« 長崎へお仕事 | トップページ | 松田きらきらフェスタ »

2018年12月 9日 (日)

人類は麺類

Karl
最初に番外編
  

関東地方では絶版のカールを見つけてあなうれし

長崎県へ業務出張で訪れたついでに、ここぞとばかりに食べ飲み歩いてきました。いえいえちゃんとお仕事もやってきましたよ。これは夜のお楽しみです。

関東地方ではすでに販売を終了している森永カールですが、関西以西では手に入れることができます。ビジネスホテルから夜食を買いに出たスーパーマーケットの棚にこともなげに並んでいて嬉しかったです。一袋はおみやげに・・・

さてせっかくのお出掛けなので地元の方やら通の方から情報を仕入れ2日に一度は麺食いというパターンを貫きました。最初は創作ラーメン屋さん砦。

Toride
海鮮ダシの効いた白湯スープがなかなかの味わい。白湯なのでスープにインパクトさはありませんがじわりと効いてくる。ホタテが中心に陣取り主張してます。ミニカレーはまたそのダシを使って作ったもので、カレーと一緒にラーメンを食べても香辛料でラーメンの味を壊すことがない。非常に考えられたカレーでした。お値段はお高いですが佐世保市では外せないお店のようです。

Oeisan
こちらはお栄さん の皿うどん。この皿うどんのパリパリ麺は太麺なんです。なかなか珍しい。こいつがたっぷり掛かったあんが染みて柔らかくなってきた時がまたうまい。彩の薄いあんですが十分な風味があるんですよ。

Idechanpon
長崎に来たら長崎ちゃんぽんは外したくないもの。この井手ちゃんぽん は出張先の地元の方が案内してくれました。佐賀県に本店があるお店だそうで、厳密に言えば佐賀ちゃんぽん。でもそんなこたぁどうでもいい、うまけりゃOK。特製ちゃんぽんなるものを注文してみましょう。
具材は画像のとおりユニークなものですが、特筆すべきはそのスープ。野菜を煮込んだスープがとんこつ臭さを消してなお味わい深い。幾度の長崎出張で多くのちゃんぽん屋さんは訪ねましたが、ここのスープは一級品。さすが地元の方が案内して下さるだけのことはあります。見ての通りの大盛りでしたがスープまで完食。いやぁ実にうまかった。

今回のベストワンは井手ちゃんぽんで決まり。
あまりに美味かったのでカミサンに自慢するためにお店で売っていたカップ麺も持ち帰りました。あのスープのお味が出ていればいいのですが・・・

えっ?ですからちゃんとお仕事はしてきましたってば  (*^。^*)

Cup

« 長崎へお仕事 | トップページ | 松田きらきらフェスタ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人類は麺類:

« 長崎へお仕事 | トップページ | 松田きらきらフェスタ »