« 100均ライト活用 (分解解析編) | トップページ | ラーメン神豚 631 »

2018年1月24日 (水)

草津本白根山噴火

Kagamiike
この鏡池付近での噴火と報道されています
 
 
あっと驚く出来事ではありました

いやぁ、関東地方に大雪が降ったと思いきや今度は群馬県の本白根山が噴火というニュースが飛び込んできました。我が家からは往復で600Kmはあるかの地ですが、ピリピリくる草津温泉とセットで夏冬何度となく訪れていたなじみの深いところなので、驚きも隠せませんでした。

噴火は上の画像の鏡池付近と報じられています。これらのグリーンシーズンの画像は2016年5月にハイキングをしたときのものです。もちろんその当時は別に硫黄臭がしたりそれらしい感じは全く無かったですが、噴火予知って難しいのでしょうね。

Funkakou
今回の噴火に際して上の画像にある本白根のリフトに乗りながら噴火の動画 を撮影した旅行者がいました。その動画内の位置関係から推測して噴火口は上の画像のあたりと推測できます。まぁリフトに乗って生きた心地はしなかったことでしょう。この動画の最初の部分で噴火の火口が2つ以上あることがわかります。

Sanchoeki
80人が取り残され、ヘリコプターやスノーモービルで救助されたロープウェイ山頂駅はこんなロケーション。位置的に噴火口からおよそ1000mほどと思われます。噴石の直撃を受けたゴンドラは無残なぼろ穴が開いていました。不幸なことに火口至近で訓練をされていた自衛隊員の方が1名亡くなりましたが、周辺のスキーヤーに犠牲者が出なかったっていうのは奇跡に近い。

Motoshirane
2年前にも草津は滑りました がとっても楽しいスキー場ではありました。もう上部ゲレンデでの今シーズンの営業は望めないでしょうね。グリーンシーズンになっても御嶽山のように山頂ヘはなかなか行かせてもらいないでしょう。

自然の力をまざまざと見せつけられました。夏冬に係らず趣味のフィールドとして訪れている山々も時として牙をむきます。山は常に心して参上しなければならない場所なのだと思いを新たにいたしました。

« 100均ライト活用 (分解解析編) | トップページ | ラーメン神豚 631 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Hi guys, my name is Richard Dicks!

I`m a professional writer and I`m going to change your lifes onсe and for all
Writing has been my passion for a long time and now I cannot imagine my life without it.
Most of my works were sold throughout Canada, USA, Old England and even India. Also I`m working with services that help people to save their nerves.
People ask me "Sir, Richard Dicks, I need your professional help" and I always accept the request, `cause I know, that only I can save their time!

Professional Academic Writer - Richard Dicks - Tesol Teacher Find Team

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/66317823

この記事へのトラックバック一覧です: 草津本白根山噴火:

« 100均ライト活用 (分解解析編) | トップページ | ラーメン神豚 631 »