« 100均ライト活用(基盤組み込み編) | トップページ | Queen »

2018年12月23日 (日)

100均ライト活用(完結編)

Inst1
やっと車両へ取り付けます
 
 
きっちり仕上げますよ

100均ライトの活用講座、いよいよ完結です。前回 点灯試験まで終わっているライトユニットを私の自家用車フィット3の荷室天井にマジックテープにて貼り付けます。100均のマジックテープは見た目似てはいても吸着力が弱くてダメダメです。ホームセンターなどでしっかりしたものを手に入れましょう。

Inst2
配線はリアゲート周りのウェザーストリップのゴムを引っぺがして天井内に通します。次に配線通しなどを使って既存の荷室灯の穴へ今回の配線を引っ張り出します。汚らしく巻いてあるように見えるのは粘着付隙間テープ。これを配線に巻くことによって固定ができないために配線が走行振動で踊った際に発する不快な音をたてないようにする小細工です。
意外にこんな気遣いもDIYでは重要なんですよ。

Inst3_2

Inst4
電源は既存荷室灯の出力部分から拝借します。この作業は半田付けした方が収まりが良いです。バーナータイプのコードレス半田ごてが役に立ちますね。正負を間違えると点きませんのでテスターで当たってから作業をします。

Inst5
いい感じで取り付けができました。私のフィットは荷室灯にON-OFFスイッチが省略されていてとっても使い勝手が悪かったため、ストリームの純正部品であるスイッチ付ユニットへと早々に交換して使っておりました。そのスイッチの二次側から電源を分岐したおかげで連動で追加の天井灯を点灯させることができます。今回付けたLEDライトにもシーソースイッチは付いているし、リアゲート連動の点灯スイッチや点けっぱなし防止のタイマースイッチは車両標準で付いているし色々な点灯バリエーションが選べます。

ちなみにこのライト、商品名はLEDタッチライトなんですがタッチスイッチなんてどこにも付いていない。ON-OFF制御はシーソースイッチに依る。まぁ言葉のあやですかね。

100均ライトの活用法としては上出来でしょう。夜間の点灯状況はこんな感じ かな。まぁ所詮は安物です。寿命も未知数ですし、物理的に壊れた時のために本体のスペアは持っておく方が吉かなと。この商品はヒット作らしく、なんだかんだ1年を経過してまだ売っています。100均オリジナルの企画商品は数か月が命というものが多い中、なかなか頑張っているじゃないっすか。

今回の工作では100円のライトと200円のUSB充電器が主役でしたが、一番単価が高かったのがマジックテープ代の348円であったということは内緒・・・

チラ技:
ちなみにこのライト
、最近のロットではスイッチ部のプッシュスプリングが強すぎてケーシングが歪んでいるものも店頭で散見します。買う時にはケース接合部のゆがみ隙間の無いものを選びましょう。
万が一買ってしまった後でも、分解してスイッチ金具を押しているプラ棒をカットしてスプリングテンションを少し緩めてやればかなり改善します。

« 100均ライト活用(基盤組み込み編) | トップページ | Queen »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/67512606

この記事へのトラックバック一覧です: 100均ライト活用(完結編):

« 100均ライト活用(基盤組み込み編) | トップページ | Queen »