« 音楽の力 その2 (宝島編) | トップページ | 応募写真落選作品展 »

2017年2月 7日 (火)

車が少し大きくなりました

Fit今度はこいつです
  

ハイブリッドじゃないんですがね
  

 

  
昨年末に自家用車を替えました。ワゴンRスティングレーも良く走ってくれましたが、まだ走行6万キロ程度なのにちとガタが来ていました。きっかけとなったのはAピラーフレームの貼り合わせ部分からショックを受けると出てくる異音が自前では直せなかったこと。内装異音は対策ができたけれどこれだけはだめだった。音の発生部位はAピラーに補強プレートを接着剤で貼り合わせてある箇所とまでは分かった。この手の音は性能には特に影響しないので気にしなければいいのですが耳に付くと気になるもの。

Yousetsu

この前に乗っていたトヨタ車(WISH)ではスポット溶接をしてあった箇所です。スズキ的には接着剤でも強度は問題ないということなのでしょうね。ただ修理加工のためにそこへアクセスするにはダッシュボードを全てばらさなければならない。よく見ればこの軽自動車、けっこうフレームに関わるノリ付け箇所が多いです。全部が全部とは言えませんがやっぱり軽のボディは弱いのかな。軽自動車の法定償却年数は4年ですものね。

それとずっと気になっていたのが衝突安全性能。YouTubeにもいっぱい載っていますがクラッシュテストの動画を見ると怖いものがある。ワゴンRの側面衝突試験では確実に首の骨が折れてますね。フィットにはサイドエアバッグとカーテンエアバッグが付いているので同様の試験 でも首は大丈夫そうだ(試験得点は100点の満点評価)

Goods3

フィット良さそうだなと思い、はるか昔に世話になったことのあったホンダの車屋さんへひやかしに。
ちょうど歳末ボーナス商戦前の売れない時期だったのか歓迎感が半端無かった。試乗車はどこでもいいから好きなだけ走ってきてくれと言って渡されるし、カミサンを説得するのに販促グッズがあったらいいなと頼むと、こんなにいっぱい袋に詰めてくれて渡された (^^; 

やたらに遠出が多かったために過走行距離状態だった下取り車価格と値引きも思ったよりいけました。フィットは半年以内にマイナーチェンジが控えているので売る側にも売りたい事情があったのでしょうね。実はワゴンRもフルモデルチェンジが間近だったので、こちらも下取りに出すタイミング的なメリットもあった。ここでWinWinの関係が成立。

下取り車の新車時購入価格から今回の下取り価格を差し引いたものを単純に原価償却分だとすると、所有期間における月々の償却額は2万円を大きく割り込む。法人のように経費で落とせない個人にとってこれはかなり優秀な数字だと思う。月々1万円台でレンタカーを.借りていたのと同じ出費で済んでいた計算になる。リセールバリューのある人気車の人気色を買っておくとそれなりのメリットもあるようです。

Car3

例によってフロアマットも付けない素の状態で納車してもらい必要なものは後から全て自前で用意して取り付けました。カーナビ、ETC、ドラレコなどは前車からの移植。儲からない客だったと思いますが納車時にはミニカーのおまけと3000円のクオカードまでいただいて満足の巻。

ホンダ車は久しぶり。5000Kmほど走っていまのところ調子いいです。軽と小型車の違いはあるにせよ、自分でいじくり回すと製造元のコンセプトがどれだけ違うかということが良く分かる。軽ターボ車と価格は同じくらいなのに小型車フィットの質感の高さが際立っています。逆に言うと今の軽自動車の値付けは高すぎるんじゃないかとも感じる。

以前にどこぞの自動車評論家が言っていた言葉。
「自家用車を1台持つのなら冠婚葬祭に乗って行ける車を持ちなさい」

その時は余計なお世話だと思いましたが、あながち間違ってはいないかも。つい先日葬儀に出席して早速実感。
あこがれの3ナンバーは今回もスルーですが、我が家の冠婚葬祭用の、また唯一無二の足としてこの車にはしばらくは活躍してもらうとします。

« 音楽の力 その2 (宝島編) | トップページ | 応募写真落選作品展 »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

本田のFITでしょうか?
車体価格、対応年数、燃費など総合的に考慮すると良いと思います
高級車なみの高い装備を付けて割高な軽は、いくら税金が安くてもとが取れませんよね
私は低年式の中古車派です(笑^¥

花の五六八さん、

そうです本田のFITです。
ユーザーが求める要求の全てをかなえる車は無いと思いますが、高い次元で私の要求を少なからず満たした車であるとは言えるかもです。おっしゃるとおり総合的に判断するとベターな選択だったかなとは思っています。良い時期だったのか持ち出しも少なくて済みました。

> 高級車なみの高い装備を付けて割高な軽は、いくら税金が安くてもとが取れませんよね

いまや普通に200万円を超える軽自動車があるのだから驚きます。毎年の税金と有料道路代が安いのは有りがたかったですが、6万キロ程度の走行でボディがくたびれてしまうのは困ります。
花の五六八さんの持つクロカン車ほどとは言いませんが、車両の剛性は確保したいところなのです。FITは剛性感があって、かちっと作ってあるなという印象です。燃費も軽並みに走りますよ。長野まで往復600Km走って24Km/Lくらいだったのには正直驚きました。

たぶんそちらの中古車の値段で私の新車が2台買えます (^^; まぁこれでもスキーや狩猟にも行けますのでよしとします。これから少しづついじくっていきたいと思いますです。


いいなあ〜新車かあ〜。 FIT、さっきテレビでコマーシャルやってました。今トレンドの誤発進防止やレーンはみ出し警告等、年寄りの私には魅力的にも思えます^^;
車の性能そのものを気にしなくなって幾久しいです。多分価値観を持って見る意識がなくなったからかもしれません。Fibyさんが軽からの乗り換えをされるのは、意識があるからでしょう。その気持ちの方が今の私から見て羨ましい。冒頭のいいなあ〜は車もそうですが、そちらのことかもしれません。
今は使い方やライフスタイルから天秤にかけて私の買い替えは様子見です。アクティブなFibyさんには今回のチョイスは吉ですね。
2シーター ライトウェイトのオープンカーを買ったぜ!ってな人生を目指すか!^^v

ノブさん、

FITはもうすぐマイナーチェンジのはずなのですが、けっこう夜のゴールデンアワーにCMを打っていますよね。まだまだ売る気のようです。
新車を買えたのもそんな時期だからこその大幅値引きとびっくり下取り価格があったからです。よくぞそんな値段が出たなっていうくらい。おかげでカミサンを説得することができました。

一番良かったなと思うのはサイドエアバッグとカーテンエアバッグが付いたこと。ドライバーや同乗者の安全を考えるとどうしても欲しかった。車をくしゃくしゃにするような事故はまだ起こしたことはありませんが、住宅ローンのためにもまだ死ぬわけにはいきません。

私は無計画な人間ですが、ノブさんは近い将来にライフスタイルを大きく変更しなければならないという予定がすでに視野に入っていることと拝察します。そのライフスタイルの中にあって自家用車の存在が希薄となるならば、あえて持たないのも選択肢ですよね。

マンションの駐車場工事の関係で1年近く車なしの生活を送りましたが、近年の人生の中では新鮮な期間でした。

> 2シーター ライトウェイトのオープンカーを買ったぜ!ってな人生を目指すか!^^v

ノブさんは終局的にそんな路線に行きそうです。私のあこがれは庶民的に3ナンバー車ってところです。なんか小さいなぁ・・・(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/64856674

この記事へのトラックバック一覧です: 車が少し大きくなりました:

« 音楽の力 その2 (宝島編) | トップページ | 応募写真落選作品展 »