« 春の便り届きました | トップページ | 日本の名峰 »

2017年6月 3日 (土)

Android 6.0.1 ドコモROM396でroot

Screenshot396

396にアップデートしました
  

でも代わり映えしませんなぁ
  

 

  
Xperia Z3 Compact SO-02Gにまたアップデートが降ってきました。396になって実際なにが変わったのかはまったく実感できません。まぁ303も368でも問題はなにもなかったのでいじくらなくても良かったのですが、こんな古い端末に対してドコモがもう無いだろうと思っていたアップデータを提供してくれたのですから、そこは敬意を表して持ち上げてあげるのが礼儀ってものですよね。

一応今回もSO-04G_23.5.B.0.396_1296-2804_R14D.ftfから作成したprerooted.zip を上げておきます。前回にも増して肥大化しており1.85GBもあります。欲しい方は気合を入れてダウンロードしてくださいね。導入についてはこの記事 を参考にしてください。

Xperia Z3 CompactもグローバルROMでさえ7.0へのアップデートの夢は断たれています。端末が元気なだけにとっても残念なことですね。恐らくこの辺がSO-02Gにとって最後のアップデータになるかも。この端末にはまだまだしっかりと働いていただきたいと思いますです。

« 春の便り届きました | トップページ | 日本の名峰 »

GPS・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

私もシステムをフルワイプ後、ソニーロゴから先にすすみません
解決方法ご存じでしたらご教示願いたいです

かわんさん、

うまくいっていない様子ですね。Z3C用のprerooted.zipは当ブログにて3つ提供させていただいています。MediaFireにあるファイル3つ合計で3800を超えるダウンロード数を現在までに数えていますが、同様のご指摘を貴殿を含め2度いただいています。

個別の環境によるところもあるのかもしれません。でもこの時期までのXperiaは簡単にftfを焼いて初期状態を復旧できるので安心していじれます。
SYSTEMをWipeするくらいですので前の環境を残すつもりがないと拝察しますのでFlashtoolでKitkatを焼いてrootを取得し、TWRPを入れてもう一度prerooted.zipをインストールしてください。この場合は引きずるものが無いのでSYSTEMのWipeは必要ありません。

Flashtoolは0.9.18.6がいいと思います。ftfはSO-02G_23.0.B.1.59_docomo.ftfが入手しやすいですね。復旧は難しくありません。がんばって下さいね。


z3cのroot化を目的に拝見しました。
小生とレベルが違いすぎるせいかもしれませんが、大まかにはsdに大きなファイルを
置いてtwrpで焼くだけ!これは簡単という
内容と理解しました。
しかしよく考えるとtwrp起動にはroot化が
必要です。rootとるのにroot化前提とは??
やや混乱しています。最初から6.0の
アンドロイドでは実施不可能と思いますが
如何?

もろさん、こんにちは。

Z3cをお持ちなのですね。日本版のXperiaシリーズでrootが取れる最後の端末ですのでお互い大事に使いたいですね。

> しかしよく考えるとTWRP起動にはroot化が
> 必要です。rootとるのにroot化前提とは??

疑問の節はよく理解できます。
恐らくはネットサーチで引っかかって見つけていただいたこの記事だと思いますが、この記事の前段にふたつばかり似たような記事があるのです。

Android 6.0.1 ドコモROMでroot
http://kamon.way-nifty.com/fiby/2016/08/android-601-rom.html

Android 6.0.1 ドコモROM368でroot
http://kamon.way-nifty.com/fiby/2017/03/android-601-rom.html

順を追って見ていただければ流れも分かるかもしれません。基本的にprerooted.zipを使うためにはTWRPがインストールされている必要であり、そのためにはrootが取れていなければならないわけで確かに理解しにくいことかもしれません。

prerooted.zipを使ったAndroidメジャーアップデートにはその時点で上記の条件があります。ですがアップデート前のAndroidバージョンは何でもいいのです。今回6.0にアップデートしますが4.0からでも5.0からでもできる。新たにrootを取得する意味合いよりこちらのメリットの方が大きいかもです。

さらにZ3cには公式にはドコモからAndroid6.0のリリースは無かったのですが姉妹機A4のftfを使ったprerooted.zipで6.0 Marshmallowにアップデートができてしまうというおまけまで付きます。

もしprerooted.zipを使わない過去におけるAndroidのメジャーアップデートとroot取得は以下の流れとなるのが普通です。

1. 該当する新しいftfを入手しFlashtoolで焼く
2. root kitを手に入れてrootを取得する
3. Super SUをインストする
4. TWRPを焼く

ricを抑えられるroot kitが手に入ったとしても最低限これだけの作業が必要になります。これが今回の場合、Z3cがAndroid4.0でも5.0でもrootが取れていてTWRPが入っているなら、ブログにリンクしてあるMediaFireからダウンロードしてTWRPでzipをインストしてもらうだけで上記の作業が一度に済んでしまうのです。これなら楽でいいですよね。

私のブログでは事細かに手順は説明していません。手順についてはもっと懇切丁寧に説明してくれるサイトが探せば沢山ありますのでそちらを参考にされた方がいいかもです。自分でprerooted.zipを作るのが面倒な場合は必要に応じて素材を当ブログのリンクより取得してください。

このprerooted.zipもトータルで2000以上のダウンロードを数えていてけっこう需要もあるのだなと感心しております。

少しは疑問は晴れたでしょうか。つたない説明で申し訳ないです。ぜひお手持ちのZ3cでrootを取得して快適なroot端末ライフを目指して下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/65365994

この記事へのトラックバック一覧です: Android 6.0.1 ドコモROM396でroot:

« 春の便り届きました | トップページ | 日本の名峰 »