« クッキーダンス | トップページ | テールランプそっくり取替え »

2017年5月 1日 (月)

4月の富士登山 2017

Gogoume2017_2今年は雪が多いです
  

毎年違う顔を持つ富士山です
  

ちょっと間が空きました。まぁブログの更新が無いときは九分九厘仕事で煮詰まっている時。単細胞はなかなかその辺の切り替えができません。そこで思い切って富士山へ登って気持ちを切り替えようと考えました。

Gogoume2016

昨年は3度目の挑戦で4月の初登頂 を果たしました。奇しくもその日は今回のトライと同じく4月30日。でも今年はちょっと様子が違う。昨年に比べて明らかに雪が多いです。右の画像はちょうど1年前の様子。少なくとも五合目にはまったく雪は無かったですが今年はこんもりと。五合目取り付け道路まで積雪があって、こいつが凍結して朝はカリカリの状態。ずるずると滑りながらも駐車場にたどり着きました。富士山の春はとほい。これは前途多難な雰囲気ぷんぷんです。

Kanban

Rokugou1

Rokugou2
4月も最後だというのに前日に降雪があったようです。さらに気温が下がったので雪が硬い。蹴り込まないとアイゼンが刺さりません。五合目六合目からこの調子では先が思いやられます。このゴールデンウィークに富士山を狙っている皆様、覚悟してお出掛け下さいね。

Sekkun

Tekateka

Kyugou
風はありますがいい天気です。その昔、雪の富士山で日焼け止めを忘れて顔が真っ赤に腫れ上がった経験からUV対策は抜かりなく (^^)v でも今回はリップクリームを忘れて唇が腫れ上がりましたが・・・

振り返ると4人のパーティが雪訓をやっていてリーダーの掛け声で耐風姿勢を取らせていました。この耐風姿勢訓練、富士山ではとってもとっても大切なんです。
雪面が一部てかてかです。こんなところで風にあおられて転倒でもしたら際限なく麓まで運んでいってくれますね。

雪が硬いのでともかく疲れる。せっせと歩みを進めて九合小屋を通過。しっかりと埋まっておりました。

Kyuugougoshaku

Sanchou

Shiri_2
なんとか九合五尺へ到着。山頂の鳥居が見えます。あともう少しなのですが・・・例によって猛烈な風が吹いております。富士の宮口山頂直下には風の通り道があって、気圧の具合によっては突風が吹き荒れます。そうすると7.5号散弾のショットコロンみたいな雪の粒が大挙してやってきて苦労します。中にはバックショット(鹿・猪用の大粒の散弾)クラスのやつが混じっていて、そんなのがぼこぼことヘルメットに当たると生きた心地がしませんな。

腕に自信のあるの方々が山頂へ向かって行きましたが私はここで仕舞いにします。以前ここで滑落者を見て いるのでその怖さも理解しています。また、御殿場口七合五勺で強風のため登頂を断念し戻ったその日、山頂で2人が吹き飛ばされて亡くなった みたいなこともありました。山頂はもうそこに見えているのですが、住宅ローンのことを考えると無理はできません。私も大人になったもんだ。

帰りはシリセードで楽チンに帰ります。ただ調子に乗りすぎてスピード過多でバランスを崩し、アイゼンの歯でスパッツに大穴を開けてしまうという大失敗。我が財産目録の中でも合羽と並んで唯一のゴアテ製品だったのでがっくりです。カミサンに縫ってもらわなきゃ。

Gps_log

山頂には届かなかったけどエネルギーを発散させて満足です。どうも私は定期的に体力極限に届くようなことをしないとだめなタチなのかもしれない。単細胞は次の発散に向けてGWもせっせとお仕事に精を出すのであります。

« クッキーダンス | トップページ | テールランプそっくり取替え »

富士山」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
引き返すのは淋しくて無念でしたでしょうが、無事に帰れれば又来られますからね、お若いから。
ところで、岩場以外でもヘルメットを着用しているのですか、冬とはいえ蒸れそうですが。

クラウドさん、お久しぶりです。お元気でいらっしゃいましたか?私は相変わらずこんなことを続けております。奥様の腕はもう良くなられたでしょうか。あのときは災難でしたね。私の骨折箇所も来月辺りに金具を抜きます。

おっしゃるとおり、生きていればまた来ることができますから最近はあまり無理はしないようになりました。あまり若くもないんですけどもね (^^;

> ところで、岩場以外でもヘルメットを着用しているのですか、冬とはいえ蒸れそうですが。

富士山では山頂へ向かうときにはオールシーズンでヘルメットをかぶって行くようにしています。雪の季節にはインナーを内側に入れて耳を隠しているので、マイナス10度くらいは平気です。

富士山以外ではやはり北アルプス南アルプスの3000m峰を目ざすときなどは被ります。安物ですが専用品なので夏でも蒸れた記憶はありません。最近は普通のお山でもヘルメットの装着率は上がっているようですよ。

近年ヘルメットの利用率がとても上がってきているのがスキー・スノボーです。ざっと見で50%以上の装着率に感じます。私もスキーではヘルメット100%です。最近ではスキー検定もこれ無しでは受けさせてもらえないご時勢なんですよね。

体の骨折はなんとかなっても頭の骨折は・・・と考えるとやはりヘルメットに手が伸びます。これ以上バカになってもいけませんしね (^。^)

なるほど、時代が変わったのですね。
昔々スキーに、バイク用ヘルメットを持って行ったときには、余りに注目されて、即しまいました。シードで顔がカバーされて暖かく快適だったのですが人の視線には耐えられませんでした。
買ってみようかな。

クラウドさん、

バイク用のヘルメットですとちょっとスキーには重いかもですね。スキーを題材にしたアメリカB級映画で「ホットドッグ」っていうのがありましたが、皆バイク用のヘルメットをかぶってダウンヒルをすっ飛んでいくのが痛快でした。
https://youtu.be/BeXmSFtYFcM?t=130

いまどきのスキー用のヘルメットは軽くてベンチレーションも考えられていて、耳元もしっかりカバーされているのでなかなか快適です。お値段も高級な帽子程度です。

山もスキーも自転車も今ではヘルメットがしっかり市民権を得ていますね。そんな時代なのかもしれません。クラウドさんもおひとつどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/65222689

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の富士登山 2017:

« クッキーダンス | トップページ | テールランプそっくり取替え »