« 全国大会への夢かなわず | トップページ | 白ナンバーはいいっすね »

2015年11月 7日 (土)

響け!ユーフォニアム 続編決定

Tvkamo3続編をやってくれるそうです
 
 
素直に嬉しいですね
  

 

  
なにはともあれアニメーションが嫌いでなくてお時間を許す方はこの5分間ほどのYoutube投稿動画 を見て下さい。

作ったのが日本人なのか外人さんなのかはわかりませんが、主題歌のフルバージョンに合わせてタイトル映像、本編映像をつなぎ合わせて独自に編集をしています。これがまるで番組制作元が作ったように上手い。さらに主題歌のフルバージョンの長さを本編映像の切り抜きでカバーするために、それらしくミントグリーンの画面枠を追加するなど手が込んでいます。

なんといっても編集した構成とつなぎ方が秀逸。映像にサウンド、歌詞とうまくシンクロさせた箇所がいくつもある。ただ切り貼りしただけではないんですよね。ストーリーを知らない人には丁寧に作られたアニメなんだなという印象を、ストーリーを知っている人には以前に観た情景を思い起こさせてくれるのに十分なクォリティを持っています。
終盤のフラッシュバックを含めたまとめ方がまたプロっぽい。回る生首とも言われるスポンサークレジットまで最後にしっかりと付いています。これがMADムービーってなものなんですかね。
YouTubeにはすごい腕を持ったMAD職人みたいな方がいっぱいいらはります。

ただし著作権的には京都アニメーションやポニーキャニオン、ランティスの権利を侵害しているのは明らかです。この種の投稿はいたちごっこで、いずれはクレームで消される運命なのかもしれません。しかしこれはほんとに良く出来ています。続編制作が決まった今ではいいPRになるか・・・っていうように甘く考えちゃいけないのでしょうね。

----------   ------------   ------------   -------------   -----------

本年4月から7月までの週一の深夜枠でTV放映されていたアニメーション番組響け!ユーフォニアム ですが続編の制作と劇場アニメ化が決定されたようです。日本のアニメ水準を誇れるほどの作品だと思いますが、高校吹奏楽という巷ではマイナーなジャンルを扱う物語なだけに続編を作ることが出来るほどの関連収益を上げているかが気になっていたところでした。

Euph1

これはDVD/ブルーレイなど映像メディアの売り上げがどのくらい伸びたかが大きな指標となります。この手のマニアックな番組のメディア購入者はコアユーザーが多いので全巻コンプリートを目指すのが普通。そのためメディア初版の売り上げに注目が集まるのです。
サントラCD1枚買っただけ のわたくしは、ただ注目しているだけなんですけどもね。

販売情報では初版メディアは1万枚にまだ届いていないようですが続編制作のしきい値となる6000~7000枚は余裕で越えている。こりゃもしかしたらいけるかなと思っていたら発表がありました。めでたしめでたし。

制作会社は京都アニメーション。物語の舞台は京都府宇治市にあるという架空の高校ながら宇治市の名所や行事が作品の随所に登場する。そのためかご当地でもなかなかの人気であると聞き及んでいます。京阪電車ではヘッドマークを付けたラッピング電車 まで走らせ、物語の舞台となる近隣各駅には等身大のパネル展示 をするなどの力の入れよう。アニメーションとは言え地域の風情を忠実かつリアルに表現し、ストーリーもまじめに作られた作品だけに地元での受け止め方も良好のようです。

続編制作が決定したとはいえこの時期ですので次の放送開始は来年でしょうね.主人公達が目指す全日本吹奏楽コンクールの全国大会は11月1日に既に終わっていますが、まぁそんなこたぁどうでもいい。2クール目放送開始を楽しみに待つ事といたしましょう。

 

    
しかし大阪城ホール行きたかった・・・   ってまだ引きずってる

« 全国大会への夢かなわず | トップページ | 白ナンバーはいいっすね »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

先週末NHKFMで1日ブランバン特集ってのをやってました。最後しか聞けなかったですが、楽しかった。ユーフォニアム、動画チェックしましたが、たいしたものです。青春ですねえ。心躍ります^^
宇治に知り合いがいるのでチェックしてもらおう。放映時間が遅めなので、録画して週末に楽しもうかな。大阪城ホールは残念でしたね。いっそ関係者で出入りしてみるとか。
実はわたくし、下手したら鼓笛隊で太鼓たたいていたか、音大に入っていたかもしれなかった...かも。
小学、中学と小太鼓に熱を入れてました。そのせいで音大推薦なんてのを先生がマジで持ち出して。う〜ん、行ってたらどういう人生になっていただろう。
ブラバンとはチョット違いますが、マーチングバンドが面白く刺激的。

ノブさん、
ほぅ、NHK-FMで特集していましたか。吹奏楽ってなぜか大学生やプロのバンドより高校生や中学生の方が面白いのはなんででしょうね。子供達のひたむきさが伝わってくるからでしょうかね。青春のテーマのひとつとしていい題材ではあります。

この紹介した動画、著作権がどうたらってのを度外視するとなかなかよく作ってあります。YouTubeのコメント欄にもオーバーシーから、すげぇクールだ、グレートソングだ、ビューチフルだと評価されていますが、ボクらが洋楽を聴くように日本語の曲でもこんなツボにはまった動画と組まれると外国の人達でもいいなって分かるのでしょうね。日本人としては嬉しい事です。

> 宇治に知り合いがいるのでチェックしてもらおう。放映時間が遅めなので、録画して週末に楽しもうかな。大阪城ホールは残念でしたね。いっそ関係者で出入りしてみるとか。

宇治市内の京阪沿線はあちこちにこのキャラクターがあふれているといいます。京都府ってもともと吹奏楽が盛んな土地柄なので受け容れやすい環境もあったのでしょうね。
大阪城ホールは残念の極みです。いまでも吊り上がるオークションのチケット価格にため息をついています。こなくそ・・・

> 小学、中学と小太鼓に熱を入れてました。そのせいで音大推薦なんてのを先生がマジで持ち出して。う〜ん、行ってたらどういう人生になっていただろう。

ちょっと待って下さいよ。またノブさんの知られざる一面が・・・小太鼓ってスネアドラムですか。ノブさんがパーカスをやっていたとは驚きです。ドラムはある意味リード楽器ですよね。バンドのテンポを刻む重要な役割と認識しています。ノブさんにふさわしい楽器ですね。

音大ですかぁ。先生の言葉通りに進学したら今頃は指揮棒を振っていたかもしれませんね。

吹奏楽もいいですが観るにはマーチングも面白いですよね。今回はマーチングを狙って玉砕しましたが、吹奏楽コンクールの全国大会だったらもうちょっとハードルが低かったと思います。失敗したかも・・・

ノブさん、まだここ見てるかな。

お知り合いがいるという宇治がすごいことになっているようです。
先日見つけたYouTube動画にびっくらこきました。
以下参照。

https://www.youtube.com/watch?v=DfYIkz3HYRA

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/62631283

この記事へのトラックバック一覧です: 響け!ユーフォニアム 続編決定:

« 全国大会への夢かなわず | トップページ | 白ナンバーはいいっすね »