« 東京農業大学ホワイトウインドオーケストラ | トップページ | 焼き鳥を求めて »

2018年12月27日 (木)

鹿も交通ルールを守りましょう

Deer_accident今回はちょっとやばかったです
  

夜の峠道は危険がいっぱい

山梨県・神奈川県・静岡県と突っ切る峠道である県道の山中湖小山線。高速道路を使わず貧乏くさく山梨県や長野県から一般道を使ってお家に帰ろうとするとき、これを使えば最短距離・時間で済む抜け道的な道路であることからよく利用しております。
ただこの峠道は鹿密度の高いところを通っている。時として道路に出てくる鹿たちにどきっとすることもしばしば。今回は少しやばいパターンでした。

前に先行車がいた関係でロービームにて走っていたので前方路肩にたたずむ小鹿の視認が遅れました。小さくて美味しくなさそうだと思いながら通り過ぎようとしたその瞬間、車の前に飛び出てきた。

急ブレーキを踏みましたが、今時の自動車にはABSが付いているのて急には止まれない。一瞬ぶつかったかと思いましたが、ボコンという突発音はABSが効いたときに起こるノイズだったようです。

当年物のバンビなのでまだ社会勉強が足りていません。先行車が通り過ぎたのでもういいだろうと道路を横切ろうとしたのでしょう。馬鹿と漢字に書かれるほどの鹿ではありますが、小鹿は特に予測ができない動きをすることがあります。過去にも別の場所 ですが同じパターンで鹿と衝突しそうになったことがあります。先行車に続いて走るここのような峠の夜道は要注意。

暮れも押し迫って鹿身事故なんてごめんこうむりたい。でもあの道、便利だからまた通ってしまうんだろうなぁ・・・

« 東京農業大学ホワイトウインドオーケストラ | トップページ | 焼き鳥を求めて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/67528055

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿も交通ルールを守りましょう:

« 東京農業大学ホワイトウインドオーケストラ | トップページ | 焼き鳥を求めて »