« 第28回全日本マーチングコンテスト 番外編 | トップページ | 里山歩きと熊とターキーと »

2015年11月27日 (金)

第28回全日本マーチングコンテスト 番外の番外編

Tachibana8ブラボーおじさんだけでなく
 

わたくしも応援しております
  

 

  
オレンジユニフォームをデザインしてオレンジの悪魔鴨きもフラッグを持たせてしまいましたっ。 すいません、意匠的、肖像権的に問題があったらどうかご指摘下さい。 

京都橘高校のあのユニフォームがまた大阪城ホールのグリーンフロアに映えるのですよ。普段からアピール度の高いバンドですが今大会では演奏も上手。外周曲メリーゴーランドでのトランペットの切れ上がりがスパッと決まって気持ち良い。動きが他バンドに比べて激しいのに正確にポイントして縦横斜め列の乱れがまったく見られない。さらに今年のアレンジ、ジャンプするコンテは斬新でした。こりゃ納得の金賞です。

今年のブルーメンパレードの時、力強いハイタッチをもらったスーザフォンの彼も、身長のハンデをものともしない正確なステップを踏むフルートの小柄な彼女も、はつらつとして演技をしていました。

同校吹奏楽部の存在はマーチングというジャンルを一般に知らしめる上で非常にいいサンプルを提供していると感じます。とにもかくにもアグレッシブでセクシー。こんなに激しく動いても楽器が上手に吹けるんだという驚きもそこに加わります。
YouTubeの橘動画でマーチングを知り、もっとその世界を知ってみたいと思った諸兄は多いと思います。吹連マーチングの中にあって同校の存在が与えるものは決して小さくはないでしょう。
昨年の銀賞は残念でしたが、今大会は押しも押されぬ立派な金賞。
おめでとうございます。 

3年生はマーチングコンテストの終了で部活動に一区切りが付くのでしょうね。最高の形で終わることができたのは日々のしつこい練習のたまものですね。お疲れ様でした。ぜひ残る短い高校時代を楽しんでいただきたいものであります。

« 第28回全日本マーチングコンテスト 番外編 | トップページ | 里山歩きと熊とターキーと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

京都橘吹奏楽部を応援しているジジイです。
ググってたら、こちらの記事を見つけ、楽しく読ませていただきました。
この記事を、上のTweetボタンから私のフォロワーさんに、紹介させていただきたいと思い、コメント入れさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

HIROさん、はじめまして。
Tweetいただきありがとうございます。今回の京都橘高校の金賞は嬉しいですね。京都大会はYoutubeの動画で、全国大会は生で見ましたが、その間わずか2ヶ月なのによくぞここまで高めてくるものだと感心しました。
HIROさんもファンであるとのこと。同じ気持ちを持つ者として同校吹奏楽部を応援していきましょう。

ご返信、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

Fibyさん、こんにちは。ご無沙汰しております。
相変わらずタフでいらっしゃるようで敬服いたします。

私も今年は大阪城ホールへ行く気満々だったのですが、スケジュールを確認したところ当日は仕事でした…。チケット入手以前に大きな壁が立ちはだかり断念いたしました。
応援している京都橘が出場、しかも金賞を受賞したというのに…。Fibyさんが羨ましいです。

> あのユニフォームがまた大阪城ホールのグリーンフロアに映えるのですよ。
私もそう感じています。
京都府大会を観に行ったのですが、オレンジのユニフォームはウッド調のフロアには、どうしても色が被ってしまいます。大阪城ホールのためのオレンジと言ってもいいくらいですね。

> ジャンプするコンテは斬新でした。
YouTube等で、京都府大会についてのコメントを見ると賛否両論ですね。

京都府大会では、私も一瞬何が起こっているんだろう?と思いました。
全国大会は観ておりませんので同じだったかわかりませんが、一回目のジャンプは、ジャンプする人よりも、蹲るようにしゃがむ人の方が難しいはずです。後方からしゃがんでいきますが、前にいる人は後ろを見ていない。つまり、しゃがむタイミングは自分で覚えるしかありませんから、難易度は非常に高いと感じました。
ただ、このパフォーマンスが果たして審査員に評価されるのだろうか?と危惧しておりました。
不満を感じている人は、Sing Sing Sing、Swing Swing Swingの演奏をフルで聴けなかったからでしょうか?
私も、もう終わり?と、少し物足りなく感じたのは事実です。
ともあれ、全国大会での6年ぶりの金賞受賞は大変嬉しく思います。

> とにもかくにもアグレッシブでセクシー。
確かにアグレッシブですね。私が京都橘のファンである理由の一つでもあります。しかし、私は彼らにセクシーという感覚を持ちたくありません。あえて表現するならカワカッコイイでしょうか。セクシーも褒め言葉ではありますが、ニュアンスがあまり好きではありません。
ミニスカユニフォームの女子部員が大半を占める京都橘ですが、まだ高校生という彼女らに、涙が出るくらいの感動と、困難に立ち向かう際の勇気、パワーをもらっています。
セクシーという目で見たくない!見るべき点、評価すべき点はそこではない!と、自分に言い聞かせているだけなのかもしれませんが…。偶像化しすぎるのは良くないとは思っております。
盲目的なコメントで申し訳ありません。私の個人的な感想ですので気になさらないでください。
失礼いたしました。

PS, 私もダイジェスト版の動画を観ました。スカイ・A sports+で放送がありそうですね。ただ、新規加入では間に合わない可能性があることから、専門ショップにDVD&BDを予約注文しました。高くつきますけど、どうしても高画質で観たいので確実な手段を選択しました。

Marschtanz63さん、コメントありがとうございます。

> 相変わらずタフでいらっしゃるようで敬服いたします。

無理は効くうちにやるものだというポリシーの元で動くようにしております。この時の大阪行きでは1300Kmを走りました。まぁ好きこそもののなんとやらです。

> 私も今年は大阪城ホールへ行く気満々だったのですが、スケジュールを確認したところ当日は仕事でした…。チケット入手以前に大きな壁が立ちはだかり断念いたしました。

それはまた残念でしたね。私はチケットも当初抽選で外れてしまい断念しかけましたが意地で繋げました。満員御礼と思いきや現地へ行ってみると歯の欠けたように空席だらけ。あれってどうなっているのでしょうね。

> 応援している京都橘が出場、しかも金賞を受賞したというのに…。Fibyさんが羨ましいです。

でも京都府大会をご覧になっているじゃないですか。YoutTubeの4K動画は拝見しております。とっても良く撮れていて感心しました。カメラワークも秀逸です。メリーゴーランドの著作権云々というのは良く分かりませんでしたが私のPC環境では問題なく再生できておりましたよ。

録音もベルアップしたときの金管のフォルテシモが分かる程うまく再生されていました。外部マイクでも装着していたのですかね?

> 京都府大会では、私も一瞬何が起こっているんだろう?と思いました。

あのジャンプには驚きました。しかも2回ってのも痺れましたね。全国大会もコンテは京都府大会とまったく変わりませんでしたよ。

> ただ、このパフォーマンスが果たして審査員に評価されるのだろうか?と危惧しておりました。

おっしゃるとおり吹連の採点基準からすると、このパフォーマンスはバイアスにはなっても加点対象にはなりにくいものでしょうね。
それよりも、今年の京都橘高は演奏が上手かった。私は金管くらいしかわかりませんが,ハイトーンがとても綺麗に出ていました。これがあのブルーメンパレードで吹いていた子達なの?と思うくらい進歩していましたよ。そこに至るまでには大変な苦労もあったことでしょう。

それに列の揃い具合も精華女子や淀工並にぴったりとポイントしていましたよ。動きが激しいのにあれはさすがだと思いました。

> 不満を感じている人は、Sing Sing Sing、Swing Swing Swingの演奏をフルで聴けなかったからでしょうか?

そうかもしれませんね。一般注目度の高いバンドだけに色々なところに注文が付くのは仕方のないところでしょうかね。

私は京都府大会では京都橘高にも増してフリーの部で京都明德高がなにをやってくれるのか興味がありました。昨年のオーバータイム同様今年もしっかり6分超えで参加賞でしたが、動画を見ると昨年の方がインパクトがあったような・・・Marschtanz63さんはどうご覧になりましたか?

> 私は彼らにセクシーという感覚を持ちたくありません。あえて表現するならカワカッコイイでしょうか。セクシーも褒め言葉ではありますが、ニュアンスがあまり好きではありません。

おっしゃるところは理解できます。私は外人が多い職場に勤めているのでその文言に対するイメージのとらえ方が少し異なるのかもしれません。アメリカ人は男性に対してもセクシーだと平気で使います。これは褒め言葉なんですね。日本語で言う「魅力的」という言葉そのものなんです。「かわいい」だとキュートになりますが、これは子供に対して使うケースが多いので逆に失礼に当たるかな。

語彙に対するニュアンス的な印象は各個人が持つ言葉のイメージによって決まります。お持ちのイメージの通りに受け取っていただいていいと思っています。私は女性が主体のバンドとして魅力的であるという表現として使っています。他意ははありません。

> セクシーという目で見たくない!見るべき点、評価すべき点はそこではない!と、自分に言い聞かせているだけなのかもしれませんが…。偶像化しすぎるのは良くないとは思っております。

Marschtanz63さんの評価するポイントは良く理解できました。見方は十人十色ですので色々な視線があっていいのだと思っております。私の印象は記事に書いたとおりです。

> 専門ショップにDVD&BDを予約注文しました。高くつきますけど、どうしても高画質で観たいので確実な手段を選択しました。

おぉ、もう予約されましたか。私も現場でDVD/ブルーレイの購入申し込みのパンフを貰ってきました。金賞受賞団体集ってのが8200円で良さげですね。発売は2月だそうなので、スカイAがなんとか見られないか画策いたしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/62761185

この記事へのトラックバック一覧です: 第28回全日本マーチングコンテスト 番外の番外編:

« 第28回全日本マーチングコンテスト 番外編 | トップページ | 里山歩きと熊とターキーと »