« 富士山パン | トップページ | ヒヨドリの焼き鳥 »

2017年2月11日 (土)

里山で焼き鳥のネタ探し

Hatake里山の夜明け
 

張りつめた空気が染みてきます
 
 

 

  
滅多に降らない雪が関東南部でもいくらか積もりました。週末と重なったこんな好機には焼き鳥のネタを探しに里山へ出掛けます。

Kawa_2

とりあえずなにもいません。ここは雪さえ積もればキジバトが1時間で片手 はかたいというところだったのですが、昨年から勝手が違ってきました。理由はわからないのですがやっぱり鳥と名の付くものの絶対数が明らかに減っている気がします。1時間ほど寒い中うろうろして影も見えないのでさっさと撤退。川沿いを覗いてみました。カモさんもいない、いるのは鵜ばかりなり。

Hiyos

Sunagimo

Hiyomune

見切りをつけてちょっと離れたミカン畑へ移動します。ヒヨドリだったら居るだろうと甘い期待。今回はミカン畑に隣接する止まり木になりやすい雑木林で狙います。7羽落として6羽回収。まぁビールの友にする焼き鳥にはこれで十分。

この時期のヒヨドリはうまいんです。スナギモを割ってみると砂ならぬミカンの皮がごってり出てくる。ビタミンCをいっぱい摂取したお肉は上等です。さらに寒いと脂もたっぷり乗っていて皮に脂肪を溜め込んでいる。キッチンバサミでさばいていると脂でギトギトになるくらい。これはうまそうだ。

2月15日で猟期も終わります。昨年にも増して獲れなかった。来年は根本的に考えを変えなければいけないかもです。

« 富士山パン | トップページ | ヒヨドリの焼き鳥 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

みかんを食った鳥肉ってどんな味がするんだろう?
私は今猟期はさっぱり出かけませんでした。
朝、会社に出勤する時に駐車場に雉さんが遊んでるんですけど・・・
釣り糸で輪でも仕掛けようかな?いやいや、猫が掛かって大変な事になります(笑)
車で5分も走れば最高の猟場が有るのに出かけないなんで、モッタイナくて怒られそうです。

花の五六八さん、

スナギモの中身はあふれんばかりのミカンの皮でした。その味はミカン味・・・ってなわけでもないですが、なんだか普段よりマイルドなお味に感じます。脂もたっぷり乗っていますのでうまいですよ。今晩焼き鳥にしようと思います。

おぉ、キジさんいますか。ここ数年姿も鳴き声も聞きません。こっちのキジはどこへいっちまったんだろ。ついでに去年からキジバトもいないんですよ。

駆除を担当される方々は1年中猟期みたいなものですから余裕があるのでしょうか。でもちょっとうらやましかったりして・・・
私のところのように鳥1羽獲るために100Kmの道のりを往復しなければならない土地柄だとボウズのときはけっこう悲しいものがあります。

私が花の五六八さんの土地に住んだら猟期中は毎週出撃しちゃいますよぉ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/64880143

この記事へのトラックバック一覧です: 里山で焼き鳥のネタ探し:

« 富士山パン | トップページ | ヒヨドリの焼き鳥 »