« 次のスマホは・・・ | トップページ | Xiaomi Mi MIX 2S 到着 »

2019年5月 5日 (日)

5月の富士登山 2019 山頂を狙うが・・・

Pickele 
さぁ令和になっての初富士山です
 
気合を入れて行きますよぉ

世間様は10連休のまっただ中。5月1日だけお情けでお休みをいただきましたが、普通に週末しか休みが無いわたくしもやっぱりお出掛けしたい。まぁ新元号は富士山からでしょと勝手に決めて、真夜中のお家を出て開通したばかりの富士宮口五合目へ向かいます。予報では天気も良さそうです←これ大事

五合目到着は5月5日午前3時過ぎ。駐車場はさすがにまだ混んではいませんね。気温はマイナス2度でした。去年の4月29日に登った時には五合目で6度でしたからまぁ今年は平年並みってところですかね。

5gou_night
今回の持参カメラは先日手に入れた SONY RX-100M4。上の画像は富士宮口五合目駐車場から見た富士市あたりの夜景です。しかも手持ち撮影。よく見ればわずかな光量で浮かび上がるモミの木?のシルエットがしっかり出ています。これでISO感度は1万まで上がっていますがそれを感じさせませんね。この辺はスマホカメラではできない芸当かもしれません。五合目に到着したらすぐに身支度を整えて午前4時に踏み出します。

6goukoya_1

六合小屋まで登ってくると朝焼けがきれいです。まだまだ富士山の山小屋は冬眠中。7月8月のシーズンは沢山のお客さんでにぎわうことでしょう。

6gourute
六合小屋の裏から本格的な登山が始まります。雪がびっちり付いていますね。偵察に出向いたときも感じましたが今年は雪が多いです。ここからアイゼンを装着します。 

Hinode
宝永火口の宝永山から朝日が登ります。ちょっともやってますのではっきりしない朝日ですが、さすがRX-100M4の1.0型イメージセンサーはしっかりディテールを残しています。ちなみに昨年同時期に撮ったCanonのコンデジ画像だとこんな風に黒潰れしてしまうんですよ。

Shamen 
なんと昨日降雪があったみたいです。深いところでは20cmくらいの新雪が被っている。麓では雷雨だったのですが富士山では雪になってしまうんですねぇ。登山道は埋まっているので好きなところを歩けますが、固い雪の上に新雪が載っているのでトゥキックがしにくくて非常に歩きにくい。

Shin7gou 
 振り向けば 宝永第一火口が見えます。先月あの火口縁まで偵察で行ったんですよね。徐々に雪が堅くなっていきます。

8gou1
元祖七合小屋を超えるとはるか遠くに八合目小屋が見えてくる。でもすんごく遠くに見えて辛くなります。

8gou2
八合目小屋はまだ埋まっています。ここですでに標高3000mを超えているので空気が薄い。おやつを食べたら先を急ぎます。

8gou3_1

八合目から上は雪質が変わります。これがまた超固くてアイゼンをしっかり蹴り込まないといけない。けっこうなエネルギーが必要になるのです。ふと考えました。ここでこれだけ雪が固いと九合五勺から上の蒼氷ゾーンは未だ健在ではないだろうか。  今回は移動即踏み出しというパターンだったので少々睡眠不足ということもあって是が非でもという勢いに欠けている。富士山のいいところは貰えたのでよしとして下山することにしました。

5kanban
五合目看板のところまで降りてくると中国からのお客さんが記念写真中。今の時期ここはバリケードの内側で立ち入り禁止なんですけどもね・・・って看板が読めないか。おっと私も入っているから同罪ですな。日中友好のため日本での楽しい思い出をたくさん持って帰って下さいね。 

中国スマホもちゃんと届けて下さいよぉ・・・って関係ないか。

« 次のスマホは・・・ | トップページ | Xiaomi Mi MIX 2S 到着 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

ピッケルにアイゼン!バリバリの冬山装備ですね。山登ってるう!って感じ。
私の地元の骨董市にはピッケルの骨董品も時々出ていてます。今のピッケルに比べてスッとしていて華奢感があるものの飴色の柄と燻し銀的なヘッド(って言うの?)。その姿には頼れるお爺様的な雰囲気が有ります。でも実働はやはり写真の様な現代モノの方が命預けられますよね。
レンズは確かF1.8でしたっけ?明るいレンズの恩恵は日の出前からあるでしょうね。今度はボケを利かせたショットを見せて下さい。
さて肝心の山行ですが、雪の富士山とは言うものの、その実態は氷の富士山がよくわかりますね。アイゼンも辛いってスケートリンクみたいじゃないですか。風で飛ばされたら氷のスロープまっしぐら。ピッケルも伊達じゃあないですよね。夏山ではピッケルって使わないのでしょうか。

ノブさん、

骨董品のピッケルですか。木の柄のやつですね。壁に飾っておきたい雰囲気ですね。ボクのピッケルはアルミ合金ですがグリップ部に接着剤付の収縮チューブを付けて握りやすいようにしてあるFibyカスタムです。とっさの時の滑落停止にいくぶんとも役立つかなと。

今回の富士山は睡眠不足で気力減退していたのが敗因です。弾丸登山は冬山では止めた方がいいということは学習しました。

ピッケルも縦走用ピッケルと言って長いのがあります。ボクの所にもバーゲンで手に入れた長いのがありますがまったく使い道がありません。昔は無雪期でも使ったようですが今はストックにとって代わられました。夏場にこれ持って山に行ったら目立ちそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次のスマホは・・・ | トップページ | Xiaomi Mi MIX 2S 到着 »