« 春まだ遠い丹沢山 | トップページ | 箱根の野湯を発見、しかし・・・ »

2017年3月28日 (火)

Android 6.0.1 ドコモROM368でroot

Screenshot_368368にアップデートしました
   

でも代わり映えしませんなぁ
   

 

 
ドコモROMのXperia Z3 compact SO-02GにもAndroid6.0.1のアップデート版23.5.B.0.368ってのが降ってきました。前が303ですので大して変わってないのでしょうね。特段303でも現状不具合はないのですが、もうこの先はZ3cのファームアップデートは見込めないので最後の機会だからと遅ればせながら持ち上げてみました。

368ベースのPrerooted.zipを作ってTWRPでインストールします。以前の303ベースのものをMediaFireに上げておいたら1500ものダウンロード数をカウントしてびっくり。意外に皆さんに使われているというご愛顧に感謝して368ベースのprerooted.zip も置いておきます。ただし1.83GBもありますのでダウンロードに気合が必要ですよ。
A4のSO-04G_23.5.B.0.368_1296-2804_R14D.ftfを持っているのならダウンロードするより自分で作ってしまった方が早いかもですが・・・

すでに303環境でrootを取得できているのなら、MicroSDの任意のフォルダに上記のprerooted368.zipを置いて構わずTWRPで上書きインストール。その後TWRPのWipeメニューからAdvanced Wipeに入りDalvik/ART CacheとCacheにチェックマークを入れてWipe後にRebootするだけでアップデートは終わり。改めてrootを取る必要もなし。環境も一部を除いてそのまま残りますので設定を1からやり直す面倒もありません。そのままでも使えますが以下の件についてはインスト後にやっておいた方がいいかもです。

1. MVNOユーザーはGPSconfの国内サーバーへの書換 面倒だと言う方は こちらの記事 にリンクしてあるinstall.zipが使えます。

2. Build.propに必要事項記述編集(機種名編集、マルチウィンドウ有効化)
以下のようにBuild.propの値を書き換えます。

ro.somc.omadm.modelname=SO0000002G000000
ro.semc.ms_type_id=PM-0813-BV
ro.semc.product.name=Xperia Z3 Compact
ro.semc.product.device=D58
ro.product.model=SO-02G
ro.build.type=userdebug

3. お気に入りのBootanimation 等の書き戻し。

4、Xposedを利用しているのならinstall.zipをTWRPで再インストールして有効化
xposed-v87-sdk23-arm.zip をTWRPでインストールする。

Zzz_sleep

私の場合はこの程度で以前と変わらぬ環境にさくっと戻りました。368は303と比べて良くも悪くも変化は感じません。まぁ気持ちの問題ですな。その変化の無さに寝落ちしそう・・・

XperiaZ3cもメジャーアップデートは打ち切られ、Android7.0の夢はついえました。あとはいつまで現役を張っていられるかというところ。いまのところあまり興味の湧く新しい端末も無いので現状でがんばってもらいたいところです。

« 春まだ遠い丹沢山 | トップページ | 箱根の野湯を発見、しかし・・・ »

GPS・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/65078742

この記事へのトラックバック一覧です: Android 6.0.1 ドコモROM368でroot:

« 春まだ遠い丹沢山 | トップページ | 箱根の野湯を発見、しかし・・・ »