« さらば兵式飯盒 | トップページ | 陸上自衛隊の桜まつり »

2016年4月 1日 (金)

ナイゼン導入

Naizen1

アイゼンではなくナイゼンです
  

これがなかなか優れものなのです
  

 

  
この簡易スパイクはアイゼンを出すまでもない積雪状況下で、下山時のちょっとした滑り止め程度の用途に使います。似たような物は以前より持っていたのですが、このピンがまたよく飛んで無くなってしまう。先日の丹沢山 でも気を付けていてもやはりピンをひとつ無くしてしまいました。

Pin

これは構造上の問題が明白で、スパイクピンをひとつひとつ個別にゴムラバーの穴に止めているために、スパイクピンに横応力が掛かるとゴムが広がってピンが抜けてしまうという結果になる。これでは山では使い物になりません・・・ってモノはそもそも山用途の製品ではないんですけどもね。

ネット通販全盛のこの頃ですが、カタログ通販大手、セシールから分厚いカタログがちょくちょく届く。カミサンのお買い物の友ですな。ぱらぱらめくっていて目に付いたのがこれ 。速攻でカミサンに注文をお願いしました。

Naizen2

Naizen3

Naizen4
これ、なにが良いかというとスパイクピンは個別でなくプレートから生えているのでピンが飛んでしまう心配が無い。この差は大きい。試しに登山靴に装着してみるとなかなか良い感じ。私の登山靴ももう靴底がだいぶすり減っているので柔らかい雪でもグリップが怪しい状態。このスノースパイクは残雪残るこの時期のお山には重宝しそうです。

« さらば兵式飯盒 | トップページ | 陸上自衛隊の桜まつり »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/63426561

この記事へのトラックバック一覧です: ナイゼン導入:

« さらば兵式飯盒 | トップページ | 陸上自衛隊の桜まつり »