« 雪の女王とツーショット | トップページ | 独り占めのスキー »

2016年2月19日 (金)

温泉に浸かれば明日が見える

Chichiya草津と言えば温泉まんじゅう
 

本家ちちやで決まりです
 

 

 

Yhbatake

なんで温泉街と言えば温泉饅頭なのでしょうかね。温泉の熱でまんじゅうを蒸かすからかな。でも草津みたいな硫黄臭びんびんの湯気で蒸かしたらえらい味になりそうですが。

Yubatake2

やはり草津の有名どころ と言えば本家ちちや。正直なところおまんじゅうの良し悪しってよく分からないのですが、湯畑沿いにあるお店で白マン、茶マンをひとつずつバラ買いして食べ歩きしながら湯畑のイルミネーションを眺めるのが恒例。しばらく来ない間に湯畑近辺も変わりました。ここは昼間より夜の方が雰囲気がいいですね。

Sekinoyu2

草津には外湯と呼ばれる地元の方々がこよなく愛する小さな無料の温泉場が18ほども有る。一頃外国人観光客のマナーが問題になって、おおっぴらによそ者が入れる外湯は3か所に限られてしまった時期がありましたが、それではあんまりだということでさすがに声高には言わなくなったようです。わたくしはあまり意識をしないであちらこちらを挨拶しながら入れさせていただいていますが、地元の方々との世間話もまた楽しいものです。本日の狙いは湯畑から賽の河原へ向かう途中にある関乃湯。こじんまりとした構えで定員3名。その気にならないと見つからないような周囲に溶け込む雰囲気がいいです。

Sekinoyu1

だぁれもいない浴室では源泉がだばだばと豪快に流れております。無条件の源泉掛け流しはやっぱりいいですね。湯温は体感で42度から43度ってところ。草津らしく低PHの刺すような湯は適度に熱く、5分も浸かっていると体の芯まで温まります。ちなみに湯畑沿いにある白旗の湯には44度以上の浴槽が有って確実にゆでダコになれます。

Nyuyokuzai

いいっすね草津。硫黄がびんびんに効いたここの湯に浸かると本物の温泉に入っているんだなという実感が湧きます。

同じというわけにはいきませんがおうちでは入浴剤で雰囲気だけでも・・・うん。

« 雪の女王とツーショット | トップページ | 独り占めのスキー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

夜の草津、温泉まんじゅうをほおばりながら湯畑散策なんて、草津温泉に泊まらないとなかなかその余裕は沸いてきません。旅人ならではの楽しみ方という気もします。
たまにちちやのお饅頭を買いますが、いつも帰りの車中が多いかな・・(^~^)モグモグ

最近の私のライフスタイルの中に草津温泉が深くかかわっているので、「ようこそ草津温泉に・・・」とわが地元にお越しいただいたようでうれしいですね。
「関の湯」は私も入ったことあります。けっこうお気に入りの外湯です。あのように小さな温泉を見つけて入られるなんて、さすが草津つうですね。私よりも色々なことご存じだったりして。

草津温泉に頻繁に通うようになって、改めて草津温泉の魅力に気づき癒されています。いいですね、芯からあったまる温泉。spa

硫黄の香りのする酸性の低PH温泉は大好きです
この辺では蔵王温泉が最高です
使ったタオルをほおって置くと次の日ボロボロになります(笑)
「旅の宿」ですか~良さそうですね
我が家では「日本の名湯」とか「PH9のアルカリ温泉」の元とかも使って楽しんでいます
ボイラーは追い炊き付きは管体がNGなので給湯専用です

ミーさん、

やっぱり地元の方でもちちやのお饅頭なのですね。 少し安心しました。関乃湯の近くに松むら饅頭がありますね。よく街頭でタダで配っていましたが今でもやっているのかな。やはり饅頭は味で勝負してもらいたいですよね。

ライフスタイルの中に草津温泉が深く関わっているってのがすごい。地の利があるのは強いですよね。わたくしなぞ往復600Km近く走らないと行き着けないというのがつらいところです。
ミーさんのように深夜、白旗の湯の横に車で乗り付けてお風呂を独り占めするなんてことは願っても出来ない事です。素朴にうらやましい。

> 芯からあったまる温泉。

激しく同意します (^^)/

花の五六八さん、

> この辺では蔵王温泉が最高です

蔵王温泉も硫黄びんびんでいい温泉ですよね。以前、温泉街にある外湯に入りましたがここのお湯も効きました。私も大好きです。

> 我が家では「日本の名湯」とか「PH9のアルカリ温泉」の元とかも使って楽しんでいます

おぉ、なにげに入浴剤には凝っていらっしゃるご様子。なかなかの通と見ました。

> ボイラーは追い炊き付きは管体がNGなので給湯専用です

知りませんでした。追い焚き管は銅管ペアチューブの強制循環だったらパイプを痛めてしまうのでしょうかね。我が家はマンションなので釜室を見てみたら鞘管ヘッダー工法のポリ管で給湯して、追い焚きも同様にポリ管でしているようなのであまり気にせずやっています。
気にしてやるとお釜の寿命もまた変わってくるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/63237589

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉に浸かれば明日が見える:

« 雪の女王とツーショット | トップページ | 独り占めのスキー »