« スマホを忘れた日 | トップページ | 北アルプス乗鞍岳を登る »

2017年9月22日 (金)

長野500円蕎麦

Soba1
国産そば粉100%
 

これで大盛り500円とは恐れ入ります
 

 

  
山行での踏み出しへ向かう途中で見つけたお蕎麦屋さん 。長野自動車道安曇野ICよりほど近いところにあります。以前に松本名物山賊焼き定食を食べて美味しかった記憶が残っていて、今回立ち寄ったらお蕎麦屋さんに衣替えしておりました。

Soba2

国産蕎麦粉のもりそば大・中・普通盛りどれでも500円、腰を抜かす安さです。製粉所直営だからできることなのでしょうね。客席横に積んである長野県農協ブランドの蕎麦粉の袋がいい香りを立てております。ただHPによると自社工場で蕎麦は作っているようで、これはイメージ戦略みたいなものですな。

お店がやってくれるのはそばを湯がいて盛ってくれるまで。つゆを含めてその他は全てセルフサービスっていう割り切りが安さの秘訣。いいんです安くてうまけりゃそのくらいの労力は惜しみませんぜ。丸亀製麺の蕎麦バージョンみたいな雰囲気も。

Soba3

一部不揃いなそばの切り口が手作り感を引き立たせます。山賊焼きの思い捨てがたく追加(200円)で加えてみました。この特殊製法鳥唐揚げの山賊焼きがまた蕎麦に合うのです。そば湯でつゆをいただいてみましたが、ほんのり甘いのはこの地方ならではなのかな。

我が方では国産そば粉だったらこの倍以上のお値段は取られます。小木曽製粉所えらい。チェーン店でもなんでもうまけりゃオッケー。私のお気に入りリストに加えておきましょう。惜しむらくは我が家から300Km彼方にあること。これは悲しいぞ・・・

« スマホを忘れた日 | トップページ | 北アルプス乗鞍岳を登る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

蕎麦、大好きですよ
10割そばも内側から何処までを引くかによって、食感も香りも違いますよね
毎年行ってるあの古民家での「蕎麦を食べる会」や村の「蕎麦屋」さんなど、蕎麦は奥が深いです
以前ブログで紹介した、あの豆腐屋の娘が来月、蕎麦粉を使ったお店をオープンするって言ってました
何か、蕎麦粉のクレープみたいとか?・・・
蕎麦粉、恐るべし~(笑)

花の五六八さん、

蕎麦は日本人のソウルフードですよね。あのシンプルな中にある奥ゆかしさに日本の心を感じます。
その場で打った蕎麦を即座に食することができるってとってもうらやましくも感じます。ボクは一度会津で十割蕎麦で失敗しているので、いつかは美味しいつなぎなしのお蕎麦を食べてみたいです。

> 何か、蕎麦粉のクレープみたいとか?・・・

なんだか意表を突くメニューです。これはぜひ試食してきていただいてブログで紹介していただかないといけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/65824123

この記事へのトラックバック一覧です: 長野500円蕎麦:

« スマホを忘れた日 | トップページ | 北アルプス乗鞍岳を登る »