« 自動車は進歩してます | トップページ | 鹿島槍再挑戦 »

2018年9月23日 (日)

橋と毛モノと秦野たばこ祭

Bridge
お山も行きたいですが天気が・・・
  

きょうはご近所でゆったりと

とうとう9月も最終週となります。今月は8月末に未登頂で終わった北アルプス鹿島槍ケ岳 のリベンジを狙っておりましたが毎週末は決まって天気が悪い。たまの休日出勤も重なるともうお手上げ状態。標高2500mテント場は9月末ともなると気温一桁の下限近くまで下がってくるので暖かいうちに行きたかったなぁと思いめぐらす私は軟弱者です。

という訳でそんなときには家族サービスに徹してポイントを溜めておきます。神奈川県は秦野の大倉登山口にある秦野ビジターセンター ってところを見てきました。ここは塔ノ岳へ登る大倉尾根への踏み出しになります。私も諸事情により一時期自家用車を手放していた当時はバスにてここまで乗り付けて塔ノ岳を目指したものでした。でもここを覗くのは初めてのこと。水無川に掛かる立派な吊り橋を渡ってアクセスします。

Parkcenter
展示スペースでは丹沢の自然を非常に細かく紹介していて好感がもてます。ザック担いだりてっぽ担いだりして歩く丹沢の山々ですが、まだまだ知らないことがいっぱいあったのだなぁと感心することしきり。身近な自然動物のはく製はなかなかでした。

Kemono
これらのはく製は交通事故や病死した個体を使って作ったとのこと。意図的に捕まえてという訳じゃないのですね。これだけの数をそろえるのにもご苦労があったかと思います。

興味深く拝見した後は本日開催の秦野たばこ祭 を見に行ってみます。皆でたばこをぷかぷか吹かすお祭りではないですよ。今ではたばこ栽培はやっていないのだそうですが、長年続いたネーミングを絶やさず引き継いでいく姿勢はすばらしい。

Tm1
圧巻なのは延々と水無川沿いに数キロに渡ってつながるテキ屋さんの数々。いったい何百軒出ているのか想像を絶します。テキ屋さんの粉ものも好きですが、一番感心したのがこれ、秦野黒うどん。地元のお店ブースで出してました。

Udon
これがまた最高にうまい。ピーナッツ味噌とニンニク味噌を絡めて食べるのだとお店の方に言われてトッピング。うどん粉で作った蕎麦って感じですが、そもそも駅の立ち食いソバ屋の蕎麦も似たようなものなのでサラリーマン的にはなじみがある。いやそんな安っぽいもんじゃないですよ。黒くないだし汁も絶品。秦野の黒うどん、忘れません。

Odori
たばこ音頭千人パレード。踊りの振りが東京音頭と似てましたが気にしてはいけない。歌詞は郷土愛あふれる素敵な歌ですね。

Tm2
ご当地ゆるきゃらの丹沢すすむ君もPRに一役買っていました。ニッカポッカにチロリアンハット。洒落た登山リュックを背負った彼は、どうも前方視界が悪いらしくおねいさんに手を引かれて移動していましたよ。この日は意外に暑かったのでご苦労なことだと思います。

なかなか楽しいお祭りでした。丹沢すすむ君に負けないように私も北アルプスすすむ君を目指しますぜ。行けるか・・・

« 自動車は進歩してます | トップページ | 鹿島槍再挑戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

秦野たばこ祭り実行委員会よりご来場御礼申し上げます。と代わって御礼^^
多分いらしたのは土曜日ですかね。私は浜松にて仕事中でした。毎年何故か仕事が入るのよ...

毎年祭りに行く私でも、なんでこんなに人出が多いのか、感心しています。川沿いの屋台ラインはよくもまあ、と言う感じでしょうが、実は街の中の細い道にもビッシリ出店しています。ちょっとワンパターンかなと思うところもありますが。

食い物屋台でまあ狙い目なのは、秦野北口の橋を渡った先の屋台がオススメなんですよ。テキ屋ではなく地元の飲み屋や、食物やさんたちが出してますので、クオリティやメニューも「ついつい呑んでしまう系」だったりで。タイめし屋も出てます。

秦野黒うどんはそれ程美味しかったですか。よかったよかった。ここのお店自体はすぐ近所でして、結構濃ゆいんですよ店内が。

丹沢ビジターセンターは私も何度か寄って見学をさせてもらってます。なかなか興味深く、ほうほう〜と見いる時も。子供連れだったら楽しいかなあ、といつも思います。

あそこの2階にカフェだかレストランだかを作るらしい。登山客が休める場所が無い、お土産を買えないと言う要望がある為らしいですよ。

そうそう、ここの道向かいに有る民家風の蕎麦屋さん。秦野ではここが一番美味しいです。これから新蕎麦だし、私は楽しみ。
しかしFibyさんの事、情報は既にお持ちだったかかもしれませんね。

そろそろ木々も色づき始めましたよね。私もハイキング程度でいいので登ろう登ろうと言うばっかりです。今夜は中秋の名月を愛でて、翌朝の丹沢山稜を眺めて、またお仕事へ向かいます。

ノブさん、

またも無断侵入をお許しください。実はたばこ祭は予定外でして、大倉から鶴巻温泉へ移動する道すがら、なにやらにぎやかなのを発見して立ち寄ってみた次第。初めてでしたがなかなかのお祭りですね。

> よくもまあ、と言う感じでしょうが、実は街の中の細い道にもビッシリ出店しています。

正直あの延々と続くテキ屋屋台は強烈でした。こんなにつながってバッティングしないのかとも思いますが、どのお店も繁盛していて地元に根付いているのだなと感心しましたよ。

> 食い物屋台でまあ狙い目なのは、秦野北口の橋を渡った先の屋台がオススメなんですよ。

これはしくじりました。やはり地元の方の情報に勝るものはありません。先に聞いておけば良かったです。

> 秦野黒うどんはそれ程美味しかったですか。よかったよかった。ここのお店自体はすぐ近所でして、結構濃ゆいんですよ店内が。

黒うどんうまかったです。これはちゃんとお店で食べてみたいかなと感じました。ピーナッツ味噌がいいですね。これも単品でいただいてみたいです。秦野はR246沿いにピーナツ畑があって、たばこの後はピーナツなのかなと見ていました。ジモティフードはやはり味があります。

> そうそう、ここの道向かいに有る民家風の蕎麦屋さん。秦野ではここが一番美味しいです。

おぉ、ありました大倉登山口のお蕎麦屋さん、でも日曜昼なのに閉まってましたがやっているのかな。秦野で一番ですか。これは食さずにはいられませんね。

紅葉の木々を愛でるのも秋山に登るのも秋の楽しみ方のひとつです。中秋の名月は上がっていましたがマンションの陰に隠れて我が家からは見られませんでした。そちらからは満喫できましたか?

月見だんご食べて北アルプスに思いをはせております。もうこの時期を逃すと・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/67200241

この記事へのトラックバック一覧です: 橋と毛モノと秦野たばこ祭:

« 自動車は進歩してます | トップページ | 鹿島槍再挑戦 »