« ナイゼン導入 | トップページ | 豪快こいのぼり »

2016年4月 2日 (土)

陸上自衛隊の桜まつり

Norakuro_2のらくろに会ってきました
 

なかなか興味深いお祭りでしたよ
  

  
粘土細工ののらくろです。階級章から上等兵時代の姿ですね。 (すいません、星の背面の銀筋を見落としていました。これは曹長時代の姿です) 田河水泡先生作の「のらくろ」は復刻本を小学校の図書室で見掛けて面白く読んだ記憶があります。子供向けのコミックの走りだったのでしょうが、戦中という時代を反映した興味深い物語でした。

三浦半島にある陸上自衛隊久里浜駐屯地は日本でいちばんの歴史を持つ駐屯地なのだそうです。そこで毎年行われる桜まつりに初めて寄らせてもらいました。

Chutonchi_2

Sakura

Tunami愛想の良い門番さんにご挨拶して施設に入れてもらいます。桜は八部咲きって感じでしょうかね。きれいに咲き誇ってはおりますが、桜そのものはそう珍しいものでもありません。実は目的は別にあったりするのです。
一般開放された地区まで歩きます。建物には津波の際のマーカーが打ってあります。東北の大津波では海岸沿いにある自衛隊施設も大きな損害を受けました。ここも海は近い。避難時における必要高度の目安となるのでしょうね。

Musenki1

Musenki2

Musenki3目的はこれ。歴史的な無線機の数々です。歴史館という建屋で旧陸軍・海軍で使用された通信機材や米軍、ソ連軍の通信機材を展示してあるのです。久里浜自衛隊は通信部隊なのでこの種のコレクションが豊富ですが、こんな機会でないと一般人が見る事ができません。歴代の無線機の数々はアマチュア無線をかじった者として血が騒ぐものがあります。

上真ん中の画像は説明書きが無かったですが、周波数可変の自励発信ユニットではないかと思いました。水晶発振子が実用となる前の時代、中波から短波までカバーするユニットはなかなか斬新。これをとっかえひっかえして無線機の周波数を可変させていたのですねぇ。刻印を見ると長波ではAMラジオより低い50KHzから、短波では20MHzくらいまでは使っていたようです。これだけ波長が長いとアンテナ設置も大変だったことでしょう。

テレビや映画 でおなじみの米軍の無線電話もありましたよ。チェックメイトキングツーの時代ですね。AMの無線電話ですが、電池が無線機の大きさの半分を占めているようですね。

Musenki4

現代に至るまでの自衛隊の通信機も並べられています。無線通信は戦略上部隊運用の基本です。通信も届けばいい的な時代からデジタル通信となって秘匿性も高まりました。モールス通信が廃れた今、音声通信だけでなく各種データ通信も盛んです。この辺は民生用機器も同じですが、軍用品ではまた違った仕様があるでしょうね。なかなか興味深く見る事ができました。

Daily1

Daily2

Bousuifukuro1
今回はPXでも自由に買い物ができるので寄らせてもらいましょう。山崎デイリーストアの看板が掛かっているもののちょっと雰囲気が普通と違う。中はもっと違うんですな。コンビニ商品と共に陸上自衛隊グッズがてんこ盛り。どれもが迷彩柄かオリーブドラブのグリーンカラー。自衛隊のPXなんだから当然と言えば当然ですな。

Bousuifukuro2
私が買ってきたのがこれ。戦闘防水処置袋なるもの。いかにもそれっぽい箱色をしていますが中身はジップロックみたいなものです。でも中身の袋カラーもそれっぽい。こりゃおもしろいです。

さて我が方もこの袋にグッズを詰め込んで、カミサンとの小遣い減額要求に対する防戦に備えようと思いますです。

« ナイゼン導入 | トップページ | 豪快こいのぼり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すっかりご無沙汰してます。
春になりましたねえ。駐屯所で花見って言うのがマニアック( ^ω^ )
自衛隊の無線機の変遷が見られるなんてのがますますマニアックです。
解る人には解る。あんな所がそんな風に使われ、時代とともにこうなったかあ!的な。
その変遷に時の流れと供に時代背景が蘇ってきたりしますよね。萌えポイントも沢山有ったのでしょう。
私もこの週末に仕事関係ですがそんな時間の流れに乗ってきました。よかったです。
OD色のチャック付き袋。食べ物入れる雰囲気ではないですが、彼らにとっては関係ないでしょうねえ。
お小遣い戦線はどこも状況は似てますねえ。私には名指揮官がいないので防戦のみで成果は上がりません。

ノブさん、しばらくでございます。

自衛隊のの無線機コレクションですが、多分予備知識が無くっても面白い展示ではないかと思います。これが1年に1回しか一般には公開されないんですよね、なかなか貴重な機会でした。

> 私もこの週末に仕事関係ですがそんな時間の流れに乗ってきました。よかったです。

記事拝見しました。優秀な方は会社もしっかりと見て評価をしているということですね。私の職場では身を粉にして働いても評価給があるわけでもなし、アメリカ的な個人主義が趨勢をなしているので職員旅行みたいなものも無いです。その意味ではつまらない職場です。

ジップロックはオリーブドラブが箱だけだったらネタで終わりましたが、袋までその色とは恐れ入りました。食べ物は入れられそうにないですが、散弾のタマなんぞ入れたらさまになりそうです。って雨の日は出猟しませんが・・

景気浮揚に逆行する小遣い減額に対する春闘はすでに始まっています。戦火を切る前に外交的努力を惜しまず話し合い解決を目指します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/63431104

この記事へのトラックバック一覧です: 陸上自衛隊の桜まつり:

« ナイゼン導入 | トップページ | 豪快こいのぼり »