジョーはそこからボクサーとして頭角をめきめきと現してしていくのですな。

Tpのマウスピースを手に入れて 、ぷっぷか吹きながらいつかはトランペッターと夢見てはや数か月。当面の先生となる我が娘から与えられたマウスピースだけで1オクターブ吹けるようにという課題もなんとなくできるようになってきた。次なるステップは・・・

マイ楽器のゲットだぁ \(^o^)/

でも楽器ってピンキリですね。トランペットも1万円からうん十万円までまぁ幅のあること。でもちゃんとしたものはやっぱりそれなりのお値段。小遣いサラリーマンにあってはフォルテシモ的に懐へ響くレベル。
調べていくとYAMAHAあたりには楽器のレンタルなんてのがある。初期投資が抑えられて、自分に素質がまったく無ければ涙を飲んであきらめることも可能。これっていいかも。

ジョーみたいな素質があるわけでもなく頭角がどうとか言う以前に越えなければならない壁も高い。でもボクサーのようなハングリー精神は忘れずにいなきゃ。
よし、今日から飯は腹八分目にしよう・・・ってそういう問題じゃない (-_-;)

さてマウスピースを差し込む相手はいかに・・・
  

« 有名になるということ(京都橘高校編) | トップページ | プラチナチケットげっとぉ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/62093561

この記事へのトラックバック一覧です: あしたのために その3:

« 有名になるということ(京都橘高校編) | トップページ | プラチナチケットげっとぉ »