« 通販の功罪 | トップページ | ヒヨドリの焼き鳥(塩麹漬け) »

2016年1月 7日 (木)

ポケットWiFiを調理する

Gl10p1_2

実家から預かったこやつの
 

利用方法を考えます

  

 

  
大枚はたいて契約の解除をした実家のポケットWiFi回線契約ですが、使い道がないかとハードウェアを預かってきました。型式はGL10P、確かにポケットに入りそうなお手頃サイズ。使えれば便利な品物になりそうです。

本体には今は無きEMOBILEのプリントが。Y-mobileに吸収された会社ですが、それ以前に作られた在庫品だったのでしょう。まぁTVショッピングでこだわりの無いお年寄りに売りさばくならば、かっこうの在庫処分の対象になりそうです。

Gl10p2

さて、こいつを動かすには当然回線契約をしたSIMが必要になる。しかしご多分に漏れずハードにはSIMロックが掛かっていて購入会社以外のSIMは受け付けてくれない。でも幸いなことにSIMロックについては7ユーロ払えば解除してくれるサービス が海外にはあるようだ、こりゃいけるかも。

問題はSIMロックが解除できたとして現実味のあるドコモ系MVNO SIMを挿して電波を掴めるかということ。使用バンドの対照表を見るとドコモ系で対応バンドが一致するのは3Gの2.1GHz BAND1のみ。(名阪のみで使えるBAND17を除く)他のLTEは全滅、ドコモ3Gの800MHz BAND6, BAND19はかすりもしない。電波を掴めないのでは話になりません。

結論: まるで使えないとは言えないが使い物にはならないなこれは

というわけで目論みは見事に崩れ去った。こいつは将来の実験用グッズに仲間入り。
ジャパネット/Y-mobile、なかなか商売がうまい・・・

« 通販の功罪 | トップページ | ヒヨドリの焼き鳥(塩麹漬け) »

GPS・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/63022671

この記事へのトラックバック一覧です: ポケットWiFiを調理する:

« 通販の功罪 | トップページ | ヒヨドリの焼き鳥(塩麹漬け) »