« 白ナンバーはいいっすね | トップページ | 猟場を巡回 »

2015年11月11日 (水)

解禁日は迫るが問題も迫る

Kamokimo間もなく猟期が始まります

楽しい3か月のスタートです・・・がっ
  

 

  
本県の狩猟解禁日11月15日が近づいてきました。冬場だけのお楽しみ。鳥獣との駆け引きに知恵と勘を絞り、首尾良くいった暁には美味しいジビエ肉が手に入るわけですから気合も入るってものです。沢山は獲れないけれど鴨ネギに期待。

Pump

主に鳥猟にて活躍する我が家の狩猟用空気銃のFXサイクロン5.5mmですが、先猟期が終わってからちょっとご無沙汰ぎみ。スコープのゼロイン調整くらいは射撃場でやっておかねばと準備をすべく空気を入れてみました。

いただきもののスキューバ用ボンベはあるのだけれど検切れでエアを充填してもらえない。やむなくハンドポンプでひいこらと空気を入れます。

いつものことながらこれがけっこうな重労働。エアバルブ保全の関係で空気圧を80気圧くらいまで抜いていたので、ここから200気圧までの加圧は一汗かいてしまいます。手のひらの皮がむけた段階でちょっとおかしいぞと感じる。

空気抜けてるかも・・・

いくらポンプしても180気圧以上いかない。入れているそばから抜けているような感じ。以前のエアバルブに異物が噛んでいたような場合にはもっと景気良く抜けたので気が付くのも早かったですが、今回はリークは少ないけど確実に抜けている。

Fx1

Fx2

Drawing

ええぃ、しゃぁない。エアシリンダーを外し、機関部を裸にしてエア漏れチェック。締められるところは増し締めしてみるもまだいくらか漏れている。どうも機関部の中が怪しい。ここはユーザーの手ではあまりいじくれない部分。銃砲店に修理に出すにももう猟期がそこに・・・

今シーズンは空気漏れ覚悟で使うか、急いで修理に出すか悩みどころ。漏洩量はそんなに多くはなさそうなのでとりあえず解禁日過ぎたらまた考えよう (ポジティブシンキング)

ん~、猟期前にちゃんと見ておくべきだった>反省

« 白ナンバーはいいっすね | トップページ | 猟場を巡回 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

そこなんだよね・・・
ポンプ式
単純な物ほど壊れないから信頼できる・・・
撃つ前に圧力掛けて一発勝負
使わない時は部品に余計な負荷が掛からない・・・

ってか
そんな事よりも今月の22日にリューティストが「タワーレコード横浜ビブレ店」で16時からフリーライブのイベントが有るんですが、Fibyさんの近くでしょ?
行きたい・・・
でも行けない・・・

花の五六八さん、
9年間オーリングを交換するくらいで済んでいたこのエアライフルですが、いよいよオーバーホールの時期になってきたかっていうところです。逆に言うとデリケートなプレチャージがまぁ9年間もよくぞまともに動いてくれたっていう感もあります。

おっしゃるとおり自己完結できるエースハンターはやはり存在意義があります。シャープは会社が無くなってしまったようですが根強いファンが沢山いますのでまだまだがんばってもらいたいところですよね。

おぉ、なんとRYUTistがご近所まで来てくれるのですね。横浜ビブレはソフマップが入っているので以前はよく通っておりました。こりゃ見逃せませんね。インストアのキャンペーンライブみたいなので写真撮っても怒られなさそう。
よしっ、ばっちり撮って花の五六八さんに報告しようと思ったのですが・・・

22日は大阪で全日本マーチングコンテスト全国大会の日。先日チケットの抽選に外れて落胆していたのですが、なんとチケットが手に入りそうなんです。RYUTistライブは横浜が日曜日で土曜日と月曜日が東京みたいですが、大阪へ出掛けたら土・月は移動日になるので東京も厳しい。

もし大阪のチケットが駄目だったらもちろん横浜ビブレへ突撃しますよぉ。う~む、できることならどっちも行きたい・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/62654265

この記事へのトラックバック一覧です: 解禁日は迫るが問題も迫る:

« 白ナンバーはいいっすね | トップページ | 猟場を巡回 »