« 箱根駅伝 2019 | トップページ | 箱根駅伝グッズ »

2019年1月 6日 (日)

五竜 地蔵の頭

Jizou1
素晴らしい天気でした
  

こんな日はお家にはいられません

お正月休みはこれといった予定も無くだらだらと過ごしておりました。ふと目にした北アルプス白馬村の天気図と天気予報を見てビビっと電気が走る。この日を逃すと後悔するかも・・・
というわけで箱根駅伝を沿道で応援した後、スキー板を車に放り込んで長野県へと向かったのであります。

1月4日の白馬村は朝から無風快晴、雲ひとつ無い上天気。こんな陽気の時に現地に居られるなんてのは、シーズン中に一度有るか無いかというくらいの素晴らしさ。いままで冬場には登ったことのなかったエイブル白馬五竜スキー場頂部にある地蔵の頭のケルンまで行ってみます。

Chokuto
でも簡単には登らせてはくれません。リフトで近づいても新雪をラッセルしないといけないようなところにあるので、他の方々の踏み跡がしっかりとできるお昼過ぎに狙う私は横着者です。

ちなみにい2017年夏山で登頂した五竜岳 への途中に寄った時の様子が以下。夏と冬とではこんなにも違うんですねぇ。

Jizou_summer
ケルンの向こう側には遠く五竜岳が見えています。夏山とはいえテント泊装備でひいこら言いながら登ったのもいい思い出です。

Goryudake1

Goryudake2
素晴らしい情景です。これだから山登りは止められません・・・って今日の本業はスキーなんですけれどもね (*^。^*)
こんな天気が朝から夕方まで丸1日続くなんてシーズンにそうそうあるものではありません。今回は勝利の巻。

ところで五竜のスキー場とおみゲレンデ中ほどにあったゲレ食 ですが、今シーズンは更地になってしまい跡形も無くなっていました。500円エベレストカレー復活の夢はことごとく断たれました。残念無念。

Curry
エベレストカレーは無くなってしまったけど、ここのスキー場は八方尾根と並んで冬山の入り口っていう位置付けもある。いつかは冬山装備で地蔵の頭より先へ踏み込んでみたいなと思いますです。

« 箱根駅伝 2019 | トップページ | 箱根駅伝グッズ »

スキー」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

ど、ぴーかん!
これは貴重ですね。私も子供の頃から大学ぐらいまで、毎年スキーには行っていましたが
こう言う天気の記憶は片手も有るかな?
雪目注意ですね。

しかし雪山の眺めは素晴らしいです。一人静かに雪を踏みしめ淹れる珈琲でパイプの煙を
燻らせたい。

ノブさん、

無風快晴が丸一日続いたこの日に無理をしておいて正解でした。ノブさんと同じく、私もこんな上天気で雪山に居られたのは数えるほどの機会でしかありません。

ずっと裸眼でいたら雪目になるほど紫外線だったでしょう。まぁ今はゴーグルがありますのであまり気にしなくても大丈夫そうです、

ノブさんだったら雪洞を掘って中で火鉢ですかね。おもむろにコーヒーにパイプ煙草なんてまた様になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/67560275

この記事へのトラックバック一覧です: 五竜 地蔵の頭:

« 箱根駅伝 2019 | トップページ | 箱根駅伝グッズ »