« ETC不調でもてかてか富士山 | トップページ | 神奈川県南部 桜満開 »

2018年3月18日 (日)

ETCダブルデッカー

Twoetc
ETC車載器が二丁掛けになりました
 

しかし瓜二つです

特定の料金所ゲートでのみ車両情報の通信を行ってくれなくてバーへ突っ込んでしまうという不具合を持つに至ったETC車載器ですが、3度同じことを繰り返して諦めがついて新替えすることにしました。

手に入れたのはパナソニックのCY-ET925KDという並品。今付いているCY-ET909KDZってのと見た目全く変わりません。909は2011年モデル、925は2015年モデルですが、新規格ETC2.0に満たないコンベンショナルなETC車載器はもう進化する余地も無いのでしょうね。お値段もセットアップ、税、送料込みで6800円程度。安くてもタッチの南さんの声でしゃべくってくれます。まぁ上等です。

さてアンテナモジュールと本体を既設品から置き換えるためには我が車の場合けっこうな内装バラシが必要になる。なまじ純正部品のようにステアリングアンダーカバーの中へ綺麗に収めてしまったのが原因。アンテナ線もAピラーカバーを外さないと取り換えできない。このカバー内部にサイドエアバックが内臓されているため特殊クリップを外すのが至難のワザなんです。何度もやりたくない作業です。

カーナビも前車から移植品で使用6年目、昨夏は熱暴走して大音量でオーディオを聞いている状態で操作ができなくなりえらい目にあった。今年の夏が乗り切れなかったら交換も視野に入れているのでそれまではあまりあちらこちらバラしたくないところ。そこで既存ETCを残してその下に新ETCを貼り付け、アンテナカプラと電源カプラを差し替えだけしてテストしてみることにしました。ちゃんと収めるのはナビを交換する時までおあずけ・・・っていうか面倒なだけなんですけどもね。

そもそもアンテナモジュールや電源線について909と925に互換性があるかどうかも怪しいが、カプラ形状が同じなので構わず付け替え。とりあえずカードは認識し、動いている雰囲気はある。

925に909のアンテナや電源線は使えそうですよ

さっそく問題のETCゲートがある西湘バイパス橘料金所まで試験ドライブです。もし本体でなくアンテナモジュール側に問題があったとしたらまたゲートバーへ突入となる。けっこうビクビクものでしたが、なんとか認識してくれて無事ゲートを通過できました。やれやれ・・・

Yoshida

せっかく遠くまでドライブして来たので、カミサンのリクエストもあって神奈川県は大磯にある旧吉田茂邸へ立ち寄ってみました。彼は日米安保条約の立役者。2009年に火事で失われましたが再建 されなんだかモダンな建屋になっていました。戦後動乱のさなかにあった政治の息吹を少し感じてしまいましたよ。

遠出禁止が解けそうなのであちこち行きたいなぁ。桜も開花して春本番も近い。でも年度末はせっせと働きますよ。

« ETC不調でもてかてか富士山 | トップページ | 神奈川県南部 桜満開 »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

タッチの南さんの声ですか・・・
私のは誰か分からない女の声で、毎回エンジンを掛ける度、切る度に喋るのでいささか、腹が立ちます(笑)
写真撮影で移動の時や猟の時なんかは特に静かにして欲しいもんですよ。

花の五六八さん、
パナソニックETCは声優の日髙 のり子さんがしゃべってくれるんです。ちょっと年増になった南ちゃんですが腹が立つようなことは無さそうです。音声案内も切ることができるような機能があればいいんですけれどもね。

カーナビなどでは方言をダウンロードしてインストすると・・・
目的地さ案内するがら
ちゃんとついできてけろぉ
とか言ってくれるのもあります。まぁ同乗者への受け狙いならいいですが、ずっとというとちと考えてしまいますがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/66511823

この記事へのトラックバック一覧です: ETCダブルデッカー:

« ETC不調でもてかてか富士山 | トップページ | 神奈川県南部 桜満開 »