« 陽気が外れた納涼祭 | トップページ | 煙と戦う花火大会 »

2019年7月13日 (土)

ボンネットダンパー装着

Bondan_20190727081201  
高級車の証であるグッズ
  
一気に高級感アップです

大衆車フィット3にボンネットダンパーを取り付けました。これは国産、輸入車を問わず高級車にしか付いていない装置。ボンネットを開けると通常はつっかえ棒を立てて落ちてくるのを支えますが、高級車はガスダンパーを装着して棒がいらないようにしてある。リアゲートやトランクリッドと同じ機能をフロントのボンネットに持たせるって感じですかね。

Bonopen
簡単なものなのになんで大衆車には付いていないのかというと・・・まぁ費用対効果でしょうね。つっかえ棒で用は足りるし、年中ボンネットを開けてユーザーが整備をするわけでもない。でも過去3ナンバーの車すら所有したことが無いという自家用車は低価格路線一直線のわたくしとしましては、気分だけでも高級車を気取りたく取り付けてみました。

取り付けは簡単、ボルトオンにて20分で終わります。例によって中国直送の安物ですが、ガスダンパーにはリリーフバルブも内臓をしていてボンネットを閉め切る直前には反力がすっと消える。まぁ良くできています。フィットは中国でも人気車種のようで安価なアフターパーツがあれこれ出ていて有り難いところ。これで2600円、この程度で高級車を感じられるのだから上等です。

問題は耐久性。使用感はなかなかよさげなのでガスが簡単に抜けないことを祈る。エンジンルームへ頭を突っ込んでいたらボンネットに食われたみたいなマンガ的落ちは勘弁願いたいところ。

« 陽気が外れた納涼祭 | トップページ | 煙と戦う花火大会 »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陽気が外れた納涼祭 | トップページ | 煙と戦う花火大会 »