« Xperia Z3 CompactにAndroid 6.0 (root付き) | トップページ | ベビーカラス »

2016年5月10日 (火)

富田 勲氏 逝く

Artist

訃報に接して改めて
 
 
彼の偉大さをかみしめました
  

  
先日、日本のシンセサイザー音楽の先駆者であった富田勲氏が没しました。彼の足跡はマスコミで報じられているとおりですが、クラッシックのアレンジにとどまらずNHKのTV番組「新日本紀行」 や「明日への記録」のテーマ音楽など、当時小僧だった私の感性にもシンクロするすばらしい楽曲を数多く残されました。

以前に買い求めた一枚の30cmLPレコードがありました。お気に入りだったので保管してあるとずっと思っていたのですが見当たらない。また時間を見て探そうと思う。

Planets_2

アルバムアートはこんな感じ。今でいうSFアニメ風のジャケットデザインですが、ホルスト「惑星」を氏がシンセサイザーでアレンジした作品 。当時小遣いはたいて買い求め、それこそ擦り切れるほど聴きました。このLPを安物レコードプレーヤーに乗せ、目をつむりヘッドフォンをかぶり自分だけの宇宙にひたることのできることに喜びを感じたものです。

まだシンセサイザーが効果音として楽曲のわき役としてデビューした頃のこと。彼はこれのみでクラッシックの楽曲をオーケストライズし新しい音楽ジャンルを作り上げました。ノイズジェネレーターを巧みに操りながらも、当時まだトラックダウンしてマスターをテープ編集すると言うシステムゆえの制約か、ミキシングの複雑さがあまり感じられません。でもホルストの宇宙観を富田流にアレンジしたその広がりは、子供心にも大きく響くものがありました。
手持ちのカラヤン指揮ウィーンフィルの演奏する "THE PLANETS"と聴き比べても遜色が無い。歴史に残るオーケストラに勝るとも劣らない作品であったと言えるでしょう。

訃報が引き金になり当時の記憶が蘇ってきました。ぜひこのレコード見つけ出し再生して、その頃のピュアな感性を思い起こしてみたいものです。

« Xperia Z3 CompactにAndroid 6.0 (root付き) | トップページ | ベビーカラス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

学生時代にシンセサイザー音楽の世界を教えてくれたのが富田さんでした。
私もFibyさん同様目をつむってヘッドホンで聞きその世界に身を委ねた記憶が有ります。
シンセ独特の表現、広がりにある意味興奮をしましたね。
しかしシンセサウンドだけではなく、多くの番組テーマ音楽など手がけておられたのを知ったのは、そのずっと後。どれも味わいのある曲作りで、永遠の名曲とも言えるかもしれませんね。
私も今一度YouTubeではありますが、聞きながら冥福をお祈り申し上げます。

私も富田勲のLPレコードを持っています
ムソルグスキーの組曲、展覧会の絵です。
A面の初めプロムナードからB面の終わりキエフの大門までスレ切れるほど聞きました。
もう40年位前に買ったレコードです。

ノブさん、
おぉ、ノブさんも富田勲世代なのですね。効果音を作る機械でクラッシック音楽を作ってしまうだけで驚きの世界でしたよね。
彼はクラッシック楽曲のアレンジだけでなく色々と手がけてましたよね。実はそんな音楽を集めたCDも持っているのですが、ジャングル大帝やリボンの騎士みたいなアニメの主題歌やNHK大河のテーマ音楽など電子音楽以外の作品も素敵でした。

ある種の音楽には魂を揺さぶるような鼓動がありますよね。まさに彼の作品にはそれが備わっていたのだと思います。

なんとか押し入れの秘境の中からLPを見つけ出したいです。

花の五六八さん、
富田の展覧会の絵ですか。惑星のひとつ前の作品ですね。当時レコード屋でどっちを買おうか悩んで惑星にしたという記憶があります。当時の小遣いでは2枚はとても買えなかったのでしょう。
ムソルグスキーの楽曲はシンセのアレンジにぴったりの作風ですものね。私には満足な再生環境が無かったのでヘッドフォン派でしたが、花の五六八さんのところのオーディオセットで聴くとまたすばらしいことでしょうね。
今ではパソコンで出来てしまう電子音楽ですが当時は大変な苦労をしてプログラムをしたのでしょう。

彼の足跡は歴史に刻まれて語り継がれる事と思います。

冨田勲さんのレコード聴いてみたいです!
是非是非探し出して聴かせて下さい。

実は以前取材撮影させていただいた事があります、
とても人間的に大きな人で人格者でした。
そても笑顔の素敵な方で、その時撮影した写真は
自分でもお気に入りです、Fibyさんにも是非見ていただきたいです。
レコード持って遊びにいらして下さいm(_ _)m

きみちゃん、

どっひゃぁです。生富田氏とお話をされたことがあるとはさすが業界人。ちょっと見には天才肌で気むずかしそうな方に写りますが、その実はやはり人格者って感じなのですね。

写真もお持ちだとの事で是非拝見したいですねぇ。前回の捜索の際に30cmのレーザーディスクの束は見つかりましたがLPは見つからなかったんです。
なんとか探し出して持参させていただき、拝聴したいものです。

発掘されたのはレーザーディスクですか!!
先日Prince死去のニュースを見て探して出てきたのはレーザーディスクでした。プレイヤーがまだ使えて観れたのが幸いでしたけど・・・

レコード探して是非遊びにいらして下さい、お待ちしております。
あ!僕は業界人ではありませんです(汗)

きみちゃん、
レーザーディスクはけっこう出てきました。ボクはプリンスは持って無かったですがピンクフロイドは好きだったので何枚か残っていました。
LDドライブのような駆動系にゴムベルトを多用している精密機器は、長年動く状態を維持するってのは大変ではないですか?
ボクはパイオニアとSONYのを持っていましたが、いずれもだいぶ前におしゃかとなりました。

ちょっとアクシデントがあって3食まかない付きの別荘へ1週間ほど行く事になりました。ブログも少しお休みしますがよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/63609774

この記事へのトラックバック一覧です: 富田 勲氏 逝く:

« Xperia Z3 CompactにAndroid 6.0 (root付き) | トップページ | ベビーカラス »