« 雪不足 | トップページ | ポケットWiFiを調理する »

2016年1月 5日 (火)

通販の功罪

Tsuhan4

消費生活も
 
通販でだいぶ便利になりましたが・・・
   

 

 
世をとりまく消費者の環境も近年はネットを利用した通信販売によってだいぶ様変わりしてきました。なんなってお店に出向くことなく自宅にて商品の品定め、注文、支払、受領が完結できてしまうのですから便利なことこの上ない。でもありがたいことばかりでもないのですな。

先日お年始のあいさつにと実家に出向くと見慣れないタブレットとポケットWiFiがころがっておりました。これはどうしたのだと親父に問うと、ジャパネットたかたのTVショッピングで買ったのだという。

Tsuhan2

とはいえ我が親父はもうタブレットやらWiFiやらという情報端末を使いこなせるような年齢ではない。当然のことながらモノはホコリを被って放置状態。
一般家電品を買うのとは異なり、回線契約を伴う関連商品は俗に縛りと言われる一定期間の継続使用が契約にて求められる。これはTVショッピングの主たる利用者である高齢者にとってとても難解で理解しにくい部分でもあります。実際親父も分かっていなかった。

今を時めくタブレット端末とどこでもインターネットができるポケットWifiがセットでわずかに1万円で手に入りますよ。でも月々6千円なにがしの使用料は2年間払って下さいね。

このキャッチフレーズの後半部分は販売時に強調されない。昼間からTVにかじりつくお年寄には、1万円で買えるまたとない買い物のチャンスだと思わせてしまうのでしょうね。

実際型番を調べるとタブレットは不正会計処理問題で揺れるあのメーカーの通販用に微妙にスペックダウンしたマイナーWindowsタブ。ポケットWiFi も1年以上前のモデル。通信会社のY-mobileは都市部以外ではつながりにくいキャリアでもある。
1GB/3日の通信制限は世間でも猛烈に評判が悪い。どれだけ厳しいかというと3日間の内に何本かYouTubeのHD動画を見ただけでリミットに達して、その後丸1日24時間128KBの通信制限か掛かる。つまりはその間は簡単なテキストメールの送受信以外は使い物にならなくなると言う事。

まぁTVショッピングでもって理解の及ばないお年寄相手に在庫を売りさばくにはいい素材なのでしょうが、そんなことを分かって買っている人は恐らく皆無でしょうな。

Atama

同キャリアで回線使用契約だけを結ぶのならば月々2千円程度で済むので、タブレット代金として2年間にて払う金額は計10万円程という勘定になる。今どきそんな高い8インチタブレットなんて誰も買いませんわな。
細かい計算の出来ないお年寄はカモにされるのです。

TVショッピングは訪問販売ではないのでクーリングオフが適用されないし、すでに回線契約を結んでから数ヶ月が経過して月払いを始めていたので解約するしか手段が無い。まったく困ったものです。

電話を掛けるとジャパネットでは契約はY-mobileなのでそっちへ聞いてくれとたらいまわし。結局のところこの会社はCFを打って新規回線契約成約時の通信会社から出るリベートを受け取るだけのトンネル会社だったのですね。

Y-mobileで確認すると今回の一件ではすでに払った金額と合わせて違約金、解約手数料を含め実家の親父にとって10万円程の痛い授業料となることが分かりました。これだけ支払ってもらえるならば解約されてもY-mobileは痛くも痒くもないでしょうね。

Tsuhan1

ただし契約は契約です。約束事の理解ができていなかったとは言え、契約をこちらから申し入れ消費者が一度は合意したことです。その意味では販売する側に契約上の非はありません。しかし社会通念上いかがなものかという疑問はやはりあります。

何度も言うようですが、そもそもTVショッピングの主たる営業ターゲットは昼間からTVに見入っているお金も暇もある高齢者であることは明らかです。彼らは情報弱者であることが多く、商品を他と比較して優劣を判断するための手段を持たず、TVという大衆メディアへの信頼度を常に高く維持しています。

そういう購買層に対して契約内容が難解で、初期投資は小さくても長期に渡って支払い義務が続くことになる回線を含む通信関連機器契約を販売するという手法は、黒とは言わないまでも限りなくグレーな商売に写る。
TVショッピング自体が悪だとは言いません。少なくともこのような販売形態を取る場合は社会的影響度に配慮して、この種の商品の出品を制限するような自主規制、業界規制もしくは法的規制があっても然るべきではないかなと思うのですがねぇ。

定番の一般家電品や羽毛布団などの通販割賦販売は、返済が完了すればそれで終わりですが、回線契約を含む商品の場合は仮に使わなくなったとしても、手続きをしない限りは未来永劫お金を払い続ける事になります。日本中には高齢者が契約して、使っていないのに使用代金が引き落とされ続けている回線契約が多分沢山あるのでしょうね。それらは回線事業者のタダ取りになります。

Money

以前にとあるイベントの基調講演にてジャパネットたかたの前社長、高田 明氏のお話を聞いたことがあります。その際に、なぜ佐世保市の小さなカメラ屋が今のような成功を一代で収めたのかのサクセスストーリーを自信たっぷりに語ってくれて感心した記憶があります。
しかし今の同社のビジネススタイルには少々幻滅しました。社長が長男へと代替わりしてから営業方針が変わったのかな。

ライブドア元社長の堀江貴文氏はTwitterで良いことを言っていましたよ。

「高田社長がユニークなのは認めますが、ジャパネットの社会的意義はあるとは言えませんね。ネット通販のほうが安いし、買う必要もないものを口八丁手八丁で買わせてるだけとしか見えません」

彼のこの発言だけをとらえれば同意できます。寅さんがやっているバナナの啖呵売みたいなものですかね。

使い道が無いというのでタブレットとポケットWiFiを預かってきました。使い道が無いものをそもそも買うなよな>親父
自業自得とはいえ実家の蓄えを吸い取った憎むべきこの小道具、どう料理してやりませうかねぇ。

« 雪不足 | トップページ | ポケットWiFiを調理する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

年寄りはテレビがお友達。

実家に行くと私の母もご多分にもれず意味不明な品物や、ダブり購入を散見します。
社会的活躍の場や世界が無くなるということで、接点を持てるのがテレビでしょうか。
最悪その世界が全てになりかねない。寂しい年寄りに擦り寄る黒い影です。

歳を重ねると脳の働きがどうしても鈍くなります。平たく言えば考えなくなる。だからその時その時に喰いついてしまう事が多くなります。もうこれは仕方ないのでしょうかね。常日頃見てやれれば訓練をする事である程度は避けられるらしいですが。

今回のお父様の件。そういった隙に入り込んだ結果だったのかもしれませんね。売る方にどれだけの目算が有ったのかわかりませんが、少しは「しめしめ的マーケティング」は読み込み済みだとは思います。私ですらスマホの契約を検討すると、訳解らん、って思いますよ。何だかきな臭いよな〜と。
堀江氏の言う事、ごもっとも。あの人の事は未だよく理解できてませんが...

今年から月一で私は実家に行く事に決めてます。色々な「ずれ」の確認や、移住の準備も兼ねて。そうやって目を、気をかけていないとやはり年寄りは弱い存在なんかもしれませんね。いい勉強になりました。

打ち取ってきたそ奴、さ〜さ〜さ〜さ〜!先づは牢屋敷に!って年末年始の時代劇の見過ぎ^^;
楽しみ〜

ノブさん、長文を読んでいただきありがとうございます。ちょっと今回の件は腹が立つやらがっかりやらで参りました。

> 常日頃見てやれれば訓練をする事である程度は避けられるらしいですが。

そうですね。オレオレに引っかからないようにとか常日頃意識していればリスクを回避できることは多いと思います。私の親父を見ていて思うのは自分が老いているという意識が弱いんですね。なんでも若いときと同じように出来ると考える。老け込む必要は無いですが自分の状態はやはり理解してもらいたいものです。

> 少しは「しめしめ的マーケティング」は読み込み済みだとは思います。

おっしゃるとおり確信犯的な臭いはぷんぷんです。彼らにとってお年寄りはカモなんでしょうね。普通ならばまだ美味しい話の裏を読む事ができるけれど、お年寄りにはそれは難しい事です。

> 堀江氏の言う事、ごもっとも。あの人の事は未だよく理解できてませんが...

ライブドア株を文字通り紙くずにしてしまった張本人ですからね。言うに事欠いてって感じもありますが、まぁジャパネットの件のつぶやきに関しては同意できます。

あの高田明前社長はTVショッピングでは頭の上から飛び出たような声を上げていますが、講演会で聞くとすごく低い落ち着いた声なんですよ。TVでの姿は役作りなんですねぇ。
あの声でその気になって散財させられたお年寄りはいっぱいいたことと思います。

御同居の準備も進んでいるようですね。色々な意味で大変だと思います。ギャップを埋め、ズレを補正するのも最初は苦労でしょうね。
私も今は親とは別所帯ですが、いずれ時期が来るのかなという覚悟はあります。幸いカミサンが理解してくれているので助かります。

> 打ち取ってきたそ奴、さ〜さ〜さ〜さ〜!先づは牢屋敷に!

座敷牢に入れる前に討ち死にしました。なかなか敵も手強いです (^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/63010356

この記事へのトラックバック一覧です: 通販の功罪:

« 雪不足 | トップページ | ポケットWiFiを調理する »