« 情念燃ゆる常念岳 | トップページ | 激安スマホでびぅ »

2017年8月 7日 (月)

GPSは命をつなぐ

Saterightもはや無くてはならない存在
 

動いてくれないと困ります
   

 

 

ここ数回の山行においてどうもスマホのGPS機能の調子が悪い。このXperia Z3 compactもオークションで手に入れてかれこれ3年目。なんの不満もなく使ってきましたが、GPSで行動中のログを取ると位置情報の取得が度々できなくて即位点がふっ飛んでしまう不具合が出てきた。わたくし的にはGPSが満足に動いてくれないと大変困る。近年の山では紙地図とコンパスからおさらばして楽を決め込んだ結果、私は山ではスマホとGPSアプリに頼る体質ができてしまっている。GPS依存症ですな。

Smartphone

今はロシアのGRONASSを含めると一般が測位に使える衛星数は60個近くあることになっている。だいたいその半分が天空にあり常時10数個は位置決めに利用できる。三角測量の原理で3個の衛星が受信できていれば位置が特定でき、4個受信できれば高度も知れる。ただ精度を高く保ちたいならばできるだけ多くの衛星を受信できていないといけないのですね。

Screenshot

GPSテストアプリにて受信状態の検証をしてみた。受信開始直後は普通に動いている。5分以上経過するとどんどんと衛星信号をロストしていって精度がまったく出ていない。誤差がプラスマイナス49mだと。こりゃだめだ。

内蔵のGPSチップが劣化しているのでしょうね。アフターマーケットでなんとかGPSチップモジュールを手に入れて・・・などと考えていたら今度はスマホ画面下部にあるナビゲーションバーのタッチボタンが反応しなくなっちまった。おぉ、これが世に言うタッチ切れか。ナビバーのあたりだけタッチ入力が効かない。GPSだけの問題かと思ったらそれでは済まなくなってきた。

寿命かなぁ。複数の問題が出てくると修理する気力も失せてくる。また安い中古端末でも手に入れますかねぇ。おっとそれまでの間はどうするか先決だった・・・

« 情念燃ゆる常念岳 | トップページ | 激安スマホでびぅ »

GPS・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/65633577

この記事へのトラックバック一覧です: GPSは命をつなぐ:

« 情念燃ゆる常念岳 | トップページ | 激安スマホでびぅ »