« エベレスト盛りカレー 2017 | トップページ | 車が少し大きくなりました »

2017年2月 3日 (金)

音楽の力 その2 (宝島編)

Portable_music1

知れぬパワーを
  

最近ひしひしと感じます
  

 

  
過去音楽の再生環境をあまり気にしていなかった訳でもありません。TPOにマッチして感性にシンクロした音楽は人の心を揺さぶってくれますよね。時は流れ音楽再生もデジタルの時代になり環境も様変わりしてきました。ポータブルオーディオデバイスやMP3再生機能を含むスマホが広く普及し、音楽を気軽にお外へ持ち出せるようになって久しいです。

Walkman1

昨年安いMP3プレーヤー を手に入れ、もっぱらジムでの筋トレや有酸素運動時にお気に入りの楽曲を突っ込んでは聞いておりました。音楽無しでやっていた当時と比べて運動量が格段に増え、疲労度も全然違うことに気が付くのにさほど時間は掛かりませんでしたね。ランニングマシンを使うとき、曲と走りのテンポがシンクロすると延々と同じペースで走ることができる。こりゃすごい。BPM181 なんていう早いリズムの8ビートで奏でられる曲はダッシュするピッチにちょうどいい。音楽にパワーを貰うってこんなことなのかもしれませんね。

箱根駅伝の選手にBluetoothイヤホンを付けてもらい、伴走車から音楽を飛ばしたらたぶん区間新記録続出でないかと思う (^^;

既存の再生環境も頻繁に使っているともう少しいい音になるんじゃないかという欲が出てくる。もちろんハイレゾなんていうジャンルもあるし再生機もお金を出せばいいものはいくらでもあります。手に入れられる範囲で狙うならば、やっぱりこの手の元祖であるSONYウォークマンであります。近所にある大規模電気店のバーゲンで、1万円ぽっきりで4GBモデルが出ていたので思わずゲット。搭載メモリー容量がちょいと少ないけれど懐具合と相談して我慢。

Players_2今まで使っていた3000円の中華ポータブルMP3プレーヤーと並べてみると外見は似ているけどよく見ればその差は明らか。やはり液晶表示品質とプロセッサの処理能力の差は価格に比例している。最低価格のモデルとはいってもやっぱり天下のウォークマンです。

量販機種だけに情報も豊富で、イコライザー設定ひとつをとってもこんなに情報 がある。イコライザー曲線ってなめらかなカーブを描いて設定しなければならないものだとずっと勘違いしていましたが、設定情報を参考にしながら調整したらまぁ見違えるほどにリアリティがアップぅ。ひとつ勉強しました。
ノイズキャンセリングイヤホンが付属で、これだけでも5000円くらいの価値はあるのではと思う。これのおかげで周囲雑音が危険なくらいに消えてしまう。すごいものです。

Sp

なにげにBluetoothも内蔵している。通販で格安の防滴Bluetoothスピーカー も手に入れましたよ。こいつはむちゃくちゃ安いのにそこそこ鳴る。お風呂場の脱衣所にウォークマンを置いといてBluetoothで飛ばして湯船に浸かりながらお気に入りの音楽でリラックスたぁ~ぃむ。こんなことも実は夢だったのですが一挙に実現しました。なにげに嬉しいっす。

ちなみに宝島はT-SQUARE(THE SQUARE)のオリジナル も好きですが、故真島俊夫先生が編曲した吹奏楽版がまたすばらしい。オリジナルのフュージョンそのものっていう作風をラテンテイストの軽快な楽曲にアレンジしてくれています。この動画 は私のお気に入り。こんなに魅力的な指揮もされるんですよね。数々のすばらしい作曲・編曲を手掛けた氏も昨年没しました。大変残念なことです。

この宝島、中高生の吹奏楽部ではもはや定番ともなっていますね。YouTubeでサーチを掛けると沢山の学生バンドの動画 が出てきます。どの動画も楽しく演奏する学生さんたちの姿がとっても素敵です。
屋外演奏ではけっこう工夫を凝らして動くバンド もあって見ていて楽しい。←の動画ではサックスソロの時、飛び入り参加の2歳くらいの女の子が踊る姿が愛らしい。子供もそんな気にさせてくれるメロディーなんですよね。ぐわんぐわんと楽器を振り回していますが、宝島を見つけに船を漕ぐ的なパフォーマンスなのでしょうね。これでちゃんと音を出しているんだから立派。いいぞぉ県立柏南高。柏市の高校吹奏楽はイチカシ(市立柏高)だけじゃないんだぜというところを見せてくれました。

Tb

我が家の娘も商店街の野外イベント演奏でやっていた。宝島をトロンボーンで吹きながらスイングしていたのを思い出します。演じる側も観る側も肩を張らずに楽しめる素敵な曲なひとつです。

いまさらながら音楽って普段の生活をより豊かに、より深くしてくれる小道具のひとつであると再認識。いつまでたっても懐は豊かにならないので、せめて気持ちの持ちようだけでもと思ふこの頃・・・

« エベレスト盛りカレー 2017 | トップページ | 車が少し大きくなりました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

まさに NO MUSIC NO LIFE ですね!

自分はすっかりアナログ逆戻りして
部屋ではレコードばかり聴いてます。

君ちゃん、お久しぶりです。

どっぷりとアナログデバイスに浸かっているご様子。それもまた素敵です。
レコード盤ブームと共に、最近ではカセットテープがまた復権したんだとか。ノスタルジーの一言ではくくれないほどアナログ機器の世界って深いですよね。

確か押入れに有ったと記憶していたLPレコードがどうしても見つかりません。30cmレーザーディスクはけっこう出てきたのですが・・・もしかしたら処分してしまったのかもしれません。
残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/64847333

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の力 その2 (宝島編):

« エベレスト盛りカレー 2017 | トップページ | 車が少し大きくなりました »