« 熊肉届きました | トップページ | スカイ山で空を仰ぐ »

2017年9月 4日 (月)

P10 lite root端末からFWアップデート

Sumaho

例によっててこずりました
 

なかなか手ごわい携帯です
 

 

 
私の端末にもファームウェアのアップデートが降ってきました。今までがB170だったのですが今回はB172だという。ほんのちょっとしか上がっていませんね。でも新しいものには意味がある。せっかく製造元が提供してくれるのだから拒む理由はありません。

私の端末は到着した翌日にブートローダーをアンロックしてその翌日にはrootを取っちまった改造マシン。アップデートのメッセージが来たのでうすらとぼけてOTAのアップデートを掛けてみた。アップデート差分はダウンロードできたけど端末へのインストールは純正のEMUIが行うようで、リカバリーをTWRPに焼き替えているとTWRPが立ち上がってインストに失敗する。まぁ当然ですね。

どうしたものかと困ったときのgoogle先生、調べてみてもなかなかこれという情報にはたどり着かない。マイナーな端末故にこんなことで苦労をしている人は稀なようだ。お休みの日を1日使ってなんとかなったので、こんな情報を欲している人のためにちょっと手順を書いておきます。

以下のステップを踏まないといけません。すんげぇ大変・・・

1. Titanium Backupでアプリの最新バックアップを取っておく。

2. Windows版のFirmware Finderで現行ファームバージョンのupdate.zipをダウンロードして解凍しupdate.appをゲットする。 

3. 同じくWindows版のHuawei Update Extractorでもってupdate.appを分解してrecovery.imgを抜き取る。

4. 端末にてSuperSUからroot権限の放棄を実施しrootを解除する。その際に環境の復元はしない(重要)

5. パソコンと端末をfastbootモードで繋ぎ、先ほどのrecovery.imgを焼き、TWRPに純正EMUI5.1を上書きしてやる。

6. リブートしたら設定→システム更新で新しいファームを検索する。アップデータが降りて来ていたらそのままアップデートの手順に入る。EMUIがアップデートしてくれるが、rootの痕跡があるとFullバージョンがインストールされるので時間が掛かる。

7. 完了後リブートされるとアップデートは完了する。アプリ環境も残っている。

ただここで問題が。ではカーネルのリカバリーを再度TWRPに戻しましょうということでfastbootで焼こうとするとエラーではじかれる。アップデータのフルバージョンを焼いたことでブートローダーもリロックされてしまったようだ。

別にアンロックコードをあらかじめメモしてあればそれを使って再度アンロックはできる。ただ問題はアンロックするとファクトリーリセットが掛かってしまい、アプリ環境やシステム設定が全部初期化されてしまうということ。こりゃ少しばかりめんどいぞ。

8. 意を決して再度アンロック。きれいに初期化された端末の出来上がり。

9. APNやgoogleアカウント、WiFiなど新規初期設定を済まし、設定項目を頭から順繰りにやりなおし。

10. fastbootでTWRPを焼く。引き続きSuperSUもインストールZIPでインストしてrootを取得。

11. Titaniume Backupを使ってアプリ環境の書き戻しと再設定。画面配置の復元。

12. bootanimation.zipなど改変するシステムファイルの入れ直し。

ここまでやらないと元に戻りません。はっきり言って何度もやりたくない作業です。もうちょっと楽な方法はないものですかねぇ。最近はOSが高度化してわざわざrootを取らなくてもけっこうなところまではいじくれるようになって来ています。止める時にはスパッと止めたいです。

でもまたアップデートが降ってきたら手順をやっちゃうんだろうなぁ・・・

10/12/2017追記
P10 lite付属のバックアップというアプリがなかなかお利口で、アプデ直前にバックアップを取っておくとかなりの範囲を元通りにリストアしてくれることがわかりました。完璧に元通りとはいきませんが手間をかなり省かせてくれます。お試しあれ。

« 熊肉届きました | トップページ | スカイ山で空を仰ぐ »

GPS・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
いつも見させていただいておりますが、今回が初投稿です。
私も届いた瞬間にブートローダーアンロックしてrootとりました...
で、カスタムロムがどうやらxda上に降臨しているようなので焼いてみたのが運の尽き...
ブリックしてしまいました...(文鎮化)
しかもこういうときに限ってバックアップとってないんですよねえ...
いろいろなサイトを当たってみたんですが、fibyさんがtwrp導入済み端末をお持ちのようですので、お願いしたいことがあります。
システムのフルバックアップを送っていただけないでしょうか?
たぶんいろいろ試行錯誤してパーティションがかなり変わってしまっていると思うので、
boot,cust,system,vendorを含めたバックアップがほしいのです。
急な、図々しいお願いで申し訳ありませんが、周りにp10liteを持っている人がいないため、fibyさんだけが頼りです。
よろしくお願いします。

hayabusa2さん、こんにちは。はじめまして。

しがない記事をご覧いただき恐縮です。カスROM導入で文鎮とは災難ですね。ご苦労お察しします。ただTWRPのフルバックアップをご希望のようですが残念ながら現状のTWRPバージョンでは不可能です。

android7.0ではsystem領域は暗号化されているのでTWRPでバックアップを取ろうとしても除外されてしまいます。従って現在取れるTWRPのバックアップはフルバックアップではないので、そっくりリストアするためには使えず意味を持ちません。現状TWRPはzipファイルのインスト用途くらいにしか使えないんですよね。

端末とパソコンはadb接続はできるのですよね。Firmware Finderで現行ファームのフルバージョンのupdate.zipを入手することは可能ですからHuawei Update Extractorでもってupdate.appを分解して出来る.imgファイルを片っ端から焼いてやるくらいしか策が思い浮かびません。でもカスROMでパーテーション情報まで変わっているとうまくいくか・・・

EMUIのリカバリーはいじくってある端末ではまともに動いてくれませんのでこれもアウト。
う~む、あまり役に立ちそうにありませんです。申し訳ない。

早速のご返事ありがとうございます。
system領域は暗号化されているとのことですが、確かブートローダーアンロックしたての環境では暗号化はかかっていなかった覚えがあります。
他サイトも見てみましたがdata領域以外バックアップはとれる模様です。
ちなみに私が使っているtwrpは
https://mega.nz/?_escaped_fragment_=tUJhmJiZ!ZgV9ZTPqNYG8XhRycVhT8FOBG0ffkUxIesf5V3abmqE#!tUJhmJiZ!ZgV9ZTPqNYG8XhRycVhT8FOBG0ffkUxIesf5V3abmqE
です。

すみません、先ほどのコメントですがリンクが切れていました。
https://www.dropbox.com/s/xp34yiyxve2q81t/TWRP_P10_Lite_Beta.img?dl=1

連投失礼します。
Firmware Finderで落としてきたのを焼くのはすでに試しましたがことごとく失敗に終わりました。
暗号化されているのはdata領域のことでは?と思いましたが私の知識不足かもしれないです。
公式イメージが焼けないので最終手段としてバックアップをいただけないかと聞いてみた次第です。(ノ_-。)

hayabusa2さん、

まず私のコメントで書いていたSYSTEM領域が暗号化されるというのは単純な誤りでした。正しくはご指摘の通りDATA領域が暗号化されるが正しいです。そんな思い込みのおかげでここしばらくTWRPで満足なバックアップを取っていなかったのは自分の失態です。

さて、カスROMを焼くというリスキーな作業を思い立ち、満足なバックアップを取らずに作業を開始し文鎮化してしまったという顛末については私はコメント申し上げる筋ではないかもしれませんが、やはり軽率だったかもしれません。自己責任とは言え何とかしたいと思う気持ちも理解できます。

私もいくつかsystemUIの改変ファイルや自分で作ったインストールzip、テーマファイル等々を公開しています。ですが今回貴殿が求めているのは私の環境をTWRPでバックアップを取り、見ず知らずの貴殿にそれをそっくり送ってくれということです。

私の端末はrootを取得した後にsystemファイルをいくらか入れ替えておりますが、貴殿の要求に応えるためにはそれらをオリジナルの状態に戻し、ファクトリーリセットを掛けてバックアップを取り、DATA領域が無いとはいえ2GB近いファイルを貴殿に送るという作業が必要です。その後私は元の環境に戻す作業があるのはもちろんです。

さすがに仏の私もそこまでのことを安易に引き受けるわけにはいきません。文鎮化してしまったのは悲しい事実かもしれませんが、やみくもに求めるにはあまりに大きな案件です。
残念ですが私はその求めには応じられません。有償でも修理に回すことをお勧めします。

この度は、バックアップをとらずにカスタムロムを焼くという軽率な行動をとったうえにfibyさんに数GBもするオリジナルのバックアップを送れなどという図々しいお願いをし申し訳ございません。
結局、私の端末はvender領域を焼いてしまったことが原因とわかり、自分では修復不能なため修理に出すことにしました。
fibyさんという赤の他人に迷惑をかけてしまった以上は少し頭を冷やして猛省しようと思います。
最後に、自分のできる最大の謝罪として、日本語化をしたp10lite用のtwrpを置いていきたいと思います。https://pan.baidu.com/s/1jIxgCce
今回の件は本当に申し訳ございませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/65751648

この記事へのトラックバック一覧です: P10 lite root端末からFWアップデート:

« 熊肉届きました | トップページ | スカイ山で空を仰ぐ »