« ワインをたしなむ | トップページ | 宮沢賢治を訪ねて »

2018年7月 5日 (木)

東北B級グルメ旅

Shio
仙台 らーめん三福 塩
  

これがまた絶品でした

区切りもあってちょいと休暇をもらって東北方面へラーメン食べに行ってきました。いや、ラーメンだけではないのですがほぼ麺類 (^.^)

宮城県仙台市出身である職場の同僚に、ここは行っておけと一押しされたラーメン屋さん。特にがいいという。そうと決めたら命掛け、午前11時の開店直後を狙って馳せ参じます。注文して満席の周囲を見渡すと冷やしラーメンのオーダー率が9割。確かに気温30度以上の暑い日だったけどなぜに皆そうなの?一抹の失敗感が・・・

出てきた塩ラーメンは噂にたがわず上品な同じ。比内地鶏のガラで取ったという透き通るようなスープは実に味わい深い。これぞ塩ラーメンという感じでした。付き合ってもらったカミサンは醤油ラーメンだったけど、どちらかというとそちらのスープは複雑な凝ったお味。うむ、こりゃ醤油もうまいぞ。汗だくだくになったけどいいチョイスでした。次回は冷やしラーメンだな。次回があったらだけど・・・

Kenjiset
岩手県は宮沢賢治の故郷花巻にある老舗のお蕎麦屋さんやぶ屋さんです。賢治が農学校の教師をやっていた4年半の間に足繁く通ったお蕎麦屋さんで、注文は決まって天ぷらそばとサイダーであったとのこと。ミーハーな私としてはこれを避けて通ることはできません。
蕎麦にサイダーという組み合わせがなんとも言えないコラボレーションですが、これが意外に合うんですな。賢治とおなじものを注文してなにがどうこうなるものでもないですが、彼の世界観をほんのちょっとだけ感じることができましたです。

このお店ではわんこ蕎麦もやっている。若い衆3人組がトライしていたのを遠目に見ていたが、これがなかなかおもしろい。わんこ姉さんがひとり付いてくれてせっせとお給仕してくれる。もちろん食べ放題でお値段3300円。10年前だったら私も挑戦したかったところではあります。

Wanko

おまえはなにをしに東北あたりまで出向いて行ったのだと問われたら、まぁこんな感じかな。おいしいものはいつどこで食べてもおいしいのです、はい。

« ワインをたしなむ | トップページ | 宮沢賢治を訪ねて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/66904757

この記事へのトラックバック一覧です: 東北B級グルメ旅:

« ワインをたしなむ | トップページ | 宮沢賢治を訪ねて »